フランク・ギブニー

フランク・ブレイ・ギブニーFrank Bray Gibney1924年9月21日2006年4月9日)は、アメリカ合衆国ジャーナリスト編集者作家学者。彼は、第二次世界大戦中にアメリカ海軍にいる間に日本語を学び、その後日本に駐在した。東京のジャーナリストとして、彼は日本人についての人気のある本である『Five Gentlemen of Japan』を書き、そのヒューマニズムと戦争の苦しみを超越したことで歓迎された。さらに日本と東アジアについて6冊の本が出た。彼はまたヨーロッパ共産主義について書いた。ブリタニカ百科事典は、翻訳を指揮し、太平洋盆地研究所の創設者であった[1]

人生とキャリア編集

ペンシルベニア州スクラントンで生まれたギブニーは、ニューヨーク市で育った。レストラン経営者の息子である彼は、イェール大学への奨学金を授与され、討論に秀でていた。彼の教育は、第二次世界大戦によって中断されたが、1945年に不在の古典の学士号を授与された[2] [3]

海軍では、コロラド大学にあるエリート日本語学校で学んだ。その後、海軍情報局の将校として、パールハーバー近くのイロクォイポイントに駐屯した。そこで彼は、日本人捕虜とその中の将校に、彼の日本人を日常的に利用して尋問した。 1997年に彼はハワイで「私は日本人を知るようになった」と書いた。戦後、彼は「寿司屋での再会を通じて」囚人たちと連絡を取り合った。アメリカの職業のために、彼は日本に移された[4][5][6]。「私はダグラス・マッカーサー将軍の征服軍と困惑しているが受容的な日本の大衆との間の小さな人間の架け橋だった」 [7]

タイムの外国特派員であるギブニーは、東京支局長も務めた。彼は、ライフの論説委員だった。彼は、ニューズウィークでシニア編集者になった。彼の住居は東京に残り、そこから日本、韓国[8]、東南アジアをカバーしていたが、ヨーロッパにも派遣された[9] [10][11]。ジャーナリストとしての経験から、彼は一連の本を出版し始めた。その多くは日本人に関するものである。彼の最初の1953年、『Five Gentlemen of Japan』は、その異文化間の洞察で広く評価された[5][12]

1960年代初頭、ギブニーは2つの雑誌で短期間働いた。彼が辞任するまで、彼はShowBusinessIllustratedの編集者だった。その後、彼は芸術と文化に焦点を当てたその雑誌の発行者になった。その雑誌は、とりわけ、「グロリア・スタイネムによるプレイボーイバニーワールドの秘密の露出」のために記憶されている[13][14]

1966年から1976年まで、彼はブリタニカ百科事典で翻訳に携わり、編集委員会の副会長を務めた。ブリタニカ百科事典と東京放送システムの合弁会社の社長でもあった[15][5]。1976年、日本政府は「文化問題における彼の仕事に対して」、彼に旭日章、第3級を授与した。数年後、日本政府は再び彼の功績を瑞宝章第2級で祝った[16]

1979年、フランク・ギブニーは、カリフォルニア州サンタバーバラにパシフィックベイスンインスティテュートを設立し、20年以上にわたって社長を務めた。それは彼が教授でもあったポモナ・カレッジと提携していた。1997年に研究所はポモナキャンパスに移転した[17][5][18]

彼は、アカデミー賞を受賞したドキュメンタリー映画の監督兼プロデューサーであるアレックス・ギブニーの父である。フランク・ギブニーは、2007年に公開されたアフガニスタンのアメリカ軍についての映画である「闇」へについてのアレックスの物議を醸す映画でインタビューされている [19]もう一人の息子、ジェームズは、ニューヨーク・タイムズの編集者だった[20]

2006年4月9日、81歳のときに、フランク・ギブニーは、カリフォルニア州サンタバーバラ心不全で亡くなった[12][21]。彼は、34歳の時の3番目の妻である土井宏子と7人の子どもたちを残して先だった[22][23]

