ファッルフザード ホスロー5世

サーサーン朝の君主

ファッルフザード ホスロー5世(ファッルフザード ホスロー5せい)は、サーサーン朝の君主で631年3月から4月まで在位についた。ホスロー2世の息子であった。

ホスロー5世
Farrukhzad Khosrow V
サーサーン朝シャーハンシャー
FarrukhzadKhosrauVCoin.jpg
在位 631年3月 - 631年4月

死去 631年4月
次代 ボーラーン
家名 サーサーン家
王朝 サーサーン朝
父親 ホスロー2世
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

生涯編集

ファッルフザード ホスロー5世はホスロー2世の息子として産まれた。父のホスロー2世は、シャベスターン英語版という地下室に3000人以上もの側妻を住まわせていたと伝えられており[1]、ホスロー5世の母が側妻の一人だったのか、寵愛した妻のシーリーンだったのかは詳しく分かっていない。 また、ホスロー5世にはマルダーンシャーJuvansherアーザルミードゥフトカワード2世、シャフリヤール、ボーラーンなど、多数の兄弟がいた。

628年、父のホスロー2世は兄のカワード2世を支持した貴族らにより、廃位された。カワード2世はペーローズ・ホスロー英語版に自身の兄弟と異母兄弟全員の処刑を命じた。しかし、ホスロー5世はNisibisの近くに逃げて生き延びた[2]631年、サーサーン朝の貴族のZadhuyihによりクテシフォンに連れて行かれ、サーサーン朝の君主として戴冠した。しかし、1ヶ月後に反乱に遭い殺害された。

脚注編集

  1. ^ Muhammad ibn Jarir al-Tabari, History of the Prophets and Kings, vol. 2
  2. ^ ファッルフザード ホスロー5世, p. 407, - Google ブックス

参考文献編集

  • Mīr-Khvānd, Moḥammad ibn Khvāndshāh ibn Maḥmūd (1433–1498), Reign of Farrukhzad ibn Khosrau, 1892, Royal Asiatic Society, translated from the original work in Persian by E. Rehatsek.
ファッルフザード ホスロー5世

631年3月 - 631年4月

先代
アーザルミードゥフト
シャーハンシャー
631年3月 – 631年4月
次代
ボーラーン