フランシス・アンブリエール

フランシス・アンブリエールフランス語:Francis Ambriere1907年9月27日 - 1998年7月1日)は、フランスパリ出身の小説家[1]批評家[2]

1940年ゴンクール賞を受賞した代表作『長い休暇英語版』は、ナチス・ドイツのフランス侵攻によりドイツ軍捕虜となったアンブリエールが捕虜生活を的確に描いた作品である[1]

第二次世界大戦以前は同国の詩人ジョアシャン・デュ・ベレーに関する評論を著し、旅行叢書ギード・ブルーフランス語版の編集長として知られた[1][2]

脚注・参考文献編集

脚注編集

参考文献編集