出版物編集

東アジアの本編集

ギブニーは10冊以上の本を書き、さらに数冊、東アジアについて約半分を共同執筆した。彼の日本に関する5冊には、文化的な文脈に置かれた日本の経済と商慣行について多くの議論がある。

「彼のデビュー小説『Five Gentlemen of Japan』 (1953年)は、ジャーナリスト、海軍士官、鉄鋼労働者、農民、そして昭和天皇の肖像画を通して戦時中の敵を人道的に描いた最初の本の1つだった。」 [5]それは「多くのアメリカ人に、危険で神秘的であると広く見なされていた国についての彼らの最初の本当の理解を与えた」。 「農民、元帝国海軍副提督、新聞記者、製鉄所長、昭和天皇のプロファイリングで、ギブニーは戦後の日本社会を垣間見ることができた。」 [24]

エリザベス・ヴィニングは、クエーカー教徒の学校教師であり、当時の昭和天皇の息子である天皇太子の元家庭教師だった。彼女は、ニューヨーク・タイムズの書評で、1953年の『Five Gentlemen of Japan』の本について、「鋭敏で注意深い分析」についてギブニーを称賛した。 「彼らの肖像画は同情と洞察力で描かれている。どれも似顔絵ではない」と彼女は書いています。これは、太平洋戦争で生み出された「映画やその他のプロパガンダとは非常に異なる」ものだった[25][26][27][28]

Japan: The Fragile Superpower』は、1975年の彼の本で、現代の商取引が実践されている方法の中に伝統的な日本がどのように生き残ったかを説明している。ギブニーは「アメリカと日本の文化とビジネスの伝統を対比させた」 [29]

彼の1982年の著書『MiraclebyDesign』は、経済活動における日本の労働倫理と全体的なチームスピリットを称えている。しかし、ある批評家は、ギブニーがその分野を知っており、「独創的でない権利を獲得した」ことを観察して、ここで日米の企業間のありふれた比較に注目している[30]

東アジアの台頭を取り上げた『The Pacific Century』は1992年に制作されたドキュメンタリー番組である。 19世紀半ばから、この地域の社会経済史を調査し、日本に焦点を当てている。公共放送サービスで同名の10部構成のシリーズに採用され、エミー賞を受賞し、著者を特集した[31]。フランク・ギブニーによって設立され主導されたパシフィック・ベイスン・インスティテュートは、PBSシリーズの共同プロデューサーだった。

ブリタニカ百科事典に在籍中、彼は中国語、朝鮮語、日本語への翻訳を指揮した。百科事典の日本語訳は1975年に登場した。 1986年の中国語版は、明らかに「中国で許可された最初の非マルクス主義参考書」だった。 [32] 10巻で6年間の努力だった。この版は、微妙なテーマを非常に用心深く扱った。 [33]

Korea's Quiet Revolution』(1992)では、韓国での長い個人的な経験から、経済成長と新たな民主主義について分析している[34][35]。この本では韓国の歴史の概説に続いて、朝鮮戦争(1950-1953)と、韓国(ROK)での1960年の短命で民主的な四月革命が続く。その後、朴正煕(1961-1979)の権威主義的統治下での漢江の奇跡について述べられた後、その焦点は民主主義のための闘争に戻り、韓国の盧泰愚大統領(1988-1993)までを取り上げている[36]。後の2つの章は、北朝鮮の政権に関するものである。付録には1950年、1954年、および1977年に発行された Gibney による3つの記事が示されている[37]

共産主義に関する本編集

共産主義下のポーランドに関する彼の1959年の本、 『The Frozen Revolution』は、1957年にギブニーがジャーナリストとしてポーランドを訪れたときに始まる。彼は1956年の「ポーランド10月革命」と呼ばれるものを調査するためにポーランドに行った [5]。それは、共産主義の支配の継続に対するソビエトの主張によって制限され、政府の半分成功した変革だった。ギブニーは、その結果が中央ヨーロッパとロシアの「帝国共産主義体制」をどのように真剣に破壊したかを示している[38][39]。彼はポーランドでの1950年代後半、共産党とヴワディスワフ・ゴムルカ、知的生活、カトリック教会、計画経済の問題について論じている。また、第二次世界大戦中の旧ドイツの土地、ポーランドのユダヤ人、ポーランドについても取り上げられている[40]

