メインメニューを開く

バイカオウレン(梅花黄蓮、学名:Coptis quinquefolia)はキンポウゲ科オウレン属多年草。別名、ゴカヨウオウレン(五加葉黄蓮)。

バイカオウレン
Coptis quinquefolia 2.JPG
山形県西吾妻山(分布の北限) 2011年6月
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: オウレン属 Coptis
: バイカオウレン C. quinquefolia
学名
Coptis quinquefolia Miq.
和名
バイカオウレン(梅花黄蓮)

目次

特徴編集

常緑の多年草。細長い根茎は横に這い、地下で匍匐枝を出して繁殖する。根出葉は鳥足状複葉で、小葉は5枚あり、倒卵形で光沢がありやや厚い。小葉は3中裂し、基部はくさび形で葉柄はほとんど無く、縁には鋭い鋸歯がある。

花期は4-6月。高さ4-15cmになる褐色を帯びた花茎を出し、1個のを上向きにつける。花の径は12-18mm、白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、倒卵形。花弁は蜜を分泌し、黄色で萼片より小さい。果実は舟状の袋果で矢車状に開出し、袋果の長さ6-9mm、袋果の柄の長さは5-6mmになる。

種小名 quinquefolia は、「5葉の」の意味。

分布と生育環境編集

日本固有種で、本州の福島県以南と四国に分布し、山地帯から亜高山帯の針葉樹林の林床や林縁に生育する。

ギャラリー編集

下位分類編集

  • シコクバイカオウレンCoptis quinquefolia Miq. var. shikokumontana Kadota
  • ヤエノバイカオウレンCoptis quinquefolia Miq. var. shikokumontana Kadota f. plenisepala Akasawa

参考文献編集