パホンヨーティン通り

パホンヨーティン通り(タイ語: ถนนพหลโยธิน、Phahon Yothin Road)は、タイ国道1号線にあたり、同国を代表する道路。バンコクの戦勝記念塔を起点とし、北は遥かミャンマー国境の街メーサイまで続いている。総延長1,005km。

Thai Highway-1.svg
国道1号
地図
Thanon Phahonyothin.png
路線延長 1005km
制定年 1938年
起点 バンコク都ラーチャテーウィー区
主な
経由都市
パトゥムターニー, アユタヤー, サラブリー, ロッブリー, ナコーンサワン, チャイナート, カムペーンペット, ターク, ラムパーン, パヤオ
終点 チエンラーイ県メーサーイ郡
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

バンコクから北上し、アユタヤサラブリーロッブリーナコーンサワンカンペーンペットタークランパーンチェンラーイメーサイ、ミャンマー国境と続く。

歴史編集

パホンヨーティン通りはもともとバンコク北郊外のドンムアンを終着とする総延長22 km (14 mi)の道路でしかなく、プラチャーティパタイ通り(民主通り)と呼称されていた。1938年プレーク・ピブーンソンクラームはこの通りをさらに延伸させ、アユタヤー、サラブリー、ロッブリー、シンブリーまで162kmの道路に改修し、タイ王国第2代首相プラヤー・パホンポンパユハセーナー(本名:ティン・パホンヨーティン)を記念してパホンヨーティン通りと命名した[1]

バンコク中心部編集

戦勝記念塔からBTSと平行して北に進み、チャトチャック公園近くにある終点のモーチット駅からはバンコク・メトロと並走し、パホンヨーティン駅に至る。さらに北上し、ドン・ムアン空港方面に至る。

路線編集

  パホンヨーティン通り

      交差点
      ラーチャヨティン(ラッチャダーピセーク通り
      ラムルークカー通り
      カーンチャナーピセーク通り (東)
      国道32号
      メーソート交差点 (国道105号)
      ポークン交差点
      メーサーイ国境 (タイ王国ミャンマー)
      メーサーイ川
 
戦勝記念塔
 
メーサイのミャンマーとの国境

接続する駅・路線編集

周辺にある施設編集

参考文献編集

  1. ^ อรณี แน่นหนา, 2002. นามนี้มีที่มา. ประพันธ์สาส์น: กรุงเทพฯ.
    オラニー・ネーンナー『ナームニーミーティーマー』 プラパンサーン、バンコク、 2002年

関連項目編集