メインメニューを開く

ビルとテッドの地獄旅行』(原題: Bill & Ted's Bogus Journey)は、1991年制作のアメリカ合衆国SFコメディ映画。『ビルとテッドの大冒険』の続編。

ビルとテッドの地獄旅行
Bill & Ted's Bogus Journey
監督 ピーター・ヒューイット
脚本 クリス・マシソン
エド・ソロモン
製作 スコット・クルーフ
製作総指揮 ロバート・W・コート
テッド・フィールド
リック・フィンケルスタイン
バリー・スパイキングス
出演者 キアヌ・リーブス
アレックス・ウィンター
音楽 デヴィッド・ニューマン
撮影 オリヴァー・ウッド
編集 デヴィッド・フィンファー
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア/トライスター
公開 アメリカ合衆国の旗 1991年7月19日
日本の旗 1991年9月21日
上映時間 93分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $38,037,513[2]
前作 ビルとテッドの大冒険
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ビルとテッドはロックで全世界を救済し英雄となる夢を抱いていたが、それを快く思わない未来の悪の権化デ・ノモロスは2人そっくりのロボットを送り込み、2人を殺してしまう。

地獄に行ったビルとテッドは“死神”グリム・リーパーをボードゲームで打ち負かし、天国に行って火星人の協力を得てから生き返り、自分たちもロボットを造り、反撃を開始する。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
ソフト版 テレビ東京
セオドア“テッド”・ローガン キアヌ・リーブス 井上和彦 高木渉
ビル・プレストン アレックス・ウィンター 島田敏 真殿光昭
“死神”グリム・リーパー ウィリアム・サドラー 大木民夫 大塚明夫
デ・ノモロス ジョス・アクランド 内海賢二 村松康雄
ルーファス ジョージ・カーリン 藤本譲 塚田正昭
ワードロー パム・グリア 一城みゆ希 渡辺美佐
サタンの声 フランク・ウェルカー 麦人 辻親八
その他 安達忍
松本梨香
滝沢久美子
安西正弘
西川幾雄
朝戸鉄也
大山高男
荒川太郎
宮本充
金野恵子
西宏子
要田禎子
秋元羊介
広瀬正志
栗山微笑子
堀越真己
深水由美
丸山真奈実
岡野浩介
演出 田島荘三 春日一伸
翻訳 新村一成 上妻冬子
調整 山本洋平
効果 栗林秀年
担当 菅原有美子
プロデューサー 吉岡美惠子 池田朋之
制作 コスモプロモーション テレビ東京
ムービーテレビジョン
初回放送 1994年12月2日
『シネマタウン』

備考編集

デ・ノモロスを演じたジョス・アクランドは後に2001年BBCのインタビューで、本作への出演を後悔していると語った[3]

参考文献編集

  1. ^ Bill & Ted's Bogus Journey (1991) - Box office”. imdb.com. 2011年8月30日閲覧。
  2. ^ Bill and Ted's Bogus Journey”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。
  3. ^ "Joss Ackland admits 'awful' films." BBC.com.

外部リンク編集