メインメニューを開く

初代となるハクシヨウ1924年5月8日生まれ[1]牡馬で、1929年帝室御賞典阪神競馬倶楽部施行)の勝馬である。馬主遠山芳三[1]。父は日本競馬黎明期の名馬であるコイワヰ、母はインタグリオーの直仔である第四ヘレンサーフという血統。戦前の競走馬生産において多大な功績を残した小岩井農場で生産された[1]

ハクショウ(初代)
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1924年5月8日
死没 1943年以降不明
コイワヰ
第四ヘレンサーフ
母の父 インタグリオー
生国 日本の旗 日本岩手県雫石村
生産 小岩井農場
馬主 遠山芳三
調教師 尾形景造目黒
競走成績
生涯成績 35戦17勝
獲得賞金 64586円[1]
テンプレートを表示

概要編集

現役時代は尾形景造(尾形藤吉)厩舎に所属し、35戦17勝[1]。全レースに尾形が騎乗している。1929年の帝室御賞典(日本レース・倶楽部施行)の勝馬であるナスノとは同期であり、ライバル関係にあったとされる[1]

1930年3月23日の中山四千米でのナスノとの事実上のマーチレースはファンや競馬関係者の語り草となるほどであった[2]

引退後は下総御料牧場種牡馬となり、のちに朝鮮の蘭谷牧場で供用されたが、終戦の混乱期に行方不明となり、1943年以降の消息は資料散在もあり不明である。

二代目ハクシヨウとは違い、現在でもわずかながらではあるが血を引く馬は残っており、著名なの血を引く活躍馬にはイナボレス(曾祖母の父が初代ハクシヨウ)、ハクタイセイ(4代母の父が初代ハクシヨウ)、アイネスフウジン(5代母の父が初代ハクシヨウ)がいる。

日本中央競馬会の雑誌『優駿』が2000年に企画した「プロの目で厳選した“20世紀のベストホース100”」にて、父のコイワヰとともに選定された[1]

血統表編集

ハクシヨウ血統セントサイモン系 / St.Simon 4×4.4=18.75%) (血統表の出典)

コイワヰ
1908 鹿毛
父の父
Chatsworth
1901 黒鹿毛
Persimmon St.Simon
Perdita
Meadow Chat Minting
Stone Clink
父の母
*エナモールド
Enamoured
1897 鹿毛
Gonsalvo Fernandez
Cherie
Young Lady Y.Melbourne
My Lady

第四ヘレンサーフ
1911 黒鹿毛
*インタグリオー
Intaglio
1899 栗毛
Childwick St.Simon
Plaisanterrie
Cameo Thurio
Light of Other Days
母の母
*ヘレンサーフ
Helen Serf
1903 黒鹿毛
St.Serf St.Simon
Feronia
Helen Hampton Hampton
Helen Agnes F-No.16-c


競走成績編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『優駿』2000年11月号、pp.10-11
  2. ^ 3頭立てで行われたが、当時の規定では最下位の馬には賞金が出なかったので、ゴーケツという馬に出走してもらっている。ゴーケツは2着との着差100メートルの3着に入線している。

参考文献編集

  • 競馬ブック 2001年2月10・11日号 昭和十番勝負 (1) フェデリコ・天塩

外部リンク編集