ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

デヴィッド・イェーツ監督の2022年のファンタジー映画
魔法ワールド > ファンタスティック・ビーストシリーズ > ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』(ファンタスティックビーストとダンブルドアのひみつ、Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore)は、2022年ファンタジー映画J・K・ローリングの原作から、デヴィッド・イェーツが監督、ローリングとスティーヴ・クローヴスが脚本を務める。『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』(2018年)の続編であり、「ファンタスティック・ビースト」シリーズの3作目で、「魔法ワールド」フランチャイズでは11作目となる。

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密
Fantastic Beasts:
The Secrets of Dumbledore
監督 デヴィッド・イェーツ
脚本 J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
原案 J・K・ローリング
製作 デヴィッド・ハイマン
J・K・ローリング
スティーヴ・クローヴス
ライオネル・ウィグラム
ティム・ルイス
製作総指揮 ニール・ブレア
ダニー・コーエン
ジョシュ・バーガー
コートニー・ヴァレンテ
マイケル・シャープ
出演者 エディ・レッドメイン
ジュード・ロウ
エズラ・ミラー
ダン・フォグラー
アリソン・スドル
ウィリアム・ナディラム
カラム・ターナー
ジェシカ・ウィリアムズ
ヴィクトリア・イェイツ
ポピー・コービー=チューチ
フィオナ・グラスコット
キャサリン・ウォーターストン
マッツ・ミケルセン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
撮影 ジョージ・リッチモンド
編集 マーク・デイ
製作会社 ヘイデイ・フィルムズ
配給 ワーナー・ブラザース・ピクチャーズ
公開 日本の旗 2022年4月8日
アメリカ合衆国の旗 2022年4月15日
上映時間 143分
製作国 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生
テンプレートを表示

ストーリー編集

本作は、前作『黒い魔法使いの誕生』の出来事から数年後の1930年代、ブラジルのリオデジャネイロとドイツのベルリン、そしてイギリスアメリカ合衆国を舞台に、魔法界が第二次世界大戦に参戦するまでの物語。

ニュート・スキャマンダーは調査に訪れた先で、心清き者にひざまずく習性を持つ魔法動物「麒麟」と出会う。麒麟はニュートの目の前で出産するが、その時突然現れた魔法使いたちによってその麒麟は殺され、子供の麒麟は連れ去られる。ニュートは、殺された麒麟の傍らに子供がもう一匹生まれているのを見つけ、引き取る。

そのころ魔法界では、指導者アントン・フォーゲルの任期満了に伴い、次期指導者を決める選挙が行われようとしていた。急速に勢力を拡大していた闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドもその選挙に立候補する。ニュートとアルバス・ダンブルドアたちはグリンデルバルドの指導者就任を阻止しようと動きだすが、グリンデルバルドの息のかかったフォーゲルは、グリンデルバルドの罪を証拠不十分として取り下げる。

グリンデルバルドは、麒麟を殺してその死体を操り、観衆の前でひざまずかせることで自らを指導者に仕立て上げようとしていた。ところが、ニュートたちが生き残ったもう一匹の麒麟を連れてきたことでその企みは阻止され、ヴィセンシア・サントスが新たな指導者に選ばれる。グリンデルバルドは血の誓いを破ってダンブルドアと戦うが、二人は互いの心臓の鼓動を感じて戦いをやめ、グリンデルバルドは再び追われる身となる。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替[1][2]

製作編集

企画編集

2014年10月、ワーナー・ブラザース・ピクチャーズは、このシリーズを「少なくとも」三部作とし、第3作を2020年11月20日に公開することを発表した[4][5]。2016年7月、デヴィッド・イェーツ監督は、J・K・ローリングが第3作の脚本にアイデアを持っていることを確認した[6]。2016年10月、映画「ファンタスティック・ビースト」シリーズは5作品で構成され、エディ・レッドメインが全作品に復帰して主役のニュート・スキャマンダーを演じることが報じられ、プロデューサーにはローリング、デヴィッド・ハイマンスティーヴ・クローヴスライオネル・ウィグラムが就任した[7]。2016年11月、イェーツは5作品全ての監督を務めることを明らかにし、「私は映画を作ることが大好きで、素晴らしいチームがあり、全員が家族のような存在です」と述べた[8]

