メインメニューを開く

フイチンさん』は上田トシコによる漫画1957年1月から1962年3月にかけて『少女クラブ』で連載された[1]講談社・1992年アース出版局[1]などから全3巻。単行本は長く絶版だったが、2009年5月にコミックパークのオンデマンド出版で復刊、また2015年には小学館からも復刻愛蔵版が出た[2]

目次

概要編集

舞台は満州国ハルピン。お金持ちであるリュウタイ家のお屋敷の門番の娘フイチンがお屋敷の主人に気に入られ屋敷のワガママな坊ちゃまの遊び相手になる所から物語は始まる。

1959年(昭和34年)第5回小学館漫画賞受賞。2004年、あにまる屋製作によるアニメ映画が公開された[1][2]

「フイチン」の名前について、四方田犬彦は「恵珍」という漢字表記だろうと推測している[3]村上もとかは「彗星」(中国語発音でフェ シン)ではないかと『フイチン再見!』で描いている[4]

また、四方田は、本作が日本人の作であるにも関わらず、日本人の視点を採用していないことを指摘している[3]

奈良美智はリアルタイムでは連載を読んでいなかったが、1998年に東京都現代美術館の漫画展覧会で原稿を見た際に、線が美術的に群を抜いていると感じ、「ロダンの彫刻のような線」と評している[5]。また奈良は手塚治虫石ノ森章太郎がアメリカ映画やSF小説の影響を受けていてアメリカ的であることに対し、本作は「偏見を持つ前の子供の世界」、グローバリズム的な感性を覚えると指摘している[5]

書籍編集

あらすじ編集

フイチンさんはお金持ちのリュウタイ家の門番、ワンの一人娘。おてんばで、元気な、太陽のように明るい女の子。長いおさげを風に揺らして、いつもまわりを笑顔にかえる。そんな素敵なフイチンさん。

お屋敷のご主人、ジャングイ様にひょんなことから気に入られ、1人息子のリイチュウ坊ちゃまの遊び相手に大抜てき。ツーンとそっぽを向いたリイチュウ坊ちゃまとどんなふうに、仲良くなっていくのやら…。

登場人物編集

フイチン
リュウタイ家の屋敷の門番の娘。長いおさげ髪が特徴の元気で明るいお転婆娘。リュウタイ家のご主人に見込まれリュウタイ家のお坊ちゃまリイチュウの遊び相手になる。
リイチュウ
お金持ちのリュウタイ家のお坊ちゃま。はじめはわがままでフイチンに心を閉ざしきっていたがフイチンと一緒に遊んだり、屋敷の外の世界に触れたりするごとにフイチンを慕いはじめ、たくましく成長していく。語尾に「~よ。」と付けて独特の口調で話す。
チンナイ
リュウタイ家のばあやの娘。やさしいがその反面おっちょこちょい。
ワン
フイチンの父親。リュウタイ家のお屋敷の門番。
ジャングイ
お金持ちのリュウタイ家の主人。フイチンを気に入り息子であるリイチュウの遊び相手に任命する。
第1タイタイ
リュウタイ家の第一夫人。(「タイタイ(太太)」とは中国語で夫人のこと)
第3タイタイ
リュウタイ家の第三夫人であり、リイチュウの実の母親。
キュウイ
リュウタイ家のお屋敷の執事。
ばあや
リュウタイ家のお屋敷に勤めるチンナイの母親。フイチンにはリイチュウの遊び相手は無理だと思い込み、チンナイを含めた三人の子供を代わりに遊び相手にさせようとする。
リュウホウ
フイチンの友人である少年。

アニメ映画編集

2004年に公開され、2006年DVDVHSが発売。60分。あにまる屋製作。

キャスト編集

スタッフ編集

出典編集

  1. ^ a b c d 彷書月刊 特集・上田トシコの引き出し』 2004年2月号
  2. ^ a b 「フイチンさん」カラー扉など収録の愛蔵版に、村上もとかもエッセイ寄稿”. コミック ナタリー (2015年5月29日). 2018年8月27日閲覧。
  3. ^ a b 四方田犬彦『日本の漫画への感謝』潮出版社、2013年、17-29頁。ISBN 978-4267019616
  4. ^ 村上もとか『フイチン再見!』1、小学館、2013年、[要ページ番号]ISBN 978-4091854292
  5. ^ a b 私のフイチン再見! 第1回 奈良美智”. 小学館 (2015年1月25日). 2018年8月27日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集