メインメニューを開く

篠沢秀夫

篠沢 秀夫(しのざわ ひでお、1933年6月6日 - 2017年10月26日)は日本のフランス文学者学習院大学名誉教授東京都中央区銀座出身。血液型AB型。趣味は乗馬。

篠沢 秀夫
人物情報
生誕 1933年6月6日
日本の旗 日本東京府東京市京橋区(現・東京都中央区銀座界隈[1]
死没 (2017-10-26) 2017年10月26日(84歳没)
日本の旗 日本東京都文京区[2]
肺炎[2]
出身校 学習院大学文学部フランス文学科
東京大学大学院人文科学研究科
配偶者 篠沢礼子(妻)
学問
研究分野 フランス文学
称号 学習院大学名誉教授
主要な作品 #著書参照
テンプレートを表示

目次

経歴

学歴

職歴・受章

人物

最初の結婚は4歳年上の女性だった[4]。フランス留学中の1962年に自動車事故を起こして妻は失った。1975年に最初の妻の間に生まれた長男は部活動の合宿中に海におぼれて亡くなった[5]

2度目の結婚は1965年に学習院大学卒で、当時同大学の副手だった礼子[6]反共主義的文化人で保守の論客の一人であり[7]、かつて「THE・サンデー」では毎週のように日本社会党を批判していた[要出典]。また、2004年8月より日本文化チャンネル桜スカイパーフェクTV!767ch)の番組「桜塾講座-篠沢講座」では講師としてレギュラー出演し、「仏文化と日本文化」の共通性等について解説した

映画「南京の真実」の賛同者[8]

2006年6月、「新しい歴史教科書をつくる会」から八木秀次が袂を分って設立した「日本教育再生機構」に参加。発起人[7]。2007年に、アメリカ合衆国下院121号決議がなされたとき、「慰安婦問題などなく、売春組織と売春婦が存在しただけ」という日本文化チャンネル桜主導の抗議書の賛同者として名前を連ねた[9]。一時期黒須英治を総督とする日本平和神軍に幹部として在籍していた[要出典]三島由紀夫を追悼する憂国忌の発起人になっている[10]

大学生時代から俳優の児玉清と親交が深く、元々は自分も役者志望だったことがあった。しかし児玉に比べて自分は見劣りし、ブロマイドが売れないとして役者にはなれないと思い、学者になったと言う[11]

クイズダービー

クイズダービー」では、4ヶ月で降板した和久峻三の後を継いで登板し、1977年10月8日(第92回)から1988年7月30日(第651回)まで11年に亘り、4代目1枠レギュラーの解答者として活躍し、一躍有名人の仲間入りを果たした。番組内での愛称は「教授」。 篠沢の正解率は、3割2分7厘(平均正答数約2.6問)となっている。珍回答も多く、三択問題以外の自分で回答を考える問題ではしばしばとてつもなく外した答えを書き、しかも自信満々に笑顔で説明するため、説明を受けた司会の大橋巨泉は呆れていた。大橋巨泉にからかわれても、篠沢は「愉快ですね」と笑い飛ばして、たちまち人気者になった。篠沢は、「3割程度の正解率が上品」と語っていた[12]。オッズは常に高めに設定(2枠回答者の次)されており、持ち点が少なくなった出場者が篠沢に賭けたり、賭けて失敗するケースも多く存在した。これを象徴する番組内の名文句として「篠沢教授に全部!」が有名である。

篠沢のみ不正解でその他4人が正解という例は度々見受けられたが、稀にその逆もあった(例:「中国の皇帝の食器を好んで用いたのは?」という問題で、「を見破るため」と書いて正解を出した)。また1986年秋公開のアニメ映画「扉を開けて」では大学教授の声優を努めた。

クイズダービー出演の話を引き受けた理由として、この2年前の1975年に海の事故で長男を亡くしたことで当時悶々とした日々を過ごしていたことで、気分転換したかったことがあったからという[11]。また、自分はクイズが出来ないが、それでもいいということを見せたくて出演したという考えもあったという[11]

病気と闘病生活

1992年大腸癌を患い手術入院するも良好に回復し経過もよく、仕事も続けていた。しかし2008年ごろから、ろれつが回らず、2009年1月に検査入院後、筋萎縮性側索硬化症(ALS)と診断され、同年2月より闘病中であることを週刊朝日(2010年1月15日号)に告白。同年4月からは気管切開を行い呼吸器を付けていた[13]。夜間の介護が必要となり、家族への負担が増したことから、2010年1月に夫人が介護保険以外に障害者自立支援法で定められたサービスを自宅がある新宿区役所に申請したところ、65歳以上であることを理由に却下された[13][14]