2018年10月、ジョニー・デップは、2019年半ばに撮影を開始する第3作で、ゲラート・グリンデルバルド役で復帰する可能性を示唆した[9]。2019年11月、ワーナー・ブラザースは公式発表を出し、本作のロケ地がブラジルであること、2020年春に製作を開始すること、そして、これまで「ハリー・ポッター」作品の脚本家を務めていたスティーブ・クローヴスが共同脚本家としてプロジェクトに参加することを発表した[10]

また、今作でダンブルドアとグリンデルバルドがゲイであることが公式の事実となった[11]

キャスティング編集

2020年3月、ジュード・ロウ、ジョニー・デップ、エズラ・ミラーアリソン・スドルダン・フォグラーカラム・ターナーキャサリン・ウォーターストン、ジェシカ・ウィリアムズが、レッドメインと共に前作から再演していることが明らかになった[12]。11月6日、デップは、家庭内暴力関連の名誉毀損訴訟で敗訴した際に、ワーナー・ブラザースから降板を求められ、グリンデルバルド役を再演しないことを発表した[13]。デップは、2020年9月の製作開始後、ロンドンでの撮影は1シーンのみで、契約では映画の完成の有無にかかわらず報酬が支払われることになっていた[14]。2020年11月25日、ワーナー・ブラザースは、グリンデルバルド役をデップの代わりにマッツ・ミケルセンが演じることを発表した[15]

撮影編集

2020年3月16日に主要撮影を開始する予定だったが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、その日のうちに延期された[16]。撮影は9月20日に正式に開始されたが、新型コロナウイルスからキャストとスタッフを守るために安全対策が施された[17]。2021年2月3日、イギリスのワーナー・ブラザース・スタジオ・リーブスデンでの撮影は、スタッフの一人が新型コロナウイルスの陽性反応を示したため中止された[18]。作曲家のジェームズ・ニュートン・ハワードは、同月末に撮影が終了したことを確認した。

公開編集

本作は当初、2021年11月12日の公開を予定していたが[19]、デップの降板、ミケルセンの再配役、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、ワーナー・ブラザースは公開を2022年7月15日に変更した[20]。2021年9月には、原題の発表と同時に、公開を3ヶ月前倒しして2022年4月15日に決定したことを発表した[21]

中華人民共和国(中国)でも2022年4月に公開されたが、同性愛に関する6秒の台詞を削除した上で上映されていることが同月報じられた。ワーナー・ブラザーズは「たとえマイナーな編集はあっても、中国の観客にもこれを体験する機会を持ってもらうことが大切だ」とのコメントを発表している[22][23]

続編編集

シリーズは当初3部作の予定だったが、2016年10月にローリングは5作品構成となることを発表し、後にシリーズが1926年から1945年の間に起こった一連の出来事を描くこととなったことを発表した[24]

