コンスタンティウス・ガッルス

フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティウス・ガッルス325年326年 - 354年ラテン語: Flavius Claudius Constantius Gallus)は、コンスタンティヌス朝のローマ副帝(在位351年 - 354年)。また352年から354年にはコンスルを務めた。表記の違いでコンスタンティウス・ガルス、また単にガルスとも呼ばれる。

コンスタンティウス・ガッルス
Constantius Gallus
ローマ副帝
Solidus-Constantius Gallus-thessalonica RIC 149.jpg
ガッルスの硬貨
在位 351年3月15日-354年

全名 フラウィウス・クラウディウス・コンスタンティウス・ガッルス
Flavius Claudius Constantius Gallus
出生 325年326年
マッサ・ウェテルネンシス(現イタリア マッサ)
死去 354年
ダルマティア属州ポーラ(現クロアチア プーラ)
配偶者 コンスタンティナ(コンスタンティヌス1世の娘)
子女 アナスタシア
家名 コンスタンティヌス朝
父親 ユリウス・コンスタンティウス
母親 ガッラ
テンプレートを表示


関連項目編集