ピーター・ホワイト

ピーター・ホワイトPeter White1954年9月20日 - )は、イギリス出身でスムーズジャズフュージョンを中心に活動しているギタリスト。元はアル・スチュワートマット・ビアンコ、その歌手バーシアなど、ポップス界を中心に活動していた。

ピーター・ホワイト
Peter White
PeterWhiteByPhilKonstantin.jpg
ピーター・ホワイト(2009年)
基本情報
生誕 (1954-09-20) 1954年9月20日(67歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ルートン
ジャンル フュージョンスムーズジャズ
職業 ギタリスト
担当楽器 ギターアコーディオンピアノハーモニカ
レーベル シンドローム、コロムビアアルチザンピークヘッズ・アップ
共同作業者 アル・スチュワート
ダニー・ホワイト
マット・ビアンコ
バーシア
ショット・イン・ザ・ダーク
公式サイト www.peterwhite.com

セッション・ミュージシャンとしても活躍し、カーク・ウェイラムリチャード・エリオットジェラルド・アルブライトグレッグ・カルーカスなどと共演している。

略歴編集

幼少の頃、父親の勧めでピアノギタークラリネットなどを演奏し始める。次第にポップス性のギターを弾き始める。10歳代後半に、アル・スチュワートのマネージャーの勧めで、彼のグループに加わる。1979年にはロサンゼルスに拠点を移し、スチュワートのバック・バンドの他のメンバーたちと「ショット・イン・ザ・ダーク」というグループを結成する。またこの頃、弟のダニー・ホワイトマット・ビアンコを結成。1987年にそのシンガーのバーシアがグループを離れてソロ活動を始め、ホワイト兄弟は彼女をサポートすることとなる。バーシアは成功を収め、その後もピーターは彼女をサポートし続けた。

1990年にファースト・ソロ・アルバム『ウェイク・アップ (Reveillez-Vous)』を発表。アル・スチュワートのために書いた未発表曲を集めた作品集となる。1996年にはソニー系列のコロムビア・レコードと契約し、アルバム『キャラヴァン・オブ・ドリームス』を発表。以後、スムーズジャズのギタリストとして第一線で活動している。

2007年にはリック・ブラウンミンディ・エイベアらとアルバム『Peter White Christmas』を発表、『クリスマス・ソング・ブック』以来10年ぶりのクリスマス・アルバムとなった。

2008年9月、コロムビアとの10年間の契約が切れ、新たにザ・リッピントンズラス・フリーマンピーク・レコードと契約し[1]、2009年に『Good Day』を発表した。

2012年発売の『Here We Go 』以降はヘッズ・アップからリリースしている。

ディスコグラフィ編集

アルバム編集

  • 『ウェイク・アップ』 - Reveillez-Vous (1990年、Chase Music)
  • 『エクスキューズ・ミー』 - Excusez-Moi (1991年、Sindrome)
  • 『プロムナード』 - Promenade (1993年、Sindrome)
  • 『リフレクションズ』 - Reflections (1994年、Sindrome)
  • 『キャラヴァン・オブ・ドリームス』 - Caravan of Dreams (1996年、Columbia)
  • 『クリスマス・ソング・ブック』 - Songs of the Season (1997年、Columbia)
  • 『パーフェクト・モーメント』 - Perfect Moment (1998年、Columbia)
  • 『グロウ』 - Glow (2001年、Columbia)
  • 『コンフィデンシャル』 - Confidential (2004年、Columbia)
  • Playin' Favorites (2006年、Columbia)
  • Peter White Christmas (2007年、Artizan) ※with リック・ブラウンミンディ・エイベア
  • Good Day (2009年、Peak)
  • Here We Go (2012年、Heads Up)
  • Smile (2014年、Heads Up)
  • Groovin' (2016年、Heads Up)
  • Music for STARLUX Airlines(2019年、Heads Up)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Smooth Jazz Vibes: Peter White, Columbia, Split After A Decade”. Smooth Jazz Vibes. 2008年9月3日閲覧。

外部リンク編集