メインメニューを開く

512BBは、イタリア自動車メーカーフェラーリ1976年から製造販売したスポーツカーである。1981年に512BBiにマイナーチェンジされ、1984年テスタロッサにバトンタッチするかたちで生産を中止した。現行当時はフェラーリ生産車のフラグシップであった。日本国内でデビューした当時はスーパーカーブーム絶頂期で、ランボルギーニ・カウンタックと肩を並べて、当時の少年達に最も人気が高い自動車の一つとなった。

目次

512BB編集

概要編集

フェラーリ・512BB
512BB
512BBのエンジン
製造国   イタリア
販売期間 1976年 - 1981年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 4,942cc180度V型12気筒
駆動方式 MR
最高出力 360hp/6,800rpm
最大トルク 46.0kgf·m/4,600rpm
変速機 5速MT
全長 4,400mm
全幅 1,830mm
全高 1,120mm
ホイールベース 98.4in(2,500mm)
車両重量 3,084ポンド(1,515kg)
先代 365GT4BB
後継 512BBi
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

フェラーリ・365GT4BBの時代からランボルギーニ・カウンタックと「公道世界最速」の称号を競いあっていたが、排気ガス規制が訪れて特にこの種の車両には深刻な問題となった。その対策としてフェラーリ・365GT4BBの排気量を約600ccアップし4,942ccとしたマイナーチェンジ版である。また多用されていたFRPやマグネシウムのパーツをコストダウンのためスチールやアルミニウムに置換し120kg近く重くなった[1]

それまでフェラーリの慣習として1気筒あたりの排気量を車両名としていたが、この車両のネーミングは排気量5リットルでシリンダー数12を意味している。BBとはベルリネッタ・ボクサー(Berlinetta Boxer )の略で、「2ドアクーペ」「水平対向エンジン」を意味するが、実際にはエンジンは水平対向ではなく180のV型である。

929台が生産された。

エンジン編集

内径φ82mm×行程78mmで4,942cc、圧縮比9.2。4個のトリプル・チョークウェーバーキャブレター付き。ドライサンプの12気筒DOHCをミッドシップ縦置きで搭載した。水平対向エンジンとされるが、厳密には180度のバンク角を持つV型である。排気量増加に関わらず公称最高出力はフェラーリ・365GT4BBの380hp/7,200rpmから360hp/6,800pmへダウンし、低回転域での取り回しが多少扱いやすくなったが、公称最高速度は302km/hと変更がない。

エンジン下部に2層構造で5速MTが組み込まれている。

シャシ編集

角型断面の剛管スペース・フレームに、サスペンションは前後ともウィシュボーンとコイルで後輪には4本のコニ製ショックアブソーバの組み合わせ。4輪ベンチレーテッドディスクブレーキを装備。

ボディ編集

ピニンファリーナとスカリエッティの共同作品による流麗かつ低いスタイルで、ボディは鉄とアルミにFRPで構成された。フロントスポイラーと側面にNACAダクトが追加された。前部ボンネットフードに後部のエンジンフードはカウル式で、各々車体中央から外側に向かって側面のフェンダー部分も含めて一体で開閉する。前部ボンネット内にはごく少量の手荷物が収納できた。内装はこの時代としては豪華で、インパネやシートも本革仕様で2シーター。この時代のフェラーリは製造時期によって細かな仕様や部品が頻繁に変更されており、従って各車両によって機関や装備の仕様等が微妙に違う場合もある。英国向け等として右ハンドル仕様車も存在し、米国向け仕様は5マイルバンパーやサイドマーカーを装備しており、外観等の仕様も微妙に異なる。

512BBi編集

512BBi
512BBi
512BBiのエンジン
製造国   イタリア
販売期間 1981年 - 1984年
乗車定員 2名
ボディタイプ 2ドアクーペ
エンジン 4,942cc180度V型12気筒
駆動方式 MR
最高出力 340hp/6,000rpm
最大トルク 46.0kgf·m/4,200rpm
変速機 5速MT
先代 512BB
後継 テスタロッサ
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

1981年ボッシュKジェトロニックインジェクションを搭載した512BBiへマイナーチェンジされ、規制への対応で有利になるとともに始動性等の点で扱いやすくなった。トルクは46.0kgm/4,200rpmを発揮していたが、最高出力は公称340hp/6,000rpmに低下した。公称最高速度は280km/hとされた。1007台が生産された。

脚注編集