ピンク・フラッグ

ワイヤーのアルバム

ピンク・フラッグ』(Pink Flag)はイギリスポストパンクバンドワイヤーのデビューアルバム。1977年12月発売。

ピンク・フラッグ
ワイヤースタジオ・アルバム
リリース
録音 1977年9月 - 10月
ジャンル アート・パンクパンク・ロック
時間
レーベル ハーヴェスト
プロデュース マイク・ソーン
専門評論家によるレビュー
ワイヤー アルバム 年表
ピンク・フラッグ
(1977年)
チェアーズ・ミッシング
(1978年)
テンプレートを表示

背景編集

1976年に結成されたワイヤーは翌1977年4月1日ロンドンコヴェント・ガーデンにあるThe Roxyにて行われていたパンク・フェスティバルでライヴ演奏を行った。そのパンク・フェスの演奏を音源化しようとしていた、当時EMIA&Rだったマイク・ソーンに声をかけられ、バンドはハーヴェストと契約し、12月に本作でデビューを果たした。

評価編集

結成当時のメンバーは楽器にすら触ったことがない初心者だったこともあり、本作には長くて3分台、短いもので1分に満たない荒削りでパンキッシュな楽曲が収録された。また、その演奏能力を逆手に取ったミニマルリフの繰り返しやシンプルなコード進行、基本的なロックのフォーマットを無視した曲構成や展開は、後続のアーティストに多大な影響を及ぼした。ローリング・ストーンが選ぶオールタイムベストアルバム500(2020年版)で310位に選ばれた[1]NMEも同名リストの378位に本作を選んだ[2]ピッチフォーク・メディア1970年代のトップアルバム100の22位に本作を選出[3]

収録曲編集

特筆ない限りブルース・ギルバート、グレアム・ルイス、コリン・ニューマン、ロバート・ゴートゥベッドの作詞・作曲

A面編集

  1. ロイター "Reuters" - 3:03
  2. フィールド・デイ・フォー・ザ・サンデイズ "Field Day for the Sundays" - 0:28
  3. スリー・ガール・ルンバ "Three Girl Rhumba" - 1:23
  4. エクス・ライオン・テーマ "Ex Lion Tamer" - 2:19
  5. ロウ・ダウン "Lowdown" - 2:26
  6. スタート・トゥ・ムーヴ "Start to Move" - 1:13
  7. ブラジル "Brazil" - 0:41
  8. イッツ・ソー・オヴィアス "It's So Obvious" - 0:53
  9. サージョンズ・ガール "Surgeon's Girl" - 1:17
  10. ピンク・フラッグ "Pink Flag" - 3:47

B面編集

  1. ザ・コマーシャル "The Commercial" - 0:49
  2. ストレイト・ライン "Straight Line" - 0:44
  3. 106 ビーツ・ザット "106 Beats That" - 1:12
  4. ミスター・スーツ "Mr. Suit" - 1:25
  5. ストレンジ "Strange" - 3:58
  6. フラジャイル "Fragile" - 1:18
  7. マネキン "Mannequin" - 2:37
  8. ディファレント・トゥ・ミー "Different to Me" (アネット・グリーン) - 0:43
  9. チャンプス "Champs" - 1:46
  10. フィーリング・コールド・ラヴ "Feeling Called Love" - 1:22
  11. "12 X U" - 1:55

CDリイシュー版ボーナス・トラック編集

  1. ドット・ダッシュ "Dot Dash" (コリン・ニューマン、グレアム・ルイス) - 2:25 (1994年リイシュー版)
  2. オプションズ・R "Options R" (グレアム・ルイス) - 1:36 (1989年/1994年リイシュー版)

参加ミュージシャン編集

脚注編集

  1. ^ The 500 Greatest Albums of All Time” (英語). Rolling Stone (2020年9月22日). 2021年12月28日閲覧。
  2. ^ http://www.rocklistmusic.co.uk/nme_500_greatest_albums_2013.htm
  3. ^ Pitchfork staff (2004年6月23日). “Staff Lists: Top 100 Albums of the 1970s”. ピッチフォーク・メディア. 2015年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月1日閲覧。