同じく1959年に出版された秘密の世界は、ソビエトの秘密警察について説明した。ギブニーは1954年にソビエトNKVDから亡命したピーター・デリアビンと共著した。デリアビンはその後CIAで働き、議会委員会の前で時折証言した。どうやら、この本はデリアビンの自伝、タイニー・ミールとして始まったようである[41]

ギブニーは、1961年の著書『The Khrushchev Pattern』で、1952年にスターリンが亡くなって以来のこのソビエト指導者の経歴を評価している。 「ギブニーは、フルシチョフが権力を握る前にアナテマと名付けられた国の新しいマディソンアベニュースタイルの「パブリックイメージ」を世界中で達成するという驚異的な広報トリックを成功させたことを認めている。」しかし、彼の「表面的に合理的な戦術」は、スターリンのように危険である。付録では、世界の国々の共産党の状況を振り返っている[42]

ギブニーは、『Penkovskiy Papers』(1965年)に実質的な解説を寄稿した。オレグ・ペンコフスキーは、 GRU (ソビエト軍事情報局)の大佐だった。この本は、ペンコフスキーによって以前にアメリカの諜報機関に提供され、分類されたロシア語のテキストの英語の翻訳に基づいている。それはソビエト諜報機関と彼らの貿易技術の内部者の見解を提示している。そのロシアの著者と情報源は、公表された裁判の後、1963年にソビエト政府によって処刑された[43]。この本とピーター・デリアビンとの共著は、 CIAから要求された資料を利用した[44]

彼の作品の評価編集

「フランクの驚くべきことは、彼が1950年代初頭に素晴らしい本を書き、50年経ってもまだ力強いことである。彼は歴史とビジネスと政治を研究することから来た深い視点を持っていて、それを大衆にうまく伝えることができた。フランクが持っていたのと同じエネルギー、明るい態度、ユーモアの組み合わせを持っている人は誰も知らない」とハーバード大学のエズラ・ヴォーゲル教授はコメントした。彼は、フランクの彼の長年の友人である[45]

参考文献編集

著作
  • Five Gentlemen of Japan: The Portrait of a Nation's Character (1953, reprint 2002)
  • The Frozen Revolution: Poland. A study in Communist decay (1959)
  • The Operators (1960) [about American white collar crime]
  • The Khrushchev Pattern. Coexistence and its working through international communism (1961)
  • Japan: The Fragile Super Power (1975, 3d ed. rev'd 1996)
  • Miracle By Design. The real reason behind Japan's economic success (1982)
  • The Pacific Century: America and Asia in a Changing World (1992)
  • Korea's Quiet Revolution: From Garrison State to Democracy (1992)
共著
  • Peter Deriabin and Frank Gibney, The Secret World (1959)
  • Oleg Penkovskiy with Frank Gibney, The Penkovskiy Papers (1965)
編集
  • Hiromichi Yahara, Battle for Okinawa (1973; English translation 1995) [46]
  • Frank Gibney, editor, Unlocking the Bureaucrat's Kingdom: Deregulating the Japanese Economy (1998).
  • Katsuichi Honda, The Nanjing massacre: a Japanese journalist confronts Japan's national shame (1999), M.E. Sharpe, ISBN 0765603357
  • Frank Gibney and Beth Cary, editors, Senso: The Japanese remember the Pacific War (2006). [47]

