三木章雄

日本の演出家

三木 章雄(みき あきお)は、宝塚歌劇団に所属する演出家。東京都出身。

略歴編集

  • 大学は商学部出身[1]
  • 1971年4月、宝塚歌劇団入団[2]
  • 1980年2月、月組バウホール公演『ワンモア・ドリーム』で演出家デビュー[1]
  • 1980年8月、星組公演『ファンシー・ゲーム』で大劇場公演デビュー[2]
  • 1994年7月、ロンドン公演のショー『ミリオン・ドリームズ』の作・演出を担当[2]
  • 1995年8月、前年に死去した小原弘稔の後を受け、初演で演出助手だった三木が『ME AND MY GIRL』の潤色・演出を担当(以降の再演も三木が担当)[2]
  • 1998年1月、宝塚歌劇団初の香港公演『This is TAKARAZUKA!』の作・演出を担当[2]
  • 2007年、宝塚歌劇団OGのダンサー精鋭によって公演された『DANCIN'CRAZY』の作・演出を担当。
  • 2008年11月、オフブロードウェイミュージカル『SHOWTUNE』の日本初演を手掛ける。宝塚歌劇団OGのみでキャスティングされた。
  • 2013年、65歳定年で宝塚歌劇団理事を辞める[3]
  • 2014年、「宝塚歌劇の殿堂」の殿堂入りを果たす[4][5][6]

演出家像・エピソード編集

  • 大学のときにたまたま見た演出家募集のチラシを見て、東京以外の土地に行くのもいいかなと思い、軽い気持ちで受験をし、合格したのが入団のきっかけであった[7]
  • 入団後は鴨川清作の下でレビュー作品の基礎を学ぶ[7]
  • レビュー作品の作・演出と、海外ミュージカル作品の潤色・演出が多い。大劇場公演の芝居演出担当は、酒井澄夫と共同演出を担当した『夜明けの序曲』(植田紳爾作・監修)のみ。
  • 娯楽性を重視し、時代や生徒の持ち味に合わせて演出する。特別イベントやディナーショーの構成・演出も数多く手掛けている。近年では主に宝塚歌劇団OGへの外部演出も増えている。
  • トップスターの退団公演を担当することも多く、近年でも安寿ミラ天海祐希高嶺ふぶき愛華みれ瀬奈じゅん水夏希大空祐飛と安定した作品に仕上げている。

宝塚歌劇団での舞台作品編集

大劇場公演作品編集

その他の公演作品編集

  • 『ワンモア・ドリーム』(1980年 月組 宝塚バウホール 主演:大地真央)*演出家デビュー作
  • 『ミステリー・ラブ』(1981年 花組 宝塚バウホール 主演:高汐巴、平みち)
  • 『まい・みらくる』(1982年 月組 宝塚バウホール 主演:大地真央)
  • 回転木馬』(1984年 星組 宝塚バウホール 主演:山城はるか)*潤色・演出
  • 『夢の彼方に』(1986年 月組 宝塚バウホール 主演:涼風真世
  • 『タッチ・ミー』(1987年 花組 宝塚バウホール・日本青年館 主演:高汐巴)
  • サウンド・オブ・ミュージック』(1988年 月組 宝塚バウホール 主演:春風ひとみ)*潤色・演出
  • 『ジャンプフォージョイ』(1992年 月組・雪組 ドラマシティ 主演:天海祐希・一路真輝
  • 『Action!』(1995年 星組 ドラマシティ 主演:麻路さき)
  • 『This is TAKARAZUKA!』(1998年 宙組 香港公演 主演:姿月あさと
  • 『ヴェロニック』(1998年 花組 宝塚バウホール、日本青年館 主演:愛華みれ)
  • 『ミリオン・ドリームズ』(1999年 月組 全国ツアー 主演:真琴つばさ)
  • 『ブラボー!タカラヅカ』(1999年 月組 中国公演・全国ツアー主演:真琴つばさ)
  • コパカパーナ』(2006年 星組 梅田芸術劇場メインホール 主演:湖月わたる / 宙組 博多座 主演:貴城けい
  • 『ME AND MY GIRL』(2009年 花組 梅田芸術劇場メインホール 主演:真飛聖)*潤色・演出
  • 『ME AND MY GIRL』(2013年 月組 梅田芸術劇場メインホール 主演:龍真咲)*潤色・演出

