ハリウッド玉手箱

ハリウッド玉手箱』(ハリウッドたまてばこ、Hollywood Canteen)は、1944年に公開されたアメリカ合衆国ロマンチックコメディミュージカル映画。出演はジョーン・レスリーロバート・ハットン英語版デーン・クラーク英語版。監督・脚本はデルマー・デイヴィス[4]

ハリウッド玉手箱
Hollywood Canteen
監督 デルマー・デイヴィス
脚本 デルマー・デイヴィス
製作 アレックス・ゴットリーブ
出演者 ジョーン・レスリー
ロバート・ハットン英語版
デーン・クラーク英語版
音楽 レオ・F・フォーブステイン英語版(音楽監督)
レイ・ハインドーフ英語版(編曲)
撮影 バート・グレノン英語版
編集 クリスチャン・ニービー英語版
製作会社 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 MPEA映画社 [1]
公開 アメリカ合衆国の旗 1944年12月15日
日本の旗 1948年4月22日(大阪)[1]
上映時間 124分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 212万6000ドル[2]
興行収入 420万ドル(北米)[3]または545万2000ドル[2]
テンプレートを表示

舞台は、第2次世界大戦当時、ハリウッドにあった軍人向けの食堂「ハリウッド・キャンティーン」で、店の名前がそのまま映画のタイトルになっている。この食堂はベティ・デイヴィスジョン・ガーフィールドの呼びかけで誕生し、多くのスターがボランティアで調理、給仕、さらにエンタテインメントを提供した。そのスターたちがこの映画にも本人役で多数カメオ出演している[4]

あらすじ編集

第2次世界大戦中、ニューギニアで日本軍と戦っていたスリム・グリーン伍長とノーラン軍曹は3日間の休暇をもらいアメリカに帰国する。多くのスターに会えると聞き、ハリウッド・キャンティーンに出かける。そこでスリムは憧れの女優ジョーン・レスリーと出会え、さらにデートまでしてもらう。ハリウッド・キャンティーンでスターたちが繰り広げる玉手箱のようなステージ。二人はつかのまの夢と享楽で鋭気を養い、再び戦場へと旅立つ。

キャスト編集

カメオ出演編集

ミュージカル・ナンバー編集

  • "Hollywood Canteen"(歌:アンドリューズ・シスターズ) - タイトルバック
  • "What Are You Doin' the Rest of Your Life"(歌:ジャック・カーソン&ジェーン・ワイマン、演奏:ジミー・ドーシー楽団)
  • "The General Jumped at Dawn"(歌:ゴールデン・ゲート・カルテット)
  • "We're Having a Baby'"(歌:エディ・カンター&ノラ・ルー・マーティン)
  • "Tumblin' Tumbleweeds"(歌:サンズ・オブ・ザ・パイオニアーズ)
  • "Don't Fence Me In"(歌:ロイ・ロジャース&サンズ・オブ・ザ・パイオニアーズ)
  • "Gettin' Corns For My Country"(歌:アンドリューズ・シスターズ、演奏:ジミー・ドーシー楽団)
  • "Don't Fence Me In"(歌:アンドリューズ・シスターズ、演奏:ジミー・ドーシー楽団)
  • "You Can Always Tell a Yank"(歌:デニス・モーガン&ジョー・E・ブラウン、演奏:ジミー・ドーシー楽団)
  • "Sweet Dreams, Sweetheart"(歌:ジョーン・レスリー、実際はサリー・スウィートランドの吹替)
  • "Ballet in Jive"'(踊り:ジョーン・マクラッケン)
  • 蜜蜂(演奏:ヨーゼフ・シゲティ)
  • 思い出(演奏:ヨーゼフ・シゲティ&ジャック・ベニー)
  • "Voodoo Moon"(演奏:カーメン・キャバレロ楽団)
  • "Dance"(踊り:アントニオとロザリオ)
  • "Sweet Dreams, Sweetheart"'(歌:キティ・カーライル)

制作編集

制作は1943年にスタートしたが、映画俳優組合やワーナー・ブラザースなどの給与をめぐる紛争、さらにカメオ出演したスターたちに支払われるギャラを巡っての中断があった[5]

ロケ場所はサンセット・ストリップ、ベル・エアの住宅街、在郷軍人局病院など[5]

キューイング装置を含むワーナー・ブラザースが新開発した録音機器がこの映画ではじめて使用された[5]

評価編集

評価は賛否両論。『バラエティ』誌は「この映画の出演者の名前全部を書き出せる看板なんて存在しない。それはともかく、基本的に内容がある。ストーリー、繋がり、心情が描かれている」[6]。『デイリーニューズ』紙のケイト・キャメロンは「ショーの場面は手が込んでいるが、監督・脚本のデルマー・デイヴィスの慎ましさに欠けるハリウッド賛美は見てて恥ずかしくなるほど」[7]

第17回アカデミー賞ではアカデミー歌曲賞(『Sweet Dreams, Sweetheart』)、アカデミー作曲賞(M・K・ジェローム、テッド・ケーラー)、アカデミー録音賞ネイサン・レヴィンソン)の3部門でノミネートされた[8]

興行編集

否定的なレビューもあったが、観客には好評でこの年の興行収入第4位[6]。ワーナー・ブラザースはチケット売上の40%をハリウッド・キャンティーンに寄付した[9]

ワーナー・ブラザーズによると、この映画はその年ワーナーで一番売れた作品で、アメリカ国内で3,831,000ドル、海外で1,621,000ドルを稼いだ[2]

出典編集

  1. ^ a b 朝日新聞大阪版 1948年4月19日の広告 ※東京に先立ち上映
  2. ^ a b c Warner Bros financial information in The William Shaefer Ledger. See Appendix 1, Historical Journal of Film, Radio and Television, (1995) 15:sup1, 1-31 p 25 DOI: 10.1080/01439689508604551
  3. ^ "All-Time Top Grossers", Variety, 8 January 1964 p 69
  4. ^ a b Hollywood Canteen”. Turner Classic Movies. Atlanta: Turner Broadcasting System (Time Warner). 2020年4月7日閲覧。
  5. ^ a b c AFI|Catalog”. catalog.afi.com. 2020年1月24日閲覧。
  6. ^ a b Nimmo, Harry (2004). The Andrews Sisters: A Biography and Career Record. McFarland. p. 194. ISBN 0-786-41731-5 
  7. ^ Quick, Lawrence J. (1970). The Films of Joan Crawford. p. 155 
  8. ^ The 17th Academy Awards (1945) Nominees and Winners”. oscars.org. 2020年4月7日閲覧。
  9. ^ AFI Catalog of Motion Pictures Produced in the United States, Volume 1. University of California Press. (1971). p. 1070. ISBN 0-520-21521-4. https://archive.org/details/americanfilminst00amer/page/1070 

外部リンク編集