メインメニューを開く

ビィー・トランセホールディングス

ビィー・トランセホールディングス株式会社は、千葉県の交通企業グループである平和交通あすか交通西岬観光を統括管理する会社である。

ビィー・トランセホールディングス株式会社
BE-TRANSSE HD
Betransse.jpg
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
261-0001
千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンD棟10F
設立 2008年6月1日(旅客事業株式会社)
業種 陸運業
法人番号 9040001075797
事業内容 グループ経営管理業務
代表者 代表取締役 吉田平[1]
資本金 2000万円
従業員数 5人
主要子会社 平和交通 あすか交通 西岬観光
外部リンク www.be-transse.com
テンプレートを表示

BE-TRANSSEの「BE」は「BE AMBITIOUS」を示すもので、「TRANSSE」は「TRANSPORTATION」をアレンジした造語である。スローガンは、「日本一“あいさつ”を大切にするバスとタクシーのグループ会社」。

目次

沿革編集

ビィー・トランセホールディングスは、ビィー・トランセグループの発足に先立つ2008年6月、3社の統括会社として「旅客事業」の社名で設立された。その後、管理体制の強化を図るため、2012年4月に持株会社制に移行し、現社名に変更されている。

同グループのルーツは、1965年に設立されたタクシー会社の西岬観光である。西岬観光の創業者である吉田裕成は、房総半島南端の千倉において雑貨店を経営し、遠洋漁業の物資を取り扱っていたが、売上の大半が売掛であることや金利の関係から利益は少なかった。[2]

このため、新たな事業としてタクシーに着目し、1965年に車両5台で西岬観光を設立したのである。西岬は館山周辺の地名であるが、実際に会社が置かれたのは蘇我駅に近い千葉市南町(現中央区)である。

1970年代に入ると、千葉市内に大規模な団地が建設され、既存のバスだけでは需要をまかないきれないところがでてきた。そこで、グループ会社となる団地交通(現あすか交通)、平和交通が設立され、乗合タクシーで住民輸送を行うこととなり、これをきっかけとして路線バスへと事業を拡大していった。

1990年代には、東京都心と千葉を結ぶ深夜急行バスの運行を開始し、数寄屋橋と八重洲の2箇所に停留所が設置された。これらを活用して、近年は通勤高速バス「マイタウンライナー」や空港連絡バス「THEアクセス成田」などの高速バスにも手を広げている。

2017年には、経済産業省によって、健康経営に取り組むいわゆるホワイト企業見える化する「健康経営優良法人」に認定された。

グループ企業編集

西岬観光編集

 
西岬観光本社

西岬観光は、ビィー・トランセグループの創業企業であり、1965年に設立された。本社は千葉市緑区椎名崎町にある。

もともとタクシー会社であったが、創業者と城西大学設立者の縁から[3]城西国際大学の特定バス輸送も行っている。2017年には、平和交通椎名崎営業所の路線を引き継いで、高速バスに参入した。

なお、流し営業のタクシー部門は、2015年1月にエミタスグループに譲渡(現鹿野西岬タクシー)されているほか、千葉市と成田空港を結ぶ乗合タクシーの「マイタウンシャトル」も2018年1月に営業を終了し、近年はタクシーの割合が少なくなってきている。

あすか交通編集

 
あすか交通本社

あすか交通は、1974年に団地交通の社名で設立され、主に千葉幸町団地周辺における路線バス、貸切バスを営業している。

2011年には、木更津市清川に木更津営業所を設置し、かずさアカデミアパークの企業送迎を行っていた時期もあるが、2013年4月に「THEアクセス成田」に参入するにあたって撤退し、車両の一部を高速バス用に転用した。

会社のイメージカラーは深緑色であるが、高速バス車両はグループの共通デザインを採用している。

平和交通編集

 
平和交通本社

平和交通は、1975年に設立され、主に稲毛・幕張・都賀周辺において路線バスを運行している。会社の規模は3社の中で最も大きく、本社営業所のほかに若松営業所を置く。

路線バスのカラーリングは、カラフルな「スマイリングシャトル」と、幕張ベイタウンの景観に配慮した「ベイタウンバス」の2種類があり、路線によって使い分けられている。

2015年には、西岬観光本社内に椎名崎営業所を設置したが、2017年に路線・車両を同社に移管した。

出典編集

  • ぽると出版「バスラマインターナショナルNo.121(2010年8月発行)ほか

脚注編集

  1. ^ 2008年4月から翌年2月までは、いすみ鉄道社長も兼務していた。
  2. ^ 夢シティちば 2017年2月
  3. ^ 稲毛新聞 2015年9月3日

外部リンク編集