メインメニューを開く

フェラーリ・365GT4・2+2フェラーリ・400フェラーリ・412はいずれも、イタリアスポーツカーメーカー・フェラーリが生産した2+2座席グランツーリスモ。基本的に同じボディ・シャシ設計で1972年から1989年まで生産された。

フェラーリ・400
365GT4・2+2
Ferrari 365 GT4 2+2 in North London - 1974.jpg
400GT
Ferrari at Museo Nazionale dell'Automobile di Torino.jpg
製造国 イタリアの旗 イタリア
販売期間 1972年 - 1989年
デザイン ピニンファリーナ
乗車定員 4名
ボディタイプ 2ドア クーペ
エンジン V12 DOHC 4,390cc
340PS/6,800rpm
43.0kgm/4,600rpm(365GT4・2+2)[1]

V12 DOHC 4,823cc
340hp/6,500rpm(400)[2]

V12 DOHC 4,823cc
310PS/6,400rpm
40.0kgm/4,200rpm(400i)[3]

V12 DOHC 4,943cc
340PS/6,000rpm
46kgm/4,200rpm(412)[4]
駆動方式 FR
変速機 5速MT(365GT4・2+2)

5速MTまたは3速AT(400、400i、412)
サスペンション 前・後とも
独立 ダブルウィッシュボーン コイル
全長 4,810mm
全幅 1,800mm
全高 1,315mm
ホイールベース 2,700mm
車両重量 1,700kg
ブレーキシステム 前・後共
ディスク式
最高速 250km/h(365GT4・2+2)[5]

245km/h(400)[6]

240km/h(400i)[7]

255km/h(412)[8]
先代 365GTC/4
後継 456
-自動車のスペック表-
テンプレートを表示

365GT4・2+2編集

365GTB/4(デイトナ)のシャシを用いて作られた2+2バージョンは1971年に登場した365GTC/4になるはずであったが、そのスタイリングは不評で、デイトナの影に隠れた存在になってしまい、わずか2年間に500台が生産されたに過ぎなかった。そこで365GTC/4に代わる2+2モデルとして開発されたのが365GT/4・2+2で、フェラーリの中では実用性の高い豪華なGTカーとしての役割を担う存在である。

デザインは365GTC/4と同じく、フェラーリの慣例通りピニンファリーナが担当した。ファストバックだった365GTC/4とは対照的な、一見2ドアセダンのようなスタイルであったが、クリーンでエレガントなプロポーションを持ち、結果的に非常に長い商品寿命を保つことになった。

エンジンはデイトナと同じフェラーリ伝統の60度V型12気筒で、デイトナが365BBにバトンタッチしてからはフェラーリ唯一のV12フロントエンジン搭載車となった。V型12気筒4カムシャフト・6基のウェーバー製キャブレターによって、最高出力は340PS(デイトナは352PS)であった。

400GT/400オートマチック編集

1976年モデルより[注釈 1]排気量が4,823ccに拡大され、1気筒当たり排気量が400ccとなったので400に名称変更された。365GT4・2+2との外観上の大きな違いはテールランプが従来の6灯からやや大径で308と共通のイメージがある4灯になった点である。また、フェラーリとしては初めて3速ATゼネラルモーターズ製ターボ・ハイドラマティック400(TH400、THM400等と略されることが多い)が選択可能となり、販売台数の上でもAT仕様が多数派となった。このATはGMに限らず同時期の大出力車では多く採用されたものである。日本にはオートマチック仕様のみ輸入された。

400i編集

1979年秋にボッシュKジェトロニック型インジェクションが装着された400iに発展した。オートマチックトランスミッションとの相性が改善され、実用域での扱いやすさが改善し、排気ガスもよりクリーンになったが、最高出力が310PSに低下した。日本にはオートマチック仕様のみ輸入された。

412編集

1985年モデルでは[注釈 2]エンジンが再度、512BBと同じ 内径φ82mm×行程78mmの4,943ccまで拡大され、名称は1気筒当たりの排気量の増大に合わせて412に変更された。この排気量拡大に伴い最高出力は400GTと同じ340PSに回復した。またトランクスペースを嵩上げするため若干ながらボディ後端がハイデッキ化された。内装の意匠も400iから若干変更されており、より近代的な印象を受ける。また、ボッシュ製のABSが、フェラーリで初めて装備された。日本にはオートマチック仕様のみ輸入された。

1989年に生産は終了し1990年以降のカタログから消えたが、1992年に登場した全く新しい設計の456GTがその需要層を継承した。基本的に同じ設計で18年間も生き永らえたのは、エレガントなスタイリング、全面上質なレザー張りの豪華なインテリア、そしてデイトナの生産終了後フェラーリ唯一となったV型12気筒エンジンの魅力によるものであった。

特注/ワンオフモデル編集

4ドアモデル編集

アメリカの複数のコーチビルダーが4ドアモデルを製作した。

メーラS編集

サウジアラビアの王子の注文を受けて、1982年に400iを元にミケロッティで製作された特注モデル。当時同社に在籍していた日本人チーフデザイナーの内田盾男が内外装をデザインした。

注釈編集

  1. ^ 1976年モデルなら1975年秋発売だが『外国車ガイドブック'77』には365が掲載されている。p.174、p.208。ただ当時全く弱小市場だった日本での発売が遅れた可能性はある。『外国車ガイドブック1978』はp.172に400オートマチックが輸入されている旨記載があるのみ。
  2. ^ 1985年モデルなら1984年秋発売だが『外国車ガイドブック1985』には400iが掲載されている。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『外国車ガイドブック'76』p.215。
  2. ^ 『外国車ガイドブック'77』p.24。
  3. ^ 『外国車ガイドブック1981』p.220。
  4. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.210。
  5. ^ 『外国車ガイドブック'76』p.179。
  6. ^ 『外国車ガイドブック1978』p.172。
  7. ^ 『外国車ガイドブック1982』p.170。
  8. ^ 『外国車ガイドブック1986』p.156。

参考文献編集

フェラーリ ロードカータイムライン 1970年代-<- Previous  
タイプ 1970年代 1980年代 1990年代 2000年代 2010年代
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9
FR V12 365GTB/4 550マラネロ 575Mマラネロ 599GTBフィオラノ F12ベルリネッタ 812スーパーファスト
2+2 365GTC/4 365GT/4・2+2 400 400i 412 456 GT 456M GT 612スカリエッティ GTC4ルッソT
V8/コンバーチブル カリフォルニア カリフォルニアT ポルトフィーノ
MR V6/V8 ディーノ246 308 308QV 328 348 348G 360モデナ F430 458イタリア 488GTB F8トリブート
208 F355
2+2 ディーノGT4 モンディアル
V12 365GT4BB 512BB 512BBi テスタロッサ 512TR F512M
4WD/2+2 FF GTC4ルッソ
プラグインハイブリッド SF90ストラダーレ
スペチアーレ 288GTO F40 F50 エンツォフェラーリ ラ フェラーリ/アペルタ
XXプログラム FXX/Evo 599XX/Evo FXX K/Evo