ビキニアーマー (Bikini armor) は、フィクション作品に登場する女性キャラクターが装備する、ビキニタイプのである。日本では“ビキニ鎧”、英語圏では“Metal bikini”などとも呼ばれる。

Weird Tales 1934年12月号、Margaret Brundageによるイラスト。金属製に見えるブラジャーを着用している。パルプ・マガジンの表紙イラストは、危機的な状況にいる女性が描かれることが多かった[1]
Fantastic adventures 1943年1月号、Robert Gibson Jonesによるイラスト。女性戦士がビキニアーマーを着用している

アーマー(鎧)とはいうものの、身体を覆う範囲はビキニの水着とまったく変わらないため、「身体を守る」という鎧本来の機能を捨て、完全にフィクションと割り切ってデザインされた防具である。

デザインのアレンジとして、モノキニタイプやワンピースタイプやボンデージタイプ、またビキニブラにミニスカートを合わせたタイプなど、比較的露出度が低いものがある。

史実上ではビキニアーマーのように露出度の高い装備の女戦士が実戦で活躍したという記録は見つかっていないが、ローマ時代に作られた、ビキニのボトムだけを身に着けたような半裸の女性のブロンズ像がハンブルク博物館に所蔵されている。この像は勝鬨を上げる女剣闘士を模っている、つまり剣闘士の女は半裸で戦っていたという説も存在する[2]

歴史編集

1930年代に、アメリカで出版されたパルプ・マガジンの表紙に、金属製に見えるブラジャーを着用している女性のイラストが用いられた。その金属製に 見えるブラジャーが後に、女性戦士が着用するビキニアーマーとして用いられるようになったことが考えられる[要出典]スケイルアーマータイプのビキニアーマーを着用しているレッドソニア英語圏で人気があり、多数の関連コミックが出版されている。1973年の『Conan the Barbarian #23』に初登場[3]した際には上半身を覆うチェーンメイル姿だったが、1974年の『The Savage Sword of Conan #1』でビキニアーマー姿になった。

日本におけるビキニアーマー編集

1980年代の日本ではアメリカと同様に、漫画アニメコンピュータゲームなどさまざまなフィクション作品で、セクシーなコスチュームを着用している女性キャラクターが採用された。これは、男性読者へのサービスという要素に加え、現代の日本とは異なる世界観やキャラクターをわかりやす示す目的を兼ねていたとが考えられる。1985年のOVA幻夢戦記レダ』、1986年のアクションゲーム夢幻戦士ヴァリス[4]1988年コンピュータRPGドラゴンクエストIII そして伝説へ…』のように、刀剣類と合わせるビキニアーマー姿の女性戦士が用いられている。

ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ パルプ・マガジンのリストのWikimedia Commonsも参照。
  2. ^ 古代ローマ、女剣闘士は実在した?”. ナショナルジオグラフィック. 2016年6月12日閲覧。
  3. ^ キャラクター自体はロバート・E・ハワードの短編小説『The Shadow of the Vulture』に登場した「Red Sonya」に基づいているが、ビキニアーマー姿になったのはコミックから。
  4. ^ 株式会社インプレス (2020年12月16日). “35周年を記念した「夢幻戦士ヴァリス 復活プロジェクト」が始動! 美少女アクションの元祖が復活へ” (日本語). GAME Watch. 2021年5月15日閲覧。

関連項目編集