ビッグ・イエロー・タクシー

ビッグ・イエロー・タクシー」(Big Yellow Taxi)は、ジョニ・ミッチェルが作詞作曲し1970年に発表した楽曲。

ビッグ・イエロー・タクシー
ジョニ・ミッチェルシングル
初出アルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン
B面 ウッドストック
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ロサンゼルス、A&Mスタジオ
ジャンル フォークロック
時間
レーベル リプリーズ・レコード
作詞・作曲 ジョニ・ミッチェル
プロデュース ジョニ・ミッチェル
チャート最高順位
ジョニ・ミッチェル シングル 年表
巷の夜
b/w
私の王様
(1968年6月)[2]
ビッグ・イエロー・タクシー
b/w
ウッドストック
(1970年4月)
ケアリー
b/w
ディス・フライト・トゥナイト
(1971年7月)
ミュージックビデオ
「Big Yellow Taxi」 - YouTube
テンプレートを表示

概要編集

環境問題をテーマにした作品である。1969年11月29日にマサチューセッツ州ウースターで行ったコンサートでミッチェルは次のように述べている[3][4]

2週間前ハワイに行きました。ハワイに行ったのは初めてで、できたら島をもっと見たかったのだけれど、なんだかがっかりして実は2日間しかいませんでした。夜の11時に着いて、翌朝窓に向かって走り、カーテンをさっと引いたら案の定そこは天国でした。生い茂った緑の丘。すりばち山がそびえ、鳥たちは低く飛び回り、インドハッカが至るところにいた。ところがその真ん中に位置していたのが巨大な駐車場だった。それで私はロックンロール調のこの曲を書いたんです。その出来事を記念するために。

レコーディングはロサンゼルスのA&Mスタジオで行われた[5]。1970年4月発売の3枚目のアルバム『レディズ・オブ・ザ・キャニオン』に収録され、同じ月にシングルA面曲として発表された。B面は「ウッドストック[1]

ミッチェル自身が吹き込んだ曲としては最初にヒットしたシングルとなった。ビルボード・Hot 100では67位を記録。その他のチャートでは、ビルボードのイージーリスニングチャートで33位、カナダで14位、オーストラリアで6位、イギリスで11位、オランダで19位を記録した。

別バージョンは以下のとおり。

  • 1970年8月に開催された第3回ワイト島音楽祭でのライブ・バージョン。コンサートの模様を記録した映画『Message to Love: The Isle of Wight Festival 1970』に収録されている。同音楽祭のミッチェルの演奏全12曲を収録したブルーレイ/DVD『Both Sides Now - Live at The Isle of Wight Festival 1970』が2018年9月に発売された[6]
  • 1970年9月3日にBBCテレビジョン・センターで行ったコンサートのライブ・バージョン。テレビ放映日は10月9日[7]。映像が残っている。
  • 1970年10月16日にバンクーバーで行ったコンサートのバージョン。ミッチェル、ジェームズ・テイラー、フィル・オクスの3人の名義で発売されたアルバム『アムチトカ』(2009年)に収録された。
  • 1974年11月発売のライブ・アルバム『マイルズ・オブ・アイルズ』に収録されたバージョン。同年12月にシングルカットされ、ビルボード・Hot 100において24位を記録した[8][9]
  • 2007年9月発売のスタジオ・アルバム『Shine』に収録された再録音バージョン。

カバー・バージョン編集

サンプリング編集

脚注編集