メインメニューを開く

フタリシズカ(二人静、学名:Chloranthus serratus)は、センリョウ科の多年草。

フタリシズカ
Chloranthus serratus (200705).jpg
フタリシズカ(神奈川県丹沢山地・2007年5月)
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
: センリョウ目 Chloranthales
: センリョウ科 Chloranthaceae
: チャラン属 Chloranthus
: フタリシズカ C. serratus
学名
Chloranthus serratus
和名
フタリシズカ

特徴編集

沖縄を除く日本全国の山林の比較的暗い場所に分布する。高さは30~60cm。花期は4~6月。茎の先に数本(2本の場合が多い)の穂状花序を出し、小さな白い花をつける。花には花弁もなく、3個の雄しべが丸く子房を抱いている。花序は立っているが、果実ができると下に曲がる。夏頃(果実の成熟期)に閉鎖花をつける。

和名は、2本の花序を、能楽二人静」の静御前とその亡霊の舞姿にたとえたもの[1]ヒトリシズカと対を成す。ただし、花序は二とは限らず、3-4つく例もある。

参考文献編集

  1. ^ 岩槻秀明『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』秀和システム、2006年11月5日。ISBN 4-7980-1485-0 p.197