メインメニューを開く

フォーエバー!タカラヅカ』は宝塚歌劇団によって制作されたショー作品。形式名は「グランド・ショー[1]」。花組[1]公演。16場[1]。作・演出は小原弘稔[1]。併演作品[1]は『宝塚をどり讃歌'88』と『春ふたたび』。

目次

公演期間と公演場所編集

東京宝塚劇場公演はない

解説編集

※宝塚100年史の宝塚大劇場公演[2]参考。

黒燕尾の紳士によるダンス、白軍服の士官の歌、羽根扇の娘たちの歌と踊りで綴られる。前年・1987年の負傷から見事に復帰してトップスターになった大浦みずき。その魅力であるダンスを十二分に発揮させようと企画、日本国外の公演の試作でもあり、翌1989年に実施されたニューヨーク公演の作品の一つになった。アメリカ合衆国のロジャー・ミナミがプロローグなどの振り付けを担当。

スタッフ編集

主な配役編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak 80年史 1994, p. 330.
  2. ^ 100年史(舞台) 2014, p. 162.

参考文献編集

  • 企画・構成・執筆:橋本雅夫、編集統括:北川方英『夢を描いて華やかに -宝塚歌劇80年史-』宝塚歌劇団、1994年9月9日。ISBN 4-924333-11-5
  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3