メインメニューを開く

1997年のJリーグ

Jリーグ > 1997年のJリーグ

1997年Jリーグは、リーグ戦が4月12日に開幕、10月4日に日程を終了し、12月6日12月13日にチャンピオンシップを行った。リーグの優勝クラブは1stステージが鹿島アントラーズ、2ndステージがジュビロ磐田で、チャンピオンシップにより決定された年間総合優勝はジュビロ磐田

Jリーグ
シーズン 1997
優勝 ジュビロ磐田
ACC出場 ジュビロ磐田
試合数 272
ゴール数 898 (1試合平均3.3)
得点王 パトリック・エムボマG大阪・25得点)
最大差勝利ホーム試合
鹿島 7-0 名古屋(2nd第4節・8月9日)
最大差勝利アウェー試合
京都 0-6 磐田(1st第13節・7月5日)
最多得点試合
平塚 7-4 (2nd第1節・7月30日)
最多観客動員
38,707人 - 浦和 vs 広島(1st第3節・4月19日)
最少観客動員
2,245人 - 市原 vs 広島(1st第7節・5月7日)
平均観客動員 10,131人
1996
1998

目次

1997年シーズンのJリーグ参加クラブ編集

レギュレーション編集

この年は2年ぶりに2シーズン制に戻された。ただし、95年シーズンまでのステージごとのホーム・アンド・アウェー2回戦総当りではなく、1回戦総当たり(17節×2ステージ[注 1])(年間ではホーム・アンド・アウェー2回戦)が採用された。このためステージごとに見た場合、ホームでしか対戦しない相手、アウェーでしか対戦しない相手が発生した。その他、奇数チーム(17チーム)で施行されたため、各節につき1チーム試合がないクラブがあった。現状J1で奇数チームとなったのは1997年度が最初で最後。

リーグ戦の各試合は従前通り完全決着方式(前後半90分で決着が付かない場合、前後半15分ずつのVゴール方式による延長戦を行い、それでも決着が付かない場合はPK戦)を採用したが、前年の鹿島が「PK戦負け」の数の差で優勝したこともあり、勝ち点配分の見直しが行われた。見直しにより、90分勝ちが3、Vゴール勝ち2、PK勝ち1に改められ、負けはいずれの場合も勝ち点0になった。

また、この年より、各選手が付ける背番号が固定制となる。

リーグ戦の冠スポンサーは無くなったが、Jリーグチャンピオンシップについてはサントリーが冠スポンサーとなり、サントリー・チャンピオンシップの名称で開催された。

スケジュール編集

この年のリーグ戦は、1stステージが4月12日開幕・7月12日閉幕、2ndステージが7月30日開幕・10月4日閉幕と、4月から10月の約半年間で全34節[注 1]をこなす過密日程となった。これは、3月にW杯1次予選日本オマーンの「ダブルセントラル方式」)、11月に中立地開催の最終予選が予定されていたためであった。この影響でレギュラーシーズン最終節が10月4日に定められたが、これはレギュラーシーズンにおいて最も早い閉幕日である。

リーグ概要編集

前述の通り、W杯最終予選に配慮して日程を繰り上げたJリーグだが、皮肉にもその最終予選はホーム・アンド・アウェー方式に変更となった上にシーズン終盤の9月7日から始まったため、第2ステージでは日本代表抜きで戦う節が多数あった。このこともあり、2ndステージの観客動員数は9,651人と1万人を割り込み、年間の平均観客動員数も10,131人と過去最少の数値[注 2] となった。それでも、地域密着型の運営を行った鹿島や浦和は観客動員数を大きく落とすことなくシーズンを終えている[1]

また、この年からCS放送でのテレビ中継をジュピタープログラミング(現・ジュピターテレコム)が取得したが、当時ジュピターにはスポーツ専門放送が無かったため、代替処置として

