フォルクスワーゲン・CC

CC(シーシー)は、フォルクスワーゲンの乗用車パサートからの派生車種で、4ドアクーペ型の乗用車である。発売当初はパサートCCだったが、マイナーチェンジを機に世界統一でCCに変更された。

現在は、フォルクスワーゲン中国第一汽車の合弁企業である、一汽大众が製造、販売を行っている中国市場専用の4ドアクーペ型及びステーションワゴン型の乗用車である。

初代編集

初代(2008年-2017年)
 
前期型
 
後期型
 
インテリア
概要
別名 フォルクスワーゲン・パサートCC
製造国   ドイツ
  中華人民共和国
  ロシア
販売期間 2008 - 2017年
ボディ
乗車定員 5名
ボディタイプ 4ドアセダン
プラットフォーム フォルクスワーゲン・Bプラットフォーム
パワートレイン
エンジン 1.4/1.8/2.0L TSI I4
3.6L VR6
2.0L TDI I4
変速機 6速MT
6速AT
6/7速 DSG
車両寸法
ホイールベース 2,710mm
全長 4,800mm
全幅 1,860mm
全高 1,420mm
系譜
後継 フォルクスワーゲン・アルテオン
テンプレートを表示

2008年に発表され、同年中に欧州、北米、日本で発売された。販売台数の6割を担うことが期待されているアメリカ市場[1]、そして韓国市場においては、パサートの名前を外した「フォルクスワーゲン・CC」の名称で販売された。

同様の「4ドアクーペ」型乗用車としては、2004年に発売されたメルセデス・CLSが好評を得ており、後発であり安価なパサートCCは「廉価なCLS(Poorman's CLS)」であるとも揶揄される[2][3]

2013年モデルでは初の大がかりな改良を実施。フロントは近年のVWのトレンドに則った新デザインのグリルやバンパーが採用され、ヘッドライトをバイキセノン化。リアにはLEDを用いた新デザインのリヤコンビネーションレンズが配された。欧州仕様のエンジンはガソリンとターボディーゼル「TDI」の2種。前者は最大出力160PS、210PS、300PSと3種類の仕様が用意され、後者は最大出力140PSと170PSと2種類の仕様が用意される。

なおこのマイナーチェンジを機に、欧州や日本市場においても車名から「パサート」が外され、北米と同じ「フォルクスワーゲン・CC」を名乗ることになった。

日本での販売編集

2008年以降、日本市場における同社の最高額車種として販売されてきたが、2011年1月に同社SUVトゥアレグがフルモデルチェンジし、それに伴って追加された「ハイブリッド」が898万円に設定されていたため、最高額車種の座は譲った(パサートCCの上位グレード「V6 4MOTION」は625万円)。

2011年1月に一部改良が行われ、ユーザーのリクエストに応え5人乗りに変更。また2月に発売されたシャランや前述のトゥアレグに続き、ブレーキエネルギー回生システムを搭載。「V6 4MOTION」に標準装備されているフロントモニタリングシステム「Front Assist」には前方の障害物を検知して自動でブレーキを作動し、衝突を回避あるいは衝突ダメージを最低限にとどめるシティエマージェンシーブレーキ機能を追加した。また、「2.0TSI」ではエンジンの最高出力を11PS向上し、アルミホイールのデザインを変更。標準搭載のHDDナビゲーションをCDオーディオシステムに変更したため、車両本体価格が11万円引き下げとなる。さらに、「2.0TSI」専用オプションとして、「V6 4MOTION」に標準装備されている「Front Assist」などの先進のドライバー支援システムをひとまとめにした「テクノロジーパッケージ」を新たに設定した。

日本市場においては2011年に一旦販売を終了していたが、2012年7月24日にマイナーチェンジを行い、同時に「フォルクスワーゲンCC」に改名した。フロント・リアを水平基調のデザインに変更し、フロントポジショニングライトとテールライトにLEDを採用。シートはナパレザーを採用し、シートカラーは3色を設定。フロントガラスに遮音フィルムを内蔵し、ボディ随所に遮音材を追加することで優れた静粛性を確保した。全車で純正ナビゲーションが標準装備されたが、本車種に合わせたデザインとDSRC(ITSスポット対応システム)車載器を搭載し、SDメモリーカード経由による地図更新にも対応した新型の712SDCWに刷新された。エンジンは1.8L TSIエンジンにダウンサイジングされるとともにトランスミッションに7速DSGを採用。さらに、ブレーキエネルギー回生システムを採用したことで燃費が大幅に向上された。グレード体系は標準仕様の「1.8TSI」と前期型の「パサートCC」にも設定されていた「Front Assist」などの先進の安全装備を追加装備した「1.8TSI テクノロジーパッケージ」の2グレードとなった。また、初回車検までの法定・メーカー推奨点検部品、工賃が無償になる「Volkswagen ServicePLUS」が無償付帯される。

2014年4月1日に消費税増税及び材料費の高騰などによる輸送コストと輸送費の上昇を受けて価格改定が行われ、「TSI」は19.7万円、「TSI テクノロジーパッケージ」は20.7万円それぞれ値上げされた[4]

2代目(中国市場専用)2017年-編集

フォルクスワーゲン・CC
 
フェイスリフト後フロント
 
フェイスリフト後リア
概要
製造会社 中国第一汽車集団
製造期間 2017年-
製造国   中国
販売期間 2018年-
ボディ
乗車定員 5人
ボディタイプ

5ドアファストバックセダン

5ドアステーションワゴン
駆動方式 フルタイム4WD
車両寸法
ホイールベース 2,835mm
全長 4,865mm
全幅 1,875mm
全高 1,435mm
車両重量 1,700kg-1,720kg
その他
姉妹車 フォルクスワーゲン・アルテオン
テンプレートを表示

フラッグシップモデルとなる車種である。サッシュレスドアを持ち、いわゆる「ピラードハードトップ」に類する。

フェイスリフト(2021年)編集

シューティングブレーク編集

この改良で新たに投入されたステーションワゴンで、565L(後席を畳むと最大1632L)の荷室を備える[5]

車名編集

「CC」は、「Comfort Coupe」の意味である[6]

脚注編集

  1. ^ http://www.thetorquereport.com/2008/04/vw_expects_the_us_to_be_the_bi.html
  2. ^ http://www.motortrend.com/features/auto_news/2008/112_0801_2009_volkswagen_passat_cc_first_look/index.html
  3. ^ http://www.canadiandriver.com/2009/05/21/test-drive-2009-volkswagen-passat-cc-20t.htm?page=all
  4. ^ フォルクスワーゲン メーカー希望小売価格を改定 (PDF) - フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社 プレスリリース 2014年3月14日(2014年12月18日閲覧)
  5. ^ VW アルテオン に「シューティングブレーク」、予約受注を欧州で開始…価格は4万4387ユーロから” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2020年8月22日閲覧。
  6. ^ http://www.volkswagen.de/vwcms/master_public/virtualmaster/de3/modelle/passat_cc.html?csref=home-teaser-links-passat_cc