メインメニューを開く

パパはわるものチャンピオン』は、2014年発売の作・板橋雅弘、絵・吉田尚令による日本の絵本。およびこれを原作とした2018年公開の日本映画悪役レスラーとして活躍する父と息子の絆を描いた作品。

目次

概要編集

2011年に岩崎書店から作・板橋雅弘、絵・吉田尚令による『パパのしごとはわるものです』が発売。ZERO1の協力を得て2013年1月には絵本プロレス「全国の頑張るお父さんに捧げるスペシャル応援マッチ」として登場人物の実演がなされた[1]

パパわるシリーズ第2作として[2]2014年に表題である『パパはわるものチャンピオン』を発売。

2018年には第3作『わるものパパのだいだいだーいファン』が発売[3]。第3作のみイラストをサトウマサノリが担当している。

後述のように第1作、第2作を原作として映画化がなされ[4]、多くのメディアミックスを生んだ。

あらすじ編集

大村孝志はかつては人気と実力を兼ね備えたプロレス界のエースとして活躍していたが、怪我や世代交代の影響で、今は悪役覆面レスラー・ゴキブリマスクとして、観客からブーイングを浴びながらリングに上がる日々を送っていた。しかし、そのことを現在9歳になる息子の祥太には打ち明けられずにおり、孝志と妻の詩織は、祥太には大きくなったら父親の仕事を教えてあげると約束していた。

だがある日、祥太はひょんなことから父親がゴキブリマスクであることを知ってしまう。大きなショックを受けた祥太は学校でも肩身の狭い思いをし、孝志に「わるもののパパなんて大嫌い」と言い放つ。しかしやがて、祥太は必死で戦うゴキブリマスクの姿が次第にかっこよく見えてくるようになる。

映画編集

パパはわるものチャンピオン
MY DAD IS A HEEL WRESTLER
監督 藤村享平
脚本 藤村享平
原作 作:板橋雅弘
絵:吉田尚令
「パパのしごとはわるものです」
「パパはわるものチャンピオン」
出演者 棚橋弘至
木村佳乃
寺田心
仲里依紗
オカダ・カズチカ
大泉洋
大谷亮平
寺脇康文
音楽 渡邊崇
主題歌 高橋優ありがとう
制作会社 ブリッジヘッド
パイプライン
製作会社 「パパはわるものチャンピオン」製作委員会
配給 ショウゲート
公開 2018年9月21日
上映時間 111分
製作国   日本
言語 日本語
興行収入 9500万円(見込み)[5]
テンプレートを表示

2018年公開。プロレスラー・棚橋弘至の初主演映画であり[4][6]新日本プロレスの現役レスラーが多数出演している。

東京都推奨映画、映倫年少者映画審議会推薦作品、及び厚生労働省社会保障審議会推薦。

富川国際ファンタスティック映画祭 2019 BIFAN Children’s Jury Award 受賞。

2019年1月21日に開催された新日本プロレスの後楽園ホール大会では、映画の世界観を再現したスペシャルマッチが行われた[7]

キャスト編集

スタッフ編集

メディアミックス編集

コミック版編集

原作・板橋雅弘、脚本・藤村享平、作画・アキラ。2018年4月より秋田書店「フォアミセス」連載[9]。2018年8月に単行本化。映画脚本をもとに描かれているがマスクデザインなどにオリジナル要素が加えている[10]

小説版編集

原作・板橋雅弘、脚本・藤村享平。2018年6月16日に岩崎書店から発売されたノベライズ本。

脚注編集

  1. ^ 絵本プロレス。”. otanishinjiro.blog.players.tv. 大谷晋二郎. 2018年12月14日閲覧。
  2. ^ 5月2日(金)発売!! プロレス絵本『パパはわるものチャンピオン』の帯、本編(?)にも棚橋弘至が登場!!” (日本語). www.njpw.co.jp. 2018年12月14日閲覧。
  3. ^ 映画化で話題の絵本「パパわる」シリーズ、待望の続編! 悪役レスラーというパパの仕事を息子は理解できたのか?”. プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES. 2018年12月14日閲覧。
  4. ^ a b “棚橋弘至主演で大ヒット絵本を映画化 「パパはわるものチャンピオン」18年公開”. 映画.com. (2017年8月25日). https://eiga.com/news/20170825/1/ 2018年9月22日閲覧。 
  5. ^ 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p.62
  6. ^ a b c “棚橋弘至、“悪役レスラー役”で映画初主演 木村佳乃&寺田心が共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年8月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2096163/full/ 2017年8月25日閲覧。 
  7. ^ 『週刊プロレス』NO.1996 2019年2月13日号 p.13
  8. ^ a b c d “仲里依紗&大泉洋、棚橋弘至主演「パパはわるものチャンピオン」に参戦!”. 映画.com. (2018年1月30日). https://eiga.com/news/20180130/3/ 2018年9月22日閲覧。 
  9. ^ Inc, Natasha. “棚橋弘至主演映画「パパはわるものチャンピオン」コミカライズがフォアミセスで” (日本語). コミックナタリー. 2018年12月14日閲覧。
  10. ^ 白いゴキブリマスクが見られるのは漫画版だけ!/パパはわるものチャンピオン【多重ロマンチック的ぼくらのプロレス】”. boku-pro.com. 2018年12月14日閲覧。

外部リンク編集