出典編集

  1. ^ 宮野真守、森川智之ら続投!『ファンタビ』第3弾声優決定 グリンデルバルドは井上和彦”. シネマトゥデイ (2022年3月18日). 2022年3月18日閲覧。
  2. ^ ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2022年4月8日). 2022年4月13日閲覧。
  3. ^ Hurley, Grace (2021年2月11日). “Oliver Masucci Joins "Fantastic Beasts" 3 Cast as Head of the International Confederation of Wizards” (英語). MuggleNet. 2021年12月2日閲覧。
  4. ^ Sims, Andrew (2014年10月15日). “WB names David Yates 'Fantastic Beasts' director”. hypable.com. 2015年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月2日閲覧。
  5. ^ Lieberman, David (2014年10月15日). “Warner Bros' Kevin Tsujihara Outlines Major Film & TV Push Amid Cost Cuts: Time Warner Investor Day”. Deadline Hollywood. 2016年9月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月2日閲覧。
  6. ^ Bell, Amanda (2016年7月1日). “Fantastic Beasts Movie Sequel Has Already Been Written”. Screen Rant. 2018年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月15日閲覧。
  7. ^ Khatchatourian, Maane; McNary, Dave (2016年10月13日). “'Fantastic Beasts and Where to Find Them' to Be Five-Film Franchise”. Variety. オリジナルの2016年10月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161029012408/http://variety.com/2016/film/news/fantastic-beasts-and-where-to-find-them-five-movies-1201888226/ 2016年11月2日閲覧。 
  8. ^ Lee, Ashley (2016年11月11日). “David Yates Says He's Directing All Five 'Fantastic Beasts' Films”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2016年11月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161112090743/http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fantastic-beasts-david-yates-says-hes-directing-all-five-films-946671 2016年11月12日閲覧。 
  9. ^ Barlow, Helen (2018年10月9日). “Johnny Depp on 'The Crimes of Grindelwald' and His Most Iconic Roles”. Collider. オリジナルの2018年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20181211195554/http://collider.com/johnny-depp-interview-fantastic-beasts-2/#tim-burton 2018年10月12日閲覧。 
  10. ^ D'Alessandro, Anthony (2019年11月4日). “'Fantastic Beasts 3′ Moving Forward With Spring 2020 Start, Jessica Williams' 'Lally' Character To Play Pivotal Part In Brazil-Set Threequel”. Deadline. 2019年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  11. ^ 加賀谷健 (2022年4月9日). “ダンブルドアのゲイ設定が公式の事実に。『ファンタビ』最新作が描いた“愛の物語””. 女子SPA. 2022年4月10日閲覧。
  12. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年3月15日). “'Fantastic Beasts 3' & 'King Richard' Warner Bros. Productions Are Also On Hiatus: Coronavirus”. 2020年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月16日閲覧。
  13. ^ Rubin, Rebecca (2020年11月6日). “Johnny Depp Forced to Exit 'Fantastic Beasts' Franchise”. Variety. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  14. ^ Tatiana Siegel (2020年11月9日). “Behind Warner Bros.' Decision to Sever Ties With Johnny Depp”. The Hollywood Reporter. 2020年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月10日閲覧。
  15. ^ Rubin, Rebecca (2020年11月6日). “Johnny Depp Forced to Exit 'Fantastic Beasts' Franchise”. Variety. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月26日閲覧。
  16. ^ D'Alessandro, Anthony (2020年3月15日). “'Fantastic Beasts 3' & 'King Richard' Warner Bros. Productions Are Also On Hiatus: Coronavirus”. 2020年6月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月16日閲覧。
  17. ^ Siegel, Tatiana (2020年11月9日). “Behind Warner Bros.' Decision to Sever Ties With Johnny Depp”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2020年11月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201111163229/https://www.hollywoodreporter.com/news/behind-warner-bros-decision-to-sever-ties-with-johnny-depp 2020年11月9日閲覧。 
  18. ^ Ritman, Alex (2021年2月4日). “'Fantastic Beasts 3' Stops Shoot After Positive COVID Test”. The Hollywood Reporter. 2021年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月4日閲覧。
  19. ^ Welk, Brian (2019年4月29日). “Third 'Fantastic Beasts' Movie to Open November 2021”. The Wrap. オリジナルの2019年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190429183150/https://www.thewrap.com/third-fantastic-beasts-movie-to-open-november-2021/ 2019年7月23日閲覧。 
  20. ^ Rubin, Rebecca (2020年11月9日). “'Fantastic Beasts 3' Sets New Release Date”. Variety. 2020年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月9日閲覧。
  21. ^ Crouch, Aaron (2021年9月22日). “"Fantastic Beasts: The Secrets of Dumbledore' Sets New 2022 Release Date”. The Hollywood Reporter. 2021年9月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月23日閲覧。
  22. ^ 中国で公開のハリポタ映画最新作、同性愛の台詞をカット”. CNN.co.jp (2022年4月14日). 2022年4月15日閲覧。
  23. ^ “映画「ファンタスティック・ビースト」、中国で同性愛のせりふを削除”. BBCNEWS JAPAN. (2022年4月14日). https://www.bbc.com/japanese/61102854 2022年4月15日閲覧。 
  24. ^ Logan, Megan (2016年11月21日). “J.K. Rowling Just Confirmed 'Fantastic Beasts' Will End in WWII”. オリジナルの2016年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6ltlRr4t0?url=http://deadline.com/2014/10/kevin-tsujihara-time-warner-investor-day-warner-bros-ceo-presentation-851823/ 2022年1月13日閲覧。 

外部リンク編集