バスカード (青森市営バス)

バスカードは、青森市営バス路線で使用できる磁気式乗車カードである。1992年(平成4年)11月10日[1]に紙の回数券に替わるものとして導入された[2]青森県内初のバスカードシステムである[1]

種類編集

以下の種類がある。

  • 普通カード - 誰でも常時利用可能。発売額1000円で利用額1100円の「普通バスカード1,100」、発売額3000円で利用額3360円の「普通バスカード3,360」、発売額5000円で利用額5850円の「普通バスカード5,850」の3種類。
  • 通学カード - 学生・生徒用。発売額1000円で利用額1300円の「通学バスカード1,300」、発売額3000円で利用額4000円の「通学バスカード4,000」、発売額5000円で利用額6800円の「通学バスカード6,800」の3種類。
  • お買物カード - 青森市内で10時から16時の間に乗車する場合に利用可能。発売額1000円で利用額1300円(買物バスカード1,300)。
  • フリールートカード - 青森市内全区間を自由に乗降できる一日乗車カード。土日祝日のみ利用可。乗車して最初にカードリーダーに通すことにより、利用日をカード内に記録する方式。青森市市民バスでも利用可能。大人500円、小人250円。
  • 贈答用カード - 発売額1000円で利用額1100円。
  • 校外学習用フリールート券 - 中学校高校の校外学習での利用を目的とした一日乗車券であり、個人には発売せず、学校単位で営業所に事前申込した場合のみ発売する。平日のみ利用可。青森市市民バスでも利用可能。大人700円、小人350円。

導入当初は普通バスカードをバスカード・ベルデ、通学バスカードをバスカード・トゥインクル、買物バスカードをバスカード・グッディ、フリールートカードをバスカード・ワンディと称していた。

販売箇所編集

  • 青森市営バス営業所・案内所・定期券発売所(青森駅前発売所、東部営業所、西部営業所定期券窓口、NTT青森支店前発売所)
  • 青森市内郵便局貯金窓口(一部局を除く、浪岡地区郵便局での取り扱いはない)
  • バスカード委託販売所(ダイヤ改正時に配布される冊子型時刻表に記載)
    • 浪岡地区では、現在「浪岡専門店会」(「(浪岡)下町バス停」最寄)以外では、コンビニや先述の郵便局を含め、扱う箇所は無い。
  • 青森市営バス車内

脚注編集

  1. ^ a b 市営バス90年のあゆみ (PDF) - 青森市企業局交通部、2016年3月29日、p.9
  2. ^ 『河北新報』1992年11月1日付。

外部リンク編集