ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!

ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』(ビルとテッドのじくうりょこう おんがくでせかいをすくえ!、原題:Bill & Ted Face the Music)は、2020年制作のアメリカ合衆国SFコメディ映画

ビルとテッドの時空旅行
音楽で世界を救え!
Bill & Ted Face the Music
監督 ディーン・パリソット
脚本 クリス・マシスン
エド・ソロモン
製作 スコット・クルーフ
アレックス・ルボヴィッチ
デヴィッド・ヘリング
スティーヴ・ポンス
エド・ソロモン
アレックス・ウィンター
製作総指揮 スティーブン・ソダーバーグ
パトリック・W・ドゥーガン
出演者 キアヌ・リーブス
アレックス・ウィンター
音楽 マーク・アイシャム
撮影 シェリー・ジョンソン
編集 ドン・ジマーマン
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ・リリーシング
日本の旗 ファントム・フィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 2020年8月28日[1]
日本の旗 2020年12月18日[2]
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[3]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,439,660[4]
世界の旗 $6,089,083[4]
前作 ビルとテッドの地獄旅行
テンプレートを表示

ロックスターにあこがれる高校生のビルとテッドが時空を超えた冒険を繰り広げる姿を描いたSFコメディ映画のシリーズの第3作で、前作『ビルとテッドの地獄旅行』から29年ぶりの新作。

あらすじ

ビルとテッドはロックバンド”ワイルド・スタリオンズ”のメンバーとして活動していたが、30年たった今は人気に陰りがさしていた。

そんなある日、2人の前に未来からの使者が現れ、驚くべき事実を伝える。それは、あと77分25秒後に時空が歪み、人類が滅亡するというものだった。

大人になった今も少年の心を忘れていないビルとテッドは世界の滅亡を防ぐため、そして「世界を救う音楽」を完成させるため、タイムマシンで新たな冒険に出る。

キャスト

※括弧内は日本語吹替声優[5][6][7]

脚注

外部リンク