メインメニューを開く

365GT4BB365GT4BB )は、イタリア自動車メーカーフェラーリ1973年から1981年にかけて製造販売したスポーツカーである。BBとはベルリネッタ・ボクサー(Berlinetta Boxer )の略で、「2ドアクーペ」「水平対向エンジン」を意味する。ただし実際のエンジンは水平対向ではなく180°のV型である。

フェラーリ・365GT4BB
Ferrari 365BB.jpg
Ferrari 365GT4BB front.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 1973年 - 1976年
設計統括 アンジェロ・ベレイ
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 4,390cc 180度V型12気筒
駆動方式 MR
最高出力 385PS
変速機 5速MT
全長 4,360mm
全幅 1,800mm
全高 1,120mm
ホイールベース 2,500mm
先代 356GTB/4
後継 512BB
-自動車のスペック表-

目次

概要編集

フロントエンジンだった365GTB/4(通称デイトナ)の次期モデルとして1969年3月に開発計画がスタートした。チーフエンジニアはアンジェロ・ベレイ、パワートレーンの設計はジュリアーノ・ディ・アンジェリス。

軽量化、空力的ボディーの設計、将来的なミッドシップ車輛量産ノウハウの蓄積を目的に開発が進められた。

1972年1月、25台限定で生産計画決定がされたがその後直ちに50台に増加された。1973年10月生産開始時にはすでに注文が250台を越えており、1974年用として150台の追加生産が決まった。さらに1975年1976年併せて131台が追加生産された。

軽量化により軽快な運動性能を得たが、リアオーバーハングの重量が大きいことや、エンジン搭載位置の関係(後述)で重心が高いことからハンドリングは良くない。また385 PS、最高速度302 km/hを公称したが実態はそれに遠く及ばず、福野礼一郎によるテストでは、最高速度は実測で280 km/hにすぎず、動力性能から逆算された最高出力も290 - 300 PS程度とみられる[1]

自動車排出ガス規制対策として排気量を600 cc拡大した512BBへとマイナーチェンジされる形で1976年7月に生産を終了した。総生産台数は387台。

エンジン編集

デイトナのV12をバンク角180°に広げ、トランスミッションの上に重ねた、イシゴニスレイアウトを採用していた。この基本形はテスタロッサの最終進化型となるF512Mまで使われたが、当モデルでクランクセンターが地上588 mmと非常に高く、レイアウト、パッケージも含めて非常に問題が多いものだった。

またこのモデルよりカムシャフトタイミングベルト駆動となった。これ以降しばらくの間、フェラーリのエンジンでは特殊な限定モデルを除き、全てタイミングベルト駆動が採用されたが、大排気量、高回転、高出力、大発熱量のエンジンではデメリットばかりが目立ってしまい、悪しき伝統となった。現在は456GTのエンジンを継承する612を除いてはチェーンドライブに回帰している。

ボディー編集

DEAセンター(現ピニンファリーナ)のコンピュータ計算による支援を受け、フェラーリとしては初めてオールスチールボディーを前提に設計されている。シャーシはそれまでのフェラーリに採用されて来た複雑なラダー構造ではなく、必要限度ぎりぎりまで単純化されている。

インテリア材、エアクリーナーケース、トランクルームFRPカウルアルミニウム合金とコスト上昇をいとわず軽量化され、DINで1,236 kgとなった。実測データでも1,247 kgである[2]

脚注編集

  1. ^ 『幻のスーパーカー』p.143
  2. ^ 『幻のスーパーカー』p.140

参考書籍編集