リーグ戦結果編集

  • 以下の順位表において、勝利数・敗戦数はいずれも90分での勝利数・敗戦数を示す。

1stステージ編集

開催期間:4月12日 - 7月19日

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗 出場権または降格
1 鹿島アントラーズ 16 12 0 1 0 0 3 32 15 +17 37 チャンピオンシップに出場
2 横浜フリューゲルス 16 11 1 0 0 0 4 35 16 +19 35
3 柏レイソル 16 10 1 0 1 1 3 34 18 +16 32
4 ベルマーレ平塚 16 8 2 0 0 0 6 25 20 +5 28
5 横浜マリノス 16 7 3 1 0 0 5 31 31 0 28
6 ジュビロ磐田 16 8 1 0 0 3 4 32 21 +11 26
7 清水エスパルス 16 7 2 0 0 2 5 25 24 +1 25
8 ガンバ大阪 16 8 0 0 0 0 8 28 23 +5 24
9 浦和レッズ 16 6 1 1 0 0 8 25 24 +1 21
10 サンフレッチェ広島 16 6 1 1 0 2 6 22 23 −1 21
11 セレッソ大阪 16 6 0 1 1 2 6 21 26 −5 19
12 名古屋グランパスエイト 16 6 0 0 0 1 9 18 24 −6 18
13 京都パープルサンガ 16 6 0 0 1 1 8 19 32 −13 18
14 ヴィッセル神戸 16 5 1 0 0 2 8 24 34 −10 17
15 ジェフユナイテッド市原 16 3 2 0 0 0 11 21 34 −13 13
16 ヴェルディ川崎 16 2 2 0 2 1 9 16 27 −11 10
17 アビスパ福岡 16 3 0 0 0 2 11 11 27 −16 9

2ndステージ編集

開催期間:7月30日 - 10月4日

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗 出場権または降格
1 ジュビロ磐田 16 12 2 0 0 0 2 40 14 +26 40 チャンピオンシップに出場
2 ガンバ大阪 16 10 2 0 0 1 3 38 23 +15 34
3 横浜マリノス 16 8 4 0 0 0 4 42 28 +14 32
4 鹿島アントラーズ 16 9 2 0 0 1 4 46 23 +23 31
5 名古屋グランパスエイト 16 10 0 0 0 0 6 23 24 −1 30
6 清水エスパルス 16 9 1 0 0 3 3 27 16 +11 29
7 浦和レッズ 16 8 1 0 0 2 5 26 21 +5 26
8 セレッソ大阪 16 7 1 1 0 3 4 32 30 +2 24
9 ベルマーレ平塚 16 6 1 1 1 1 6 30 32 −2 21
10 柏レイソル 16 6 1 0 1 0 8 29 31 −2 20
11 横浜フリューゲルス 16 5 1 1 0 2 7 23 27 −4 18
12 ヴェルディ川崎 16 4 2 0 0 0 10 22 38 −16 16
13 サンフレッチェ広島 16 5 0 0 0 2 9 21 27 −6 15
14 ジェフユナイテッド市原 16 3 3 0 1 3 6 22 32 −10 15
15 アビスパ福岡 16 3 0 1 0 3 9 18 31 −13 10
16 京都パープルサンガ 16 3 0 0 1 2 10 21 38 −17 9
17 ヴィッセル神戸 16 1 2 0 0 0 13 19 44 −25 7

年間総合順位編集

上位2チームの順位はJリーグチャンピオンシップの結果により確定する。

チーム 延勝 PK勝 PK敗 延敗 出場権または降格
1or2 鹿島アントラーズ 32 21 2 1 0 1 7 78 38 +40 68 チャンピオンシップに出場
1or2 ジュビロ磐田 32 20 3 0 0 3 6 72 35 +37 66
3 横浜マリノス 32 15 7 1 0 0 9 73 59 +14 60
4 ガンバ大阪 32 18 2 0 0 1 11 66 46 +20 58
5 清水エスパルス 32 16 3 0 0 5 8 52 40 +12 54
6 横浜フリューゲルス 32 16 2 1 0 2 11 58 43 +15 53
7 柏レイソル 32 16 2 0 2 1 11 63 49 +14 52
8 ベルマーレ平塚 32 14 3 1 1 1 12 55 52 +3 49
9 名古屋グランパスエイト 32 16 0 0 0 1 15 41 48 −7 48
10 浦和レッズ 32 14 2 1 0 2 13 51 45 +6 47
11 セレッソ大阪 32 13 1 2 1 5 10 53 56 −3 43
12 サンフレッチェ広島 32 11 1 1 0 4 15 43 50 −7 36
13 ジェフユナイテッド市原 32 6 5 0 1 3 17 43 66 −23 28
14 京都パープルサンガ 32 9 0 0 2 3 18 40 70 −30 27
15 ヴェルディ川崎 32 6 4 0 2 1 19 38 65 −27 26
16 ヴィッセル神戸 32 6 3 0 0 2 21 43 78 −35 24
17 アビスパ福岡 32 6 0 1 0 5 20 29 58 −29 19