ノート編集

  1. ^ See text for notes to sources.
  2. ^ Woo in The Los Angeles Times.
  3. ^ Fox in The New York Times (Yale degree).
  4. ^ Woo in The Los Angeles Times (Gibney quote, sushi quote).
  5. ^ a b c d e f Bernstein in The Washington Post.
  6. ^ Cf. Gibney (1953) pp. 179-185: Gibney on disposition of Japanese POWs in general.
  7. ^ Woo in The Los Angese Times (quoting Gibney from years later).
  8. ^ Bernstein in The Washington Post. "Gibney was one of the first news correspondents in Korea when major conflict arose there in 1950."
  9. ^ Pacific Basin Institute, "About our Founder".
  10. ^ Woo in The Los Angeles Times
  11. ^ Fox in The New York Times (journalist).
  12. ^ a b Fox in The New York Times.
  13. ^ Woo in The Los Angeles Times (quote re Steinem). The SBI was started by Hugh Hefner, and Show by Huntington Hartford.
  14. ^ Bernstein in The Washington Post (Steinem).
  15. ^ Fox in The New York Times (Encyclopædia Britannica).
  16. ^ Woo in The Los Angeles Times (Japanese awards).
  17. ^ Pacific Basin Institute at Pomona College.
  18. ^ Fox at The New York Times (professor).
  19. ^ Taxi to the Dark Side (2007), at IMDb.
  20. ^ Woo in The Los Angeles Times (son James).
  21. ^ Posthumously, the Journal of American-East Asian Relations, which Gibney had helped to found, established the Frank Gibney Award for a graduate student essay in the field. Frank Gibney Award at Brill.
  22. ^ Bernstein of The Washington Post (survived by family).
  23. ^ Woo in The Los Angeles Times (survived by family).
  24. ^ Woo in The Los Angeles Times (two quotes about Five Gentlemen).
  25. ^ Bernstein in The Washington Post ("distinct" quote about Vining review).
  26. ^ Woo in The Los Angeles Times ("keen" and "portraits" quotes form Vining review).
  27. ^ Cf. Roberts' 1954 review in Foreign Affairs.
  28. ^ Halloran's 2002 review in The Japan Times. The young Gibney referred to his book as "Five Gents".
  29. ^ Bernstein at The Washington Post (quote re 1975 book).
  30. ^ 1982 book review at Kirkus Review (quote re Miracle).
  31. ^ Bernstein in The Washington Post. Regarding The Pacific Century: his son Alex Gibney wrote the TV text.
  32. ^ Woo in The Los Angeles Times (quote).
  33. ^ Fox in The New York Times (description, quotes).
  34. ^ Zagoria in Foreign Affairs (quote)./
  35. ^ Gibney, Korea's Quiet Revolution (1992). Gibney, e.g., was a Time magazine correspondent in Korea in 1950 (p. 159).
  36. ^ Zagoria in Foreign Affairs. Gibney puts "the phases of Korea's development in clear perspective." He properly accents its "newly stable democracy" which usually is overshadowed by its surging economy.
  37. ^ Gibney, Korea's Quiet Revolution (1992).
  38. ^ Gibney, The Frozen Revolution (1959), pp. xiv, 4-15 (1956 events).
  39. ^ 1959 book review in Kirkus Review.
  40. ^ Gibney, The Frozen Revolution (1959).
  41. ^ Vronskaya in The Independent. Deriabin was in the NKVD; the KGB was formed just after Deriabin's defection.
  42. ^ 1961 book review in Kirkus Review (quotes).
  43. ^ Oleg Penkovskiy, The Penkovskiy Papers. With an introduction and commentary by Frank Gibney (New York: Doubleday 1965). Following his general introduction, Gibney provides specific introductions to each of the ten chapters, and an epilogue, contributing well over a hundred pages in all. Peter Deriabin was the translator (pp. v-vi).
  44. ^ Bernstein in The Washington Post (CIA involvement).
  45. ^ Woo of The Los Angeles Times (quoting Prof. Vogel). Another observer is quoted, stating that Gibney was unique "because he never shied from criticizing Japan, even if his criticism ruffled feathers among Japanese government and corporate leaders, most of whom were his close personal friends."
  46. ^ Edited with an introduction and commentary by Frank Gibney.
  47. ^ Subtitle: "Letters to the Editor of the Asahi Shimbun.

外部リンク編集