メインメニューを開く

ハリケーン・アイク (Hurricane Ike) は、2008年9月にアフリカ西海岸で発生した大型ハリケーンである。2008年の大西洋のハリケーン・シーズンにおいて9番目のトロピカル・ストームで、ハリケーンとしては5番目、大型ハリケーンとしては3番目。

ハリケーン・アイク
カテゴリ4メジャー・ハリケーン (SSHWS/NWS)
Hurricane Ike off the Lesser Antilles.jpg
最盛期のハリケーン・アイク
発生 2008年9月1日
消滅 2008年9月15日
(9月14日に温帯低気圧化)
最大風速 1分平均: 145 mph (230 km/h)
最低気圧 935 mbar (hPa); 27.61 inHg
死者 直接の死者101名、間接の死者7名
被害 $375億(2008 USD
被害地域 タークス・カイコス諸島バハマイスパニョーラ島キューバフロリダ州ルイジアナ州テキサス州ミシシッピ州
2008年の大西洋ハリケーン英語版

概要編集

2008年9月2日、アフリカ西海岸でトロピカル・デプレッションが発生した(なお、この海域で発生するハリケーンはカーボベルデ・ハリケーンと呼ばれ、過去に多くのハリケーンがカテゴリ4以上の強度に発達している)。その日のうちにトロピカル・ストームとなった。9月4日にハリケーンとなった後、急速に発達し、カテゴリー4となった。その後、いったんカテゴリー2まで弱まったが、再度カテゴリー4となった。

9月7日にカテゴリー4の強さでキューバ東部に上陸した。その後、9月8日キューバ西部に再上陸した。当初は、フロリダ州へ上陸する予想だった。しかし、予想より南西方向へ進み、フロリダ州へは向かわずにキューバを直撃する結果となった。

2回のキューバ上陸により、カテゴリー1まで勢力を落としたが、メキシコ湾に出てから再発達を開始した。2005年のハリケーン・カトリーナなどのような猛発達はなく、強風域の拡大の方が顕著だった。しかし、勢力の方も徐々に増し、カテゴリー3に近いカテゴリー2となった。

9月13日にカテゴリー2の強さでテキサス州ガルベストンに上陸した。上陸時の勢力は950hPa、95ktだった。カテゴリー2であったにもかかわらず他のハリケーンと比べて強風域が広かったため、アイクは広い範囲に影響を及ぼした。

 
テキサス州へ接近するハリケーン・アイク

9月14日にはアメリカ中西部へと進み、インディアナ州オハイオ州に強風をもたらした。

影響編集

 
ハリケーン・アイクの進路

その他編集

  • 国際名Ikeは、この年限りで引退となった。代わりにIsaiasという国際名に変更となった。なお、国際名Ikeは、2002年に引退となった国際名Isidoreに代わって使用されたばかりであったが、ハリケーンの名前としては一代限りの使用となった。(Ikeは、台風の名前としても、1981年と1984年の2回使用された。しかし、1984年で引退となり、Ianという国際名に変更となっている)

脚注編集

外部リンク編集