サントリーチャンピオンシップ編集

チャンピオンシップは2年ぶりであるが、この年はホームチームの決定を従来の「第1戦は第1ステージ優勝クラブ、第2戦は第2ステージ優勝クラブのそれぞれホームゲームとして行う」というやり方ではなく、抽選によりホームチームを決定する方式が取られた。

合計スコアが4-2となり、ジュビロ磐田が年間王者に決定。オリジナル10以外のクラブとして初めての年間優勝。

テレビ中継

表彰編集

受賞者
最優秀選手賞   ドゥンガジュビロ磐田
得点王   パトリック・エムボマガンバ大阪
新人王   柳沢敦鹿島アントラーズ
最優秀監督賞   ジョアン・カルロス(鹿島アントラーズ)
優勝監督賞   桑原隆(ジュビロ磐田)
優秀主審賞   岡田正義
優秀副審賞   廣嶋禎数
フェアプレー賞
高円宮杯
ヴィッセル神戸
フェアプレイ個人賞   永島昭浩(ヴィッセル神戸)

ベストイレブン編集

ポジション 選手名 受賞回数 所属クラブ
GK   大神友明 ジュビロ磐田
DF   相馬直樹 3 鹿島アントラーズ
DF   井原正巳 5 横浜マリノス
DF   秋田豊 鹿島アントラーズ
MF   ビスマルク 3 鹿島アントラーズ
MF   中田英寿 ベルマーレ平塚
MF   山口素弘 2 横浜フリューゲルス
MF   名波浩 2 ジュビロ磐田
MF   ドゥンガ ジュビロ磐田
FW   中山雅史 ジュビロ磐田
FW   エムボマ ガンバ大阪

得点ランキング編集

順位 選手 得点
1   パトリック・エムボマ(G大阪) 25
2   エジウソン(柏) 23
3   永島昭浩(神戸) 22
  マジーニョ(鹿島)
5   福田正博(浦和) 21
  フリオ・サリナス(横浜M)

記録編集

  • Jリーグ通算4,000ゴール
横山貴之(セレッソ大阪 1997年8月23日 - 2ndステージ第7節vsガンバ大阪・万博記念競技場

Jリーグ準会員編集

この他Honda FCを母体とした「浜松FC」が1997年6月に準会員に認められたが、運営会社やスタジアム整備などの諸問題のため同9月準会員資格返上
鳥栖フューチャーズは運営会社破たんにより1997年2月に準会員資格喪失。その後サガン鳥栖が後継チームとして結成されたが、当初は任意団体であったため準会員申請資格がなかった。ただし特例として1997年のJリーグカップにはフューチャーズの代替枠(事実上サガンがフューチャーズの継承チーム)の扱いで出場できた。
1997年のJFLの成績により1位・札幌のJリーグ入会が認められた。

脚注編集

注記編集

  1. ^ a b チーム数が奇数のため各チーム1節ずつ試合のない節があり、各チーム当たりでは「16試合×2ステージ=年間32試合」であった。
  2. ^ この数値は2014年シーズンまでのJ1通算でも最少の数値である。

出典編集

  1. ^ 大住良之 (1997年10月20日). “No.207 地域密着忘れた的外れなJ批判”. サッカーの話をしよう 大住良之オフィシャルサイト. 2015年1月6日閲覧。

関連項目編集