メインメニューを開く

ハートのイアリング」は、1984年11月にリリースされた松田聖子の19枚目のシングルである。

ハートのイアリング
松田聖子シングル
初出アルバム『Windy Shadow
B面 スピード・ボート
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBS・ソニー
(8cmCD含む)
ソニー・ミュージックレコーズ
(12cmCDのみ)
作詞・作曲 松本隆Holland Rose
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[1]
  • 1984年11月度月間2位(オリコン)
  • 1984年12月度月間6位(オリコン)
  • 1984年度年間68位(オリコン)
  • 1985年度年間66位(オリコン)
  • 2位(ザ・ベストテン
  • 1984年度年間57位(ザ・ベストテン)
  • 2位(ザ・トップテン
松田聖子 シングル 年表
ピンクのモーツァルト
(1984年)
ハートのイアリング
(1984年)
天使のウィンク
(1985年)
収録アルバムWindy Shadow
そよ風のフェイント
(4)
ハートのイアリング
(5)
Dancing Café
(6)
テンプレートを表示

目次

解説編集

  • 品番:07SH 1580(レコード)
  • 2004年には紙ジャケット仕様の完全生産限定盤12cmCDとして再びリリースされている。
  • オリコン発表の売上枚数は37.6万枚[1]。この作品のヒットにより、シングルの総売上枚数が1000万枚を突破した。これはピンク・レディー(1979年)、森進一(1979年)、山口百恵(1980年)、沢田研二(1980年)、西城秀樹(1982年)、郷ひろみ(1983年)、五木ひろし(1984年)に続いて史上8人目で、ピンクレディーに次ぐスピード記録であった。
  • シングルでは初めてレコードジャケットに笑顔の写真が使用された。

収録曲編集

  1. ハートのイアリング
    (作詞:松本隆/作曲:Holland Rose/編曲:大村雅朗
    作曲のHolland Roseは佐野元春のペンネーム[2]。佐野は聖子の作品に初参加となった。
    歌詞の内容は失恋ソングであるが、これまでの松本作詞の歌詞と比べて、物語性のある歌詞が特徴として挙げられる。1か月後に発売されたアルバム「Windy Shadow」でも同様の楽曲が多くを占めている。永らく聖子作品の作詞を担当していた松本は、本曲とアルバムを最後に一旦手を引くことになる[3]
    テレビ出演時の衣装は、紫や黄緑のたっぷりとしたジャケットに幅広のパンツ、ヘアスタイルは短髪のソバージュや前の方に流した髪を整髪料でがっちり固めたスタイルが多く、聖子の衣装としては異色であった(髪型はヒット中にストレートヘアに変わっている)。
  2. スピード・ボート
    (作詞:松本隆/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗

カバー編集

  • ハートのイアリング
    • 1991年、Catte Adams(アルバム『ROMANTIQUE』)

関連作品編集

脚注編集

  1. ^ a b スージー鈴木 2017, p. 207.
  2. ^ 「Hollnad Rose」という名前は当時、佐野がDJを務めていたラジオ番組に小学生リスナーが「ホール&オーツ」を「ホーランド・ローズ」と書き間違えたのがきっかけと言われる。
  3. ^ 中川, pp. 267-269.

参考文献編集

  • スージー鈴木『1984年の歌謡曲』イースト・プレス〈イースト新書〉、2017年2月。ISBN 978-4-7816-5080-7
  • 中川右介『松田聖子と中森明菜 1980年代の革命』朝日新聞出版朝日文庫〉、2014年12月30日。ISBN 978-4-02-261814-6

関連項目編集