コンサート編集

ディナーショー編集

  • 杜けあきディナーショー『スーパー・コレクション』(1990年)
  • 一路真輝クルージングショー『ボン・ボヤージュ』(1991年)
  • 涼風真世ディナーショー『スイーテスト・ナイト』(1991年)
  • 久世星佳ディナーショー『愛のノクターン』(1993年)
  • 安寿ミラディナーショー『Miracles of Loving』(1994年)
  • 麻路さきディナーショー『フォーエバー・ユアーズ』(1995年)
  • 久世星佳ディナーショー『illusion』(1996年 - 1997年 パレスホテルホテル阪急インターナショナルホテルナゴヤキャッスル
  • 真琴つばさディナーショー『m・i・x』(1998年 パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル、ホテルナゴヤキャッスル)
  • 姿月あさとディナーショー『Millennium』(2000年 パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)
  • 愛華みれディナーショー『Felicita Arcobaleno』(2001年 ホテル阪急インターナショナル、パレスホテル)
  • 映美くららミュージック・サロン『マイ・スイート・メモリー』(2004年 宝塚ホテル
  • ふづき美世ミュージック・サロン『La vie en rose ラヴィアンローズ』(2005年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 湖月わたるディナーショー『Passion』(2006年 パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)
  • 瀬奈じゅんディナーショー『EL VIENTO』(2007年 パレスホテル、ホテル阪急インターナショナル)
  • 彩乃かなみミュージック・サロン『Singin' Lady K !』(2008年 パレスホテル、宝塚ホテル)
  • 彩吹真央ディナーショー『Love Letter』(2009年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 霧矢大夢ディナーショー『K COLLECTION』(2009年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 白羽ゆりミュージック・サロン『SWAN』(2009年 宝塚ホテル、東京會舘
  • 彩吹真央ディナーショー『Thank you』(2010年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 蘭寿とむディナーショー『MUGEN!』(2011年 宝塚ホテル、ホテルグランドパレス
  • 轟悠ディナーショー『RENDEZ‐VOUS(ランデヴー)~今宵きみと~』(2011年 ホテルグランドパレス、宝塚ホテル)
  • 野々すみ花ミュージック・サロン『GIFT ~たからもの~』(2012年 宝塚ホテル)
  • 美弥るりかディナーショー『Razzle』(2017年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 七海ひろきディナーショー『Dearest』(2018年 第一ホテル東京、宝塚ホテル)
  • 美弥るりかディナーショー『Flame of Love』(2019年 宝塚ホテル、第一ホテル東京)
  • 珠城りょう 3Days Special Live『Eternità』(2021年 宝塚バウホール)
  • 71st Special Show『IV voice-テトラ ヴォイス-』(2021年 宝塚ホテル、パレスホテル東京)

