ビジネス電話検定

ビジネス電話検定(ビジネスでんわけんてい)またはビジネス電話実務検定(ビジネスでんわじつむけんてい)は、公益財団法人実務技能検定協会が実施する検定試験。文部科学省後援。社会人の電話応対の能力向上を目的として2004年(平成16年)より実施されている[3]

ビジネス電話検定
実施国 日本の旗 日本
資格種類 民間資格[1]
分野 ビジネススキル
試験形式 実技(実践級)、筆記(知識A級、知識B級)
認定団体 公益財団法人実務技能検定協会
後援 文部科学省
認定開始年月日 2004年(平成16年)[2]
認定終了年月日 2020年(令和2年)終了予定
等級・称号 実践級、知識A級、知識B級
公式サイト https://jitsumu-kentei.jp/BD/index
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

筆記試験(知識A級および知識B級)は2019年(令和元年)11月24日の第32回試験をもって、実技試験(実戦級)は2020年(令和2年)をもって終了する予定であることが発表された[4]

試験科目、区分編集

  • 実践級:ロールプレイングの実技試験を3人1組の受験者で行う。受験資格は知識A級に合格していることが前提条件となる。
  • 知識A級:筆記試験で、「理論」(話し方の基礎、基礎技能)と「実技」(電話実務)の2つの領域に区分されている。理論領域はマークシート、実技領域は記述式である。2つの領域でともに満点の60%以上の得点率で合格となる。
  • 知識B級:理論領域と実技領域でともに満点の60%以上の得点率で合格となる。知識A級よりやや難易度は低め[5]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集