ヒュンダイ・アトス

アトス (Atos) は、現代自動車の欧州Aセグメント級小型自動車である。現在は新興国市場で展開され、ヒュンダイのエントリーモデルとなっている。車名の英字表記はAtosであるが、かつてはいくつかの市場で「A to Z」に由来するAtozの表記を採用していたことがある。また、製造国のインドではサントロ (Santro) の車名で販売されている。

サントロシング

歴史編集

初代(1997年-2003年)編集

ヒュンダイ・アトス/アトスプライム
アトスプライム(フロント)
アトスプライム(リア)
製造国   韓国蔚山
  インドチェンナイ
  マレーシア(クリム)
  メキシコカンペチェ
  エジプトカイロ
  パキスタン(スジャワル)
  インドネシアブカシ
販売期間 1997-2003年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアMPV(アトス)
5ドアハッチバック(アトス プライム)
エンジン G4HA 0.8L 直4
G4HC 1.0L 直4
G4HG 1.1L 直4
駆動方式 FF
変速機 5速MT
4速AT
全長 3,495mm
全幅 1,495mm
全高 1,615mm(アトス)
1,580mm(アトスプライム)
ホイールベース 2,380mm
車両重量 845kg
姉妹車 キア・ヴィスト
別名 ヒュンダイ・サントロ(インド)
ヒュンダイ・アミカ(イギリス)
ダッジ・アトス(メキシコ)
イノコム・アトス(マレーシア)
キア・ヴィスト
後継 キア・ピカント(キア・ヴィストのみ)
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

欧州Aセグメントサイズのトールワゴンとして1997年に発売開始された。搭載されたエンジンは全て直列4気筒のイプシロンファミリーで、韓国仕様は当時のキョンチャ(韓国版の軽自動車)規格に収まるようにG4HA型0.8Lが搭載され、他のアジア諸国向けにもラインナップされたが、ヨーロッパなどにはG4HC型1.0LやG4HG型1.1Lがラインナップされた。

マレーシアでは政府から「国産車」メーカーの認定を受けたイノコムが自社ブランド車としてアトスの生産を行った。

1999年4月15日、韓国でキア・ヴィスト (Kia Visto) が発売開始された。アトスの全高を若干下げて5ドアハッチバックボディにした車種であるが、1998年に傘下に収めた起亜自動車のラインナップ拡充のためにヒュンダイブランドではなくキアにOEM供給で投入することになった。キョンチャとして販売されたヴィストには2000年に0.8Lターボが追加されている。また、ヴィストは韓国以外にインドネシアでも製造・販売が行われた。

このハッチバックは海外向けにはヒュンダイ・アトスプライム (Hyundai Atos Prime) として投入された。また、インドではサントロの名称で発売され、同国におけるヒュンダイの急速なシェア拡大に大きく寄与した。

トールワゴンのアトスは2002年12月に販売を終了し、ヒュンダイは韓国のキョンチャ市場から撤退した。

   
ヒュンダイ・アトス
   
キア・ヴィスト

2代目(2003年-2014年)編集

ヒュンダイ・アトスプライム
フロント
リア
製造国   インドチェンナイ
販売期間 2003-2014年
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン G4HA 0.8L 直4
G4HC 1.0L 直4
G4HG 1.1L 直4
駆動方式 FF
変速機 5速MT
4速AT
全長 3,565mm
全幅 1,525mm
全高 1,580mm
ホイールベース 2,380mm
車両重量 845kg
別名 ヒュンダイ・アトス
ヒュンダイ・サントロシング(インド)
ヒュンダイ・アミカ(イギリス)
ダッジ・アトス(メキシコ)
後継 ヒュンダイ・i10(ヨーロッパ)
ヒュンダイ・イオン
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2003年、前後デザインを大幅に変更したアトスプライムが発売された。韓国市場には投入されなかった。また、起亜自動車は2003年12月にヴィストの販売を終了し、2004年からはモーニング/ピカントを投入している。インド向けは「サントロシング」(Santro Xing) というサブネーム付きの車名になった。

2007年にi10が発表され、ヨーロッパではアトスプライムの後継車種となった。インドなど新興諸国ではi10はアトスプライム/サントロシングの上位車種に位置づけられて併売された。2011年に後継となるイオンが発売され、2014年にインドにおけるサントロの製造・販売が終了した。

イノコム・アトスプリマ編集

マレーシアのイノコムは2006年にイノコム・アトスプリマ (Inokom Atos Prima) の製造・販売を開始した。これはトールワゴンのアトスのフロントフェイスをフェイスリフト後のアトスプライムと同様にしたものである。

   
イノコム・アトスプリマ

3代目(AH2型、2018年-)編集

ヒュンダイ・アトス
フロント
リア
製造国   インドチェンナイ
販売期間 2018年-
乗車定員 5人
ボディタイプ 5ドアハッチバック
エンジン G4HG 1.1L 直4
駆動方式 FF
変速機 5速MT
5速AMT
全長 3,610mm
全幅 1,645mm
全高 1,560mm
ホイールベース 2,400mm
車両重量 845kg
別名 ヒュンダイ・サントロ(インド)
ヒュンダイ・イオン(ベリーズ
先代 ヒュンダイ・イオン
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

2018年、イオンの後継車種として4年ぶりに「サントロ」の車名が復活した。外寸はイオンより拡大されている。エンジンはイプシロンG4HG型 直列4気筒1.1Lで、ガソリン版とCNG版の2種類となる。トランスミッションは5速MTと5速AMTが設定される。

南米諸国やブルネイではアトスの車名で販売される。また、ベリーズでは引き続きイオンの車名で販売される。

関連項目編集

外部リンク編集