イベントの構成・演出編集

  • ’95TCAスペシャル『マニフィーク・タカラヅカ』(1995年 宝塚大劇場)*共同演出
  • ’96TCAスペシャル『メロディーズ・アンド・メモリーズ』(1996年 宝塚大劇場)*共同演出
  • ’97TCAスペシャル『ザ・祭典~四組 夢の競宴~』(1997年 宝塚大劇場)*共同演出
  • ’98TCAスペシャル『タカラジェンヌ!-5組そろって大行進-』(1998年 宝塚大劇場)*共同演出
  • 『レビュー・スペシャル’98』(1998年 宝塚大劇場)
  • ’99TCAスペシャル『ハロー!ワンダフル・タイム』(1999年 宝塚大劇場)*共同演出
  • 『アデュー・TAKARAZUKA1000days劇場』(2000年 TAKARAZUKA1000days劇場)*監修
  • TCAスペシャル2002『LOVE』(2002年 宝塚大劇場)
  • TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』(2003年 宝塚大劇場)*共同演出
  • TCAスペシャル・OGバージョン『TAKARAZUKAゴールデン・メモリーズ~華麗なる卒業生達の競演~』(2004年 東京宝塚劇場)
  • 『ゴールデン・ステップス-1975~2005-』(2005年 宝塚大劇場)
  • 歌劇「花の道より」400回記念『花の道 夢の道 永遠(とわ)の道』(2005年 宝塚大劇場)*共同演出
  • TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』~人は夢見る~(2006年 宝塚大劇場)*共同演出
  • 小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』(2007年 宝塚大劇場)*共同演出
  • TCAスペシャル2007『アロー!レビュー!-「モン・パリ」80周年記念-』(2007年 宝塚大劇場)*共同演出
  • 『タカラヅカスペシャル2008 ~La Festa!~』(2008年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出
  • 宝塚歌劇95周年記念・「歌劇」通巻1000号記念スペシャル『百年への道』(2009年 宝塚大劇場)
  • 『タカラヅカスペシャル2009 ~WAY TO GLORY~』(2009年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出
  • 『タカラヅカスペシャル2010 ~FOREVER TAKARAZUKA~』(2010年 梅田芸術劇場メインホール)*共同演出
  • 小林公平没後1周年・チャリティスペシャル『愛の旋律~夢の記憶』(2011年 宝塚大劇場)
  • 『タカラヅカスペシャル2011 ~明日に架ける夢~』(2011年 梅田芸術劇場メインホール)*監修
  • 『タカラヅカスペシャル2012「ザ・スターズ」~プレ・プレ・センテニアル~』(2012年 宝塚大劇場)*監修

宝塚歌劇団以外の舞台作品編集

  • 『新版・桜吹雪狸御殿』『ボンジュール・タカラジェンヌ』(2004年)[注釈 9]
  • 『DANCIN' CRAZY』(2007年)
  • 『SHOW TUNE』(2008年)
  • 安蘭けいファーストコンサート -UNO』(2009年)
  • 『DANCIN' CRAZY2』(2012年)[注釈 24]
  • 『セレブレーション100! 宝塚 〜この愛よ永遠に〜』(2014年)
  • 『SUPER GIFT!』(2015年)
  • Jun Sena 25th anniversary concert』(2017年6月23日~25日 シアタークリエ、2017年7月1日~2日 宝塚バウホール)[8]
  • 宝塚歌劇団OG×LE VELVETS スーパー・パフォーマンス『SHOW STOPPERS!!』(2018年6月2日~8日 東京国際フォーラムホールC、2018年6月19日~24日 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ)[9]
  • 堺少女歌劇団 『スワン』(2019年)
  • 『Life is Songs!』(2019年 - 2020年)[10]
  • 『ELF The Musical』(2020年11月12日~22日 新国立劇場 中劇場)*演出[11]
  • 『GIFT 2つの夢』寺田瀧雄柴田侑宏メモリアルコンサート(2020年11月21日~23日 青海波-SEIKAIHA- 波乗亭)[12]
  • 『寺田瀧雄 没後20年メモリアルコンサート All His Dreams“愛”』(2021年6月26日~27日 梅田芸術劇場メインホール、2021年7月1日~2日 Bunkamuraオーチャードホール[13][14]
  • 『アプローズ』~夢十夜~(2021年9月8日~9日 日本青年館ホール、2021年9月23日~26日 宝塚バウホール)[15]
  • 宝塚歌劇 花組・月組100th anniversary『Greatest Moment』(2021年11月3日~7日 梅田芸術劇場メインホール、2021年11月13日~22日 東京国際フォーラムホールC)[16]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 1981年に地方公演で再演、東京宝塚劇場と地方公演では『ニュー・ファンシー・ゲーム』と題名が変更。
  2. ^ 1986年に地方公演で再演。
  3. ^ 1987年に地方公演で再演。
  4. ^ 1990年に地方公演で再演。
  5. ^ 1993年に地方公演で再演。
  6. ^ 1994年にロンドン公演で再演(主演:安寿ミラ)。
  7. ^ 1995年に全国ツアーで再演(主演:真矢みき)。
  8. ^ 1996年に中日劇場で続演(主演:久世星佳)。
  9. ^ a b 植田紳爾作・監修、酒井澄夫共同演出。
  10. ^ 1999年に博多座で先行上演。
  11. ^ 2000年に全国ツアーで続演。
  12. ^ 2001年に全国ツアーで続演、2002年に全国ツアーで再演。
  13. ^ 酒井澄夫脚色・共同演出。
  14. ^ 2003年に博多座で再演。
  15. ^ 2004年に中日劇場で続演。
  16. ^ a b 藤井大介齋藤吉正との共同演出
  17. ^ 2008年に博多座で続演(主演:霧矢大夢)。
  18. ^ 2010年に中日劇場で続演(主演:霧矢大夢)、2012年に全国ツアーで再演(主演:龍真咲)。
  19. ^ 2011年に全国ツアーで再演(主演:音月桂)。
  20. ^ 2012年に全国ツアーで続演。
  21. ^ 2015年に博多座で続演。
  22. ^ 2022年に全国ツアーで再演予定。
  23. ^ 特別出演:水美舞斗
  24. ^ ACT1は監修、ACT2は構成・演出。

