ハンニバリアヌスのフォリス

フラウィウス・ハンニバリアヌス(Flavius Hannibalianus、? - 337年、在位:335年 - 337年)はローマ帝国ポントゥス[1][2]である。

ハンニバリアヌスはコンスタンティウス1世の息子フラウィウス・ダルマティウスの息子であり、またハンニバリアヌスには父と同じ名の兄がいる。妻は従姉妹のコンスタンティナコンスタンティヌス1世の娘で、ハンニバリアヌスの死後はガルス帝の妻となる)である[3]

ダルマティウス・ハンニバリアヌス兄弟はおじコンスタンティヌス1世によってケンソルに任じられ、後に彼らは2人して高位の地位に昇格し、ダルマティウスは副帝とされ[1][2]、ハンニバリアヌスはノビリッシムスという称号を受けた[4]。それと同時にハンニバリアヌスには支配領土としてカエサレア市、ポントゥスカッパドキア小アルメニアが割り当てられた[5]。しかし、コンスタンティヌスが死んだ337年、ハンニバリアヌスは兄および父フラウィウス・ダルマティウス、ユリウス・コンスタンティウス(ハンニバリアヌスのおじで、ガルスとユリアヌスの父)といった皇族やアブラウィウスなど宮廷の実力者たちと共に廷臣たちの陰謀で殺された[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b ランソン2012、pp.53-54
  2. ^ a b 南川2015、p.19
  3. ^ ギボン, p. 99, 126
  4. ^ ギボン, p. 99, 110
  5. ^ ギボン, p. 113
  6. ^ ギボン, p. 122-3

参考文献編集