メインメニューを開く

ハリー・コニック・ジュニアHarry Connick Jr., 1967年9月11日 - )はアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ出身の歌手ピアニスト俳優である。

ハリー・コニック・ジュニア
ハリー・コニック・ジュニア
2014年撮影
本名 ハリー・コニック・ジュニア
別名義 Joseph Harry Fowler Connick, Jr.
生年月日 (1967-09-11) 1967年9月11日(51歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ルイジアナ州ニューオーリンズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 歌手作曲家俳優
ジャンル ヴォーカル、ピアノ、オルガン
活動期間 1977年 -
活動内容  歌手、作曲家、映画
配偶者  ジル・グッドエイカー(1994年-)
公式サイト Official Website
主な作品
映画
『メンフィス・ベル』
インデペンデンス・デイ
マイ・ドッグ・スキップ
テンプレートを表示

目次

プロフィール編集

ビッグ・バンド・スタイル編集

母親のアニタ・フランシス(旧姓リーヴィ、のちリヴィングストン)は弁護士および判事[1]。父親のハリー・コニック・シニアは1973年から2003年までニューオリンズの検事であった[2][3]。母親はユダヤ系[4][5][6]、父親はアイルランド系[7]法曹関係の仕事をする一方、レコードショップを経営する両親の影響で小さい頃からフランク・シナトラデューク・エリントンを好んで聞いていたという[8] 。3歳からピアノを始め、10歳でニューオーリンズジャズバンドと共にレコーディングする[9]。19歳で初めてのアルバムを出した。1940年代-1960年代フランク・シナトラを彷彿とさせる「ビッグ・バンド・スタイルの再来」と評され、サントリーテレビCMに出演したこともあり、来日経験もある。

1990年代中盤にはファンク・スタイルへの移行を行ったものの、その後再びビッグ・バンド・スタイルへ回帰しており、数度に渡りグラミー賞にノミネート、また受賞している。

俳優活動編集

映画『恋人たちの予感』の音楽を手がけ、グラミー賞を受賞している他、1990年代より俳優としても活躍しており、『メンフィス・ベル』や『インデペンデンス・デイ』などに出演している。

その他編集

米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』では過去2度メンターを務めていたが、2014年放送のシーズン13で審査員に就任した。

主なアルバム編集

  • When Harry Met Sally...(1989年):1989年度グラミー賞受賞
  • We are in love(1990年):1991年度グラミー賞受賞
  • Blue Light, Red Light(1991年)
  • She(1994年)
  • To See You(1997年)
  • Come by Me(1999年)
  • Songs I Heard(2001年):2002年度グラミー賞受賞
  • Only You(2004年)
  • Harry on Broadway, Act I(2006年)
  • Chanson du Vieux Carre : Connick On Piano, Volume 3(2007年)
  • Your Songs(2009年)

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1990 メンフィス・ベル
Memphis Belle
クレイ・バグジー
1991 リトルマン・テイト
Little Man Tate
エディ
1995 コピーキャット
Copycat
ダリル
1996 インデペンデンス・デイ
Independence Day
ジミー・ワイルダー大尉
1997 エクセス・バゲッジ/シュガーな気持ち
Excess Baggage
グレッグ
1998 微笑みをもう一度
Hope Floats
ジャスティン
1999 アイアン・ジャイアント
The Iron Giant
ディーン・マッコーピン 声の出演
2000 マイ・ドッグ・スキップ
My Dog Skip
- ナレーター、声のみ
2001 南太平洋
South Pacific
ジョセフ・ケイブル テレビ映画
2002 アイ ラブ ヒットマン
Life Without Dick
ダニエル・ギャラハー
2003 閉ざされた森
Basic
ピート・ヴィルマー
2006 BUG/バグ
Bug
ジェリー・ゴス
2007 P.S. アイラヴユー
P.S. I Love You
ダニエル
2009 ニュー・イン・タウン
New In Town
テッド・ミッチェル 日本劇場未公開
2011 イルカと少年
Dolphin Tale
クレイ・ハスケット

テレビシリーズ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
2002-2006 ウィル&グレイス
Will & Grace
レオ 23エピソード
2012 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
デヴィッド・ヘイデン 4エピソード

出典編集

  1. ^ Stated on Finding Your Roots, PBS, March 25, 2012
  2. ^ Harry Connick, Junior's. profile at FilmReference.com”. Filmreference.com. 2010年7月25日閲覧。
  3. ^ Tulane Law School Establishes Scholarship Honoring Harry Connick and the late Anita Connick”. Law.tulane.edu (2004年1月6日). 2010年7月25日閲覧。
  4. ^ Feher, Heather (2002年9月26日). “Connick Is Mr. Right for 'Grace'”. Zap2it. オリジナルの2011年7月16日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110716071146/http://www.silligirl.com/zap2it/bl11.php 2007年12月24日閲覧。 
  5. ^ Stephanie Mansfield, "Deconstructing Harry", Vogue, April 1998: pp. 211, 214, 216; online posting, connick.com. Retrieved July 17, 2007.
  6. ^ Genealogy Data, p. 39 (Family Pages). Paulmlieberman.org. Retrieved on 2012-05-08.
  7. ^ Musician balancing his work as actor|The Columbus Dispatch. Dispatch.com (2009-02-02). Retrieved on 2012-05-08.
  8. ^ 主婦の友社刊『ef(1991年3月号)』「FACE ハリー・コニック・Jr」より
  9. ^ Beuttler, Bill (1990年8月1日). “When Harry Met Stardom”. Music (American Way). http://billbeuttler.com/work41.htm 2007年10月2日閲覧。 

外部リンク編集