出典編集

  1. ^ a b 『宝塚歌劇団 演出家 三木章雄先生』” (日本語). レビュー・ステイションのブログ. 2022年4月8日閲覧。
  2. ^ a b c d e NTT西日本・NTT東日本フレッツシアター ミュージカル・プレイ『青い鳥を捜して』 ショー・メッセージ『タカラヅカ・ドリーム・キングダム』”. archive.kageki.hankyu.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  3. ^ 2014年3月26日の中日新聞朝刊15面
  4. ^ “宝塚歌劇の殿堂・殿堂入りされた方々” (PDF) (プレスリリース), 宝塚歌劇団, オリジナルの2014年1月15日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140115062545/http://kageki.hankyu.co.jp/fame/fame.pdf 2022年4月26日閲覧。 
  5. ^ 村上久美子 (2014年1月11日). “宝塚が八千草薫ら殿堂100人を発表”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140111-1242409.html 2022年6月25日閲覧。 
  6. ^ 『宝塚歌劇 華麗なる100年』朝日新聞出版、2014年3月30日、134頁。ISBN 978-4-02-331289-0 
  7. ^ a b ENAK SUMiRE STYLE 三木章雄”. www.sankei.co.jp. 2020年12月27日閲覧。
  8. ^ Inc, Natasha. “初舞台から25年、瀬奈じゅん東京&宝塚で記念コンサート” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  9. ^ Inc, Natasha. “湖月わたる、彩輝なお、貴城けい、壮一帆とLE VELVETSが競演” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  10. ^ Life is Songs!”. 2019年8月19日閲覧。
  11. ^ Inc, Natasha. “【会見レポート】「ELF The Musical」幕開け、舞台初単独主演の岩崎大昇「愛が詰まった作品」” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  12. ^ Inc, Natasha. “劇場レストラン青海波に元宝塚歌劇団のOGたちが集結、桂文枝の独演会も” (日本語). ステージナタリー. 2021年4月4日閲覧。
  13. ^ Inc, Natasha. “初風諄・轟悠ら出演、寺田瀧雄メモリアルコンサートの延期公演が大阪・東京で” (日本語). ステージナタリー. 2021年6月25日閲覧。
  14. ^ 宝塚OGと轟悠が寺田瀧雄の名曲を想い込めて披露するコンサートが開幕/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2021年6月27日閲覧。
  15. ^ Inc, Natasha. “彩凪翔が新たなステージへ「アプローズ」上演決定、スペシャルゲストに彩輝なお・水夏希” (日本語). ステージナタリー. 2021年6月25日閲覧。
  16. ^ Inc, Natasha. “時代を彩ったスターたちが集結、宝塚歌劇花組・月組の100周年に「Greatest Moment」” (日本語). ステージナタリー. 2022年3月9日閲覧。

外部リンク編集