メインメニューを開く

パラダイス・トロピカーナ』は宝塚歌劇団によって制作された舞台作品。雪組[1][2]公演。形式名は「ショー[1][2]」。26場[1][2]。作・演出は酒井澄夫[1][2]。併演作品は『黄昏色のハーフムーン[1][2]』。

公演期間と公演場所編集

解説編集

※宝塚100年史(舞台編)の宝塚大劇場公演[3]参考。

南の楽園トロピカル・アイランドを背景に、様々な恋人たちの愛の姿を、情熱的なラテンのリズムとトロピカルな旋律に乗せて華麗に繰り広げられる、エキサイティングなショー作品。

スタッフ編集

※氏名の後ろに「宝塚[1]」「東京[2]」の文字がなければ両劇場共通。

配役編集

※宝塚[1]・東京[2]共通。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 341.
  2. ^ a b c d e f g h 80年史 1994, p. 342.
  3. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 165.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3