フェヘール・ミクローシュ

この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にミクローシュ・フェヘールと表記することもあります。

フェヘール・"ミキ"・ミクローシュMiklós "Miki" Fehér (ハンガリー語発音: [ˈmikloːʃ ˈfɛheːr], 1979年7月20日 - 2004年1月25日)は、ハンガリーの元サッカー選手。生前のポジションはフォワードで、プロ通算59得点のストライカーであった。タタバーニャ出身。

フェヘール・ミクローシュ Football pictogram.svg
Miklos Feher memorial.jpg
エスタディオ・ダ・ルスにあるフェヘールを模した記念像
名前
愛称 ミキ
ラテン文字 Fehér Miklós
基本情報
国籍  ハンガリー
生年月日 (1979-07-20) 1979年7月20日
出身地 タタバーニャ
没年月日 (2004-01-25) 2004年1月25日(24歳没)
身長 184cm
選手情報
ポジション フォワード(CF)
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1998 ハンガリーの旗 ジェールETO 62 (23)
1998-2002 ポルトガルの旗 ポルト 10 (1)
2000-2002 ポルトガルの旗 ポルトB 7 (2)
2000 ポルトガルの旗 サルゲイロス (loan) 14 (5)
2000-2001 ポルトガルの旗 ブラガ (loan) 26 (14)
2002-2004 ポルトガルの旗 ベンフィカ 28 (7)
代表歴
1998-2004 ハンガリーの旗 ハンガリー 25 (7)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

プリメイラ・リーガSLベンフィカ在籍中の2004年1月25日、ギマランイスにて行われたヴィトーリアSCとのリーグ戦の最中に心筋梗塞により死去した[1][2]

経歴編集

クラブでのキャリア編集

ジェールETO FCの下部組織出身で1995年にトップチームでも登録されるようになった。1998年、FCポルトにスカウトされて移籍するまでの3年間に、フェヘールは62試合に出場して23得点を挙げた。

ポルトでは当初出場機会に恵まれず、2000-01シーズンからは同クラブのBチームにも登録された。また経験を積ませる目的で、SCサルゲイロスSCブラガにローン移籍の形で出され、サルゲイロスでは2000年に14試合出場5得点、ブラガでは2000-01シーズンに26試合出場14得点の成績を修めた。

2002年にSLベンフィカに移籍し、2002-03・2003-04シーズンで28試合に出場して7得点を挙げた。

突然の死編集

2004年1月25日、ベンフィカはヴィトーリアSCのホームタウンであるギマランイスで、同クラブとのリーグ戦に臨むために遠征した。

フェヘールは後半15分から試合に出場し、試合終了間際にフェルナンド・アグイアールが挙げた決勝点となる得点をアシストしたが、その際、遅延行為によるイエローカードを受けた。イエローカードを受けた直後、フェヘールはピッチ上に前のめりに身を屈め、そしてピッチ上に仰向けに倒れた。心肺蘇生法が施された後、フェヘールはピッチ内に到着した救急車によって病院へと搬送されたが、3時間後に死亡が確認された。まだ24歳の若さだったフェヘールの死因は肥大型心筋症による心停止だということがわかった[3]。この試合はテレビで生放送されていて、チームメイトのみならず、相手選手なども悲しむ姿がしばしば映し出された。

死後編集

フェヘールを祈念して、ベンフィカはフェヘールが用いていた同クラブの背番号29番を永久欠番とした。また祖国ハンガリーに埋葬のため搬送されるまで、フェヘールの遺体はベンフィカのホームスタジアムであるエスタディオ・ダ・ルスに安置され、FCポルトのサッカーディレクターであったレイナルド・テレス、そしてジョゼ・モウリーニョを含む多くの人々が弔問に訪れた。

同年5月、全選手を含むベンフィカの代表団はハンガリーに渡り、フェヘールの両親に2004-05シーズンのリーガ・サグレスチャンピオンメダルを手渡した[4]

リスボン市内にて2010 FIFAワールドカップ欧州地区予選、ポルトガルハンガリー戦が行われる前日であった2009年10月9日、ハンガリー代表の関係者はエスタディオ・ダ・ルスを訪れ、フェヘールの胸像に花輪を捧げた[5]

ハンガリー代表におけるキャリア編集

1996年にU-21ハンガリー代表に選出されたことがあり、2000年まで同代表より招集を受けた。

1998年10月、UEFA EURO 2000予選 (対戦相手: アゼルバイジャン) でハンガリーA代表にデビューし、通算25試合に出場して7得点を挙げた。2000年10月11日には2002 FIFAワールドカップ予選グループリーグのリトアニアとの試合ではハットトリックを記録している (試合は6-1でハンガリーが勝利した) 。

個人成績編集

[6][7][8]

シーズン クラブ リーグ カップ 国際大会 合計
リーグ 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
1995–96 ジェールETO ネムゼティ・バイノクシャーグI 8 2 8 2
1996–97 29 8 29 8
1997–98 25 13 25 13
1998–99 ポルト プリメイラ・リーガ 5 0 2 0 1 0 8 0
1999–2000 5 1 1 0 2 0 8 1
1999–2000 ポルトB セグンダ・ディヴィゾン・ポルトゥゲーサ 4 1 4 1
1999–2000 サルゲイロス プリメイラ・リーガ 14 5 2 1 16 6
2000–01 ブラガ プリメイラ・リーガ 26 14 26 14
2001–02 ポルトB セグンダ・ディヴィゾン・ポルトゥゲーサ 3 1 3 1
2002–03 ベンフィカ プリメイラ・リーガ 17 4 1 0 18 4
2003–04 13 3 2 0 4 1 19 4
合計 ハンガリー 62 23 62 23
ポルトガル 87 29 8 1 7 1 102 31
通算 149 52 8 1 7 1 164 54

タイトル編集

クラブ編集

ポルト

ベンフィカ

個人編集

  • ハンガリー年間最優秀若手選手 : 1回 (1997)

脚注編集

  1. ^ Ashdown, John (2004年1月26日). “Benfica's Miklós Fehér dies after heart attack on pitch”. The Guardian. https://www.theguardian.com/football/2004/jan/26/newsstory.sport4 2008年9月16日閲覧。 
  2. ^ “Miklos Feher: Football remembers”. (2014年1月25日). https://www.fifa.com/world-match-centre/news/newsid/226/508/0/ 2016年3月6日閲覧。 
  3. ^ Feher death stuns football” (英語). UEFA (2004年1月26日). 2014年3月9日閲覧。
  4. ^ Benfica trip a tribute to Feher (英語) UEFA公式サイト 2005.5.31付ニュースリリース
  5. ^ Soccer-Hungary squad honours late striker Feher (英語) ロイター 2009.10.9付記事
  6. ^ フェヘール・ミクローシュ - ForaDeJogo  
  7. ^ フェヘール・ミクローシュ - Soccerwayによる個人成績
  8. ^ Miklos Fehér”. Footballdatabase. 2015年2月19日閲覧。
  9. ^ “Benfica vence Taça de Portugal (2–1)” (ポルトガル語). Público. (2004年5月16日). https://www.publico.pt/2004/05/16/desporto/noticia/benfica-vence-taca-de-portugal-21-1193962 2019年8月29日閲覧。 

外部リンク編集