メインメニューを開く

フェルナンド・ニコラス・オリバ

アルゼンチンのサッカー選手

フェルナンド・ニコラス・オリバ(Fernando Nicolas Oliva、1971年9月26日-)はアルゼンチン出身のサッカー選手。ポジションはFWMF。元アルゼンチンB代表。

オリバ Football pictogram.svg
名前
本名 フェルナンド・ニコラス・オリバ
愛称 オリバ
ラテン文字 Fernando Nicolas Oliva
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
生年月日 (1971-09-26) 1971年9月26日(48歳)
身長 180cm
体重 80kg
選手情報
ポジション FW/MF
利き足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

経歴編集

セントラル・コルドバから1996年清水エスパルスに入団。同じアルゼンチン人である当時のオズワルド・アルディレス監督は、オリバを即座にチームの主軸に据え、清水にとって初タイトルとなる同年のヤマザキナビスコカップ優勝に貢献。この決勝では3-3の激戦の中(2点目を入れたのはオリバ)、PK戦にまでもつれ込むが、優勝を決定付けた5人目のキッカーもオリバであった。中盤ならどこでもこなせるオールラウンドプレーヤーとのふれこみだったが、日本ではFW、攻撃的MFとしてプレーした。高い技術とアイデア溢れる独創的なプレー、さらには体躯を活かしたパワフルなプレーをも併せ持ち、清水の得点源として活躍を続け、1998年には21得点を記録するなど、清水史上最高の外国人選手という声もある[1]。2019年に公式戦1000試合出場を果たした遠藤保仁がその記録を記念して受けたインタビューにて、新人時代の1998年に対戦したオリバのプレーに衝撃を受けたと証言し「フィジカル、技術、選択肢のすべてが高いレベルで万能、ドリブルも多彩で予測できないかわされ方をした。とにかく上手くて何をしてくるか、何が得意なのか全く読めない選手だった」と述懐している[2]

1999年にいったん母国に戻るものの、翌年清水に復帰。しかしこの時期は清水の攻撃陣が安永聡太郎久保山由清らが台頭し固定されており、オリバの古傷である膝の状態も芳しくかったためトップフォームに遠く、2001年7月末をもって退団した。

所属クラブ編集

個人成績編集

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
1990-1991 インスティトゥートACコルドバ
1991-1992
1992-1993
1993-1994
1994-1995
1995-1996
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
1996 清水 - J 18 5
1997 8 22 13
1998 8 27 21
アルゼンチン リーグ戦 リーグ杯アルヘンティーナ杯 期間通算
1998-1999 タジェレス・デ・コルドバ 14 5
1999-2000 20 4
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2000 清水 12 J1 5 1
2001 5 0 0
通算 アルゼンチン
日本 J1 72 40
総通算

その他の公式戦

関連項目編集

脚注編集