パラワンイノシシ

パラワンイノシシ(Sus ahoenobarbus)は、哺乳綱偶蹄目(鯨偶蹄目とする説もあり)イノシシ科イノシシ属に分類される偶蹄類。

パラワンイノシシ
Coron - Calauit Wild Pig.jpg
パラワンイノシシ
Sus ahoenobarbus
保全状況評価[1]
NEAR THREATENED
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: 偶蹄目/鯨偶蹄目
Artiodactyla/Cetartiodactyla
: イノシシ科 Suidae
: イノシシ属 Sus
: パラワンイノシシ
S. ahoenobarbus
学名
Sus ahoenobarbus
Huet, 1888
シノニム

Sus barbatus ahoenobarbus
Huet, 1888

和名
パラワンイノシシ[2]
英名
Palawan bearded pig

分布編集

フィリピンパラワン島および、Balabac島・Busuanga島などのその周辺にある島嶼)[1]

体長1-1.6m、体高約1mで、体重は150kgにもなる[要出典]

分類編集

以前はヒゲイノシシ亜種とされていた[1]。ミトコンドリアDNAシトクロムbの分子系統推定では、ヒゲイノシシよりもヴィサヤンヒゲイノシシ(セブイボイノシシ)Sus cebifronsに近縁とする解析結果が得られた例もある[3]

生態編集

標高1,500メートル以下にある常緑樹林や山地林・マングローブ林などに生息する[1]

人間との関係編集

都市開発や農地開発・森林伐採などによる生息地の破壊、食用の狩猟などにより、生息数が減少している[1]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e Meijaard, E. & Widmann, P. 2017. Sus ahoenobarbus. The IUCN Red List of Threatened Species 2017: e.T21177A44140029. doi:10.2305/IUCN.UK.2017-3.RLTS.T21177A44140029.en, Downloaded on 26 May 2019.
  2. ^ 川田伸一郎, 岩佐真宏, 福井大, 新宅勇太, 天野雅男, 下稲葉さやか, 樽創, 姉崎智子, 横畑泰志世界哺乳類標準和名目録」『哺乳類科学』58巻 別冊、日本哺乳類学会、2018年、1-53頁。
  3. ^ Lucchini, Meijaard, Diong, Groves and Randi (2005). New phylogenetic perspectives among species of South-east Asian wild pig (Sus sp.) based on mtDNA sequences and morphometric data. J. Zool., Lond. 266: 25-35