ロジャー・グローヴァー

ロジャー・グローヴァー英語: Roger David Glover1945年11月30日 - )は、イギリスウェールズ出身のベーシストキーボーディスト音楽プロデューサー。名字は「グローヴァー」と表記されることが多いが、「グラヴァー」のほうが本来の発音に近い。身長175cm。

ロジャー・グローヴァー
Roger Glover
Deep Purple - inFinite - The Long Goodbye Tour - Barclaycard Arena Hamburg 2017 36.jpg
ディープ・パープル - ドイツ・ハンブルク公演 (2017年3月)
基本情報
出生名 Roger David Glover
生誕 (1945-11-30) 1945年11月30日(74歳)
出身地 イギリスの旗 イギリス
ウェールズの旗 ウェールズ ブレコン
ジャンル ハード・ロック
ヘヴィメタル
ブルースロック
プログレッシヴ・ロック
ニュー・ウェーヴ
職業 ミュージシャン
ベーシスト
ソングライター
キーボーディスト
音楽プロデューサー
担当楽器 ベース
キーボード
ギター
ピアノ
ハーモニカ
活動期間 1964年 - 現在
共同作業者 エピソード・シックス
ディープ・パープル
レインボー
公式サイト rogerglover.com
著名使用楽器
Vigier Guitars シグネイチャーモデル

ハードロック・バンド「ディープ・パープル」のメンバーとして知られる。2016年、同バンド名義でロックの殿堂入り[1]

来歴編集

 
ディープ・パープル加入時期 (1970年)
 
ディープ・パープル - ブラジル公演 (2009年)

本名ロジャー・デヴィッド・グローヴァー。1945年にサウス・ウェールズのブレコンで生まれる。9歳頃からピアノのレッスンを受け、10歳で家族と共にロンドンに移住。この頃からロックに興味を持ち始め、13歳でギターを始め、16歳の時に最初のベースである赤いホフナー・ソリッド・モデルを手にする。いくつかのアマチュア・バンドを経て、1965年イアン・ギランと共にエピソード・シックスに加入しプロ・デビューを果たす。レコードを何枚も発売するが大成せず、1969年リッチー・ブラックモアの誘いによりギランと共にディープ・パープルに加入する。黄金期の屋台骨として活躍するも、メンバー間の対立もありグループを脱退。

その後、ディープ・パープルが設立したレコード会社「パープル・レコーズ (Purple Records) 」のスタッフに入り音楽プロデューサーとして活動を始める。1970年代にはプロデューサーとしてナザレスエルフステイタス・クォージューダス・プリーストデイヴィッド・カヴァデールイアン・ギランなどのアルバムを手がけた。

1974年に最初のソロ・アルバム『バタフライ・ボール』を発表。翌年にロンドンロイヤル・アルバート・ホールにて公演を行い、この模様は後にDVDとして発売された。1978年、壮大なインストゥルメンタル組曲のアルバム『エレメンツ』を発表。

1979年、ブラックモアの誘いによりレインボーに参加。1984年のレインボー解散までベーシスト、作詞家、プロデューサーとしてバンドに貢献。

同年4月にディープ・パープルが再結成されると、ブラックモアやギランら往年のメンバーと共にこれに参加。2012年現在も同バンドの一員として活動中。

2006年ドリーム・シアターがディープ・パープルのライブ・カヴァー・アルバムを発表した際にはプロデューサーとしてこれに関与している。

2014年には、これまでの音楽の功績を称えられ、故郷にあるサウス・ウェールズ大学から名誉フェローを授与された[2]

使用機材編集

近年はフランスのヴィジェ (Vigier Guitars)社によるシグネイチャーモデルを使用。かつてはリッケンバッカー社の4001モデルを駆使していた。

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

ギラン & グローヴァー編集

プロデュース・アルバム編集

※アルファベット順

Barbi Benton
  • Ain't That Just the Way (1978年)
デイヴィッド・カヴァデール
ディープ・パープル
エディ・ハーディン
  • Hardin & York with Charlie McCracken (1974年)
  • 『ユー・キャント・ティーチ・アン・オールド・ドッグ・ニュー・トリックス』 - You Can't Teach an Old Dog New Tricks (1977年)
エルフ
ジリアン・グローヴァー(ロジャー・グローヴァーの娘)
  • Red Handed (2007年)
グランド・セフト
  • 『ハヴ・ユー・シーン・ジス・バンド』 - Have You Seen This Band? (1978年)
イアン・ギラン・バンド
  • 『チャイルド・イン・タイム』 - Child in Time (1976年)
Joe Breen
  • More Than Meets The Eye (1978年)
ジューダス・プリースト
マイケル・シェンカー・グループ
ナザレス
プリティ・メイズ
レインボー
ロリー・ギャラガー
ルパート・ハイン
  • 『ピック・アップ・ア・ボーン』 - Pick Up a Bone (1971年)
スペンサー・デイヴィス・グループ
  • 『リヴィング・イン・ア・バック・ストリート』 - Living In A Back Street (1974年)
ストラップス
  • 『貴婦人たちの午后』 - Strapps (1976年)
  • 『シークレット・ダメージ』 - Secret Damage (1977年)
Young & Moody
  • Young & Moody (1977年)

脚注編集

外部リンク編集