メインメニューを開く

奇跡の血量(きせきのけつりょう)とは競走馬の交配を行う場合の血統理論のひとつである。理論名としては発表者であるM・S・フィッツパトリックとL・A・ラックブーの名前からフィッツラック繁殖説またはフィッツラックの18.75%理論と呼ばれる。

インブリードで、4代前祖先(6.25%の血量)と3代前祖先(12.5%の血量)が共通の馬となる場合「4×3のインブリード」という。そのときの血量は6.25%+12.5%=18.75%となり、これをとくに奇跡の血量と呼ぶ。

目次

概要編集

近親交配は、その共通する祖先の能力を大きく引き出せるといわれる反面、濃すぎる血量は虚弱体質や気性難など弊害もあるといわれている。そのギリギリのバランスがこの奇跡の血量18.75%と考えられている。

これはイギリスの競馬関係者で古くからあった考え方であり、実践者として第17代ダービー卿が知られている。

1940年代アメリカにおいて何万頭もの競走馬の血統を調べられ、『ブラッド・ホース』誌で統計を基にした理論として発表された。この理論をすぐに佐藤正人が翻訳し「優駿」誌上で日本に紹介している。M・S・フィッツパトリックとL・A・ラックブーによる共同研究であり2人の名前からフィッツラック繁殖説と名付けられた[1]

日本においては血統論や競走馬の配合の概念としては歴史のあるもののひとつで、1951年ザテトラークの3×4である トキノミノルが10戦全勝で東京優駿(日本ダービー)を制した際に定着したといわれている。

おもな活躍馬編集

4×3のインブリードをもつおもな活躍馬編集

対象馬 馬名 おもな勝鞍 備考
Blandford コダマ 皐月賞東京優駿(1960年)
Graustark タニノギムレット 東京優駿(2002年)
Halo ヴィクトワールピサ 皐月賞、有馬記念(2010年)、ドバイワールドカップ(2011年)
ストレイトガール ヴィクトリアマイル(2015年、2016年)、スプリンターズステークス(2015年)
ロゴタイプ 朝日杯FS(2012年)、皐月賞(2013年)、安田記念(2016年)
Mr. Prospector レイデオロ 東京優駿(2017年)、天皇賞(秋)(2018年) 現役馬
Nasrullah テスコガビー 桜花賞優駿牝馬(1975年) Nearco4×5・5=12.50%
サクラユタカオー 天皇賞(秋)(1986年)
マックスビューティ 桜花賞、優駿牝馬(1987年)
Nearctic ヒシアマゾン 阪神3歳牝馬ステークス(1993年)、エリザベス女王杯(1994年)
Nijinsky II ブエナビスタ 阪神JF(2008年)、桜花賞、優駿牝馬(2009年)
ヴィクトリアマイル、天皇賞(秋)(2010年)、ジャパンカップ(2011年)
Northern Dancer メイセイオペラ マイルチャンピオンシップ南部杯(1998年)
フェブラリーS帝王賞(1999年)
エイシンプレストン 朝日杯3歳S(1999年)、香港マイル(2001年)
クイーンエリザベス2世C(2002年、2003年)
エルコンドルパサー NHKマイルカップ、ジャパンカップ(1998年)、サンクルー大賞(1999年) Special(Lisadell)4×3×4(25%)
デルタブルース 菊花賞(2004年)、メルボルンカップ(2006年)
メイショウサムソン 皐月賞、東京優駿(2006年)、天皇賞(春)、天皇賞(秋)(2007年)
トーセンジョーダン 天皇賞(秋)(2011年)
Frankel 英14戦無敗(うちGIは通算10勝) Natalma4×5・5=12.50%
ノーザンテースト ドリームジャーニー 朝日杯FS(2006年)、宝塚記念、有馬記念(2009年)
オルフェーヴル 皐月賞、東京優駿、菊花賞(2011年)、宝塚記念(2012年)
有馬記念(2011年、2013年)
The Tetrarch トキノミノル 朝日盃3歳ステークス(1950年)、皐月賞、東京優駿(1951年)
Hyperion トウショウボーイ 皐月賞、有馬記念(1976年)、宝塚記念(1977年)
St. Simon Apelle 伊ダービー(1926年)、コロネーションC(1928年)、仏首位種牡馬 フェデリコ・テシオ
Hyperion エプソムダービーセントレジャーステークス(1932年) 第17代ダービー卿
Fairway セントレジャーステークス(1928年) 第17代ダービー卿
Pharos チャンピオンステークス(1922年) 第17代ダービー卿
Keysoe セントレジャーステークス(1919年) 第17代ダービー卿
Colorado 2000ギニー(1926年)、エクリプスステークス(1927年) 第17代ダービー卿
Sickle 米首位種牡馬2回 第17代ダービー卿
Caerleon エクリプスステークス(1931年) 第17代ダービー卿
Fair Isle 1000ギニー(1930年) 第17代ダービー卿
Papyrus エプソムダービー(1923年) St. Simon=Angelica:3.4×4(25%)
Swynford Alycidon ゴールドカップ(1951年)、英首位種牡馬 第17代ダービー卿
Chaucer Mossborough 英首位種牡馬 第17代ダービー卿
St. Simon5.5.6.6.8×4.5.6(20.7%)
War Admiral Alleged 凱旋門賞連覇(1977,78年)
Omnium Tourbillon 仏首位種牡馬、仏ダービー
Bold Ruler A.P.Indy BCクラシック(1992年)
Wild Risk Arazi ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルグラン・クリテリウム他(1991年)

4×3以外で18.75%の血量のインブリードをもつおもな活躍馬編集

4×3ではないが、同様に18.75%の血量を持つ以下の配合も奇跡の血量と呼ばれることがある。代を経るに従い成立させるのが難しくなるため、こだわりを持つ人物による生産か、対象となる馬がよほどの大種牡馬でない限り見ることは少ない。

対象馬 近交式 馬名 おもな勝鞍 備考
Galopin 6.4.5×4.6 Hyperion エプソムダービー、セントレジャーステークス 第17代ダービー卿
St. Simon4×3(18.75%)
St. Simon 5.4×4.5 Nearco 英首位種牡馬、パリ大賞典、ミラノ大賞典、伊ダービー フェデリコ・テシオ
St. Simon=Angelica:5.4×4.5.7(19.53%)
4.5×4.5 Bozzetto 伊首位種牡馬、伊2000ギニー フェデリコ・テシオ
4×4.4 Delleana 伊2000ギニー、伊1000ギニー フェデリコ・テシオ
4.5×4.5 Bernina 伊2000ギニー、伊1000ギニー、伊オークス フェデリコ・テシオ
5.4×6.5.6.5 Gulf Stream 亜首位種牡馬 第17代ダービー卿
4.5×4.5 Cameronian 2000ギニー、エプソムダービー
Northern Dancer 4.4×4 Makybe Diva メルボルンカップ三連覇
4.5×5.5.5 Cracksman チャンピオンS

参考文献編集

  • 石川武「奇跡の血量18・75」『優駿』第831号、中央競馬ピーアール・センター、2013年3月、 135頁。
    • 「須田鷹雄が選ぶもう一度読み返したい『優駿』名記事セレクション」における『優駿』1961年3月号からの部分再録記事。

脚注編集

関連項目編集