新宿区側の対応は、「65歳以上は、障害給付の新規は受け付けない」との内規に基づいていた[13][14]。この内規は障害給付の対象を限定する目的で2009年10月から設定・運用されていたが、障害者自立支援法の趣旨に反するものだった[13]。新宿区は内規を廃止し、担当職員の対応も不適切だったとして、当時の区長・中山弘子が篠沢側に謝罪した[13]

2011年6月より、講演活動を再開。ここでは、日本文化チャンネル桜「桜塾講座-篠沢講座」[15] から抽出の 約15分の講演音声から作った、自身の声を再現する音声合成装置、自分の声ソフトウェアPOLLUXSTARを用いていた。

2015年ごろからALSの症状が進行し、意思表示をすることができなくなっていたが、問いかけると瞬きや表情の変化はあったという[16]

2016年8月ごろからALSの影響による肺炎で入退院を繰り返しており、2017年6月に4度目の入院。一時は回復の兆しを見せたものの、10月に入り容態が急変。腎機能にも障害が出ていたという[17]。同年10月26日午前1時49分、東京都文京区東京大学医学部附属病院で死去。84歳没[16][17][18][19]

共著

  • 『ランボーによるエチュード』ソランジュ・ナイトー共著、朝日出版社、1973年4月
  • 『フランス成句の宝庫 成句に見るフランス文明』ティエリ・マレ共著、総合法令出版、2001年10月
  • 『フランス語の常識 日常表現は文化の鏡』ティエリー・マレ共著、白水社、2003年5月

翻訳

  • 『神のあわれみ』 ジャン・コー 白水社、1964 
  • 『性関係の歴史』アンドレ・モラリーダニノス 白水社・文庫クセジュ、1966年、のち新版
  • 『愛の妖精』ジョルジュ・サンド、旺文社文庫、1966年、新版1990年。中公文庫、2005年
  • 『女中たち』 ジャン・ジュネ 今日のフランス演劇 白水社、1966年
  • 『モリソンにバラを』 クリスチアヌ・ロシュフォール 白水社、1967年
  • 『神話作用』ロラン・バルト、現代思潮社、1967年
  • 『ベケットー神の名誉』ジャン・アヌイ 今日のフランス演劇 白水社、1967年
  • 『ごあいさつ・新しい下宿人・絵 イヨネスコ戯曲全集 第1-2』白水社、1969年 
  • 『ことばの小形而上学』ブリス・パラン みすず書房、1973年
  • 『至高者』モーリス・ブランショ、現代思潮社、1973年
  • 『ランボーによるエチュード』ソランジュ・ナイトー共著 朝日出版社、1973年
  • 『ロラン・バルト』G.ド・マラク、 M.エバーバック、青土社、1974年
  • 『バシュラールの思想』ピエール・キエ、大修館書店、1976年
  • 『王子オレッグ故郷に帰る』ジャンークロード・ブリスビル、集英社、1982年
  • 『問題親をもつ子どもの本』フランソワーズ・ドルトー、ジャンヌ・ヴァンデンブルック、万代敬三共訳、白水社、1984年
  • 『地獄での一季節』アルチュール・ランボー訳・注解・本文校訂、大修館書店、1989年 ISBN 4469250384
  • 『精霊の息吹く丘』モーリス・バレス、中央公論新社、2007年
  • 『謎のトマ』ブランショ 中央公論新社、2012年

テレビ出演

CM

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ a b 週刊新潮2017年11月9号神帰月増大号 P113
  2. ^ a b “クイズダービーの人気“教授”篠沢秀夫さん死去”. TBSテレビ. (2017年10月26日). http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3194676.html 2017年10月26日閲覧。 
  3. ^ 2016年2月28日日曜日 新潮45 3月号「江藤淳は甦る」八(平山周吉著)に 日比谷高校時代の主人が登場します。BY 篠沢礼子 篠沢教授ブログ
  4. ^ 蜉蝣のカゾク
  5. ^ 朝日新聞ホームページ(2017年10月26日)
  6. ^ しまじろうのお悩み解決ブログ
  7. ^ a b 『クイズダービー』共演の竹下景子、篠沢秀夫さん死去に「豪快な人でした」 (2/2)”. 夕刊フジ (2017年10月27日). 2017年11月11日閲覧。
  8. ^ 映画「南京の真実」第三部「支那事変と中国共産党」 上映会主催者 募集!”. 日本文化チャンネル桜 (2017年3月9日). 2017年11月11日閲覧。
  9. ^ 賛同文化人・ジャーナリスト一覧”. 日本文化チャンネル桜. 2017年11月11日閲覧。
  10. ^ 憂国忌40 2010
  11. ^ a b c 篠沢教授 クイズダービー出演は長男の死の「気分転換」だった”. デイリースポーツ (2017年11月6日). 2017年11月11日閲覧。
  12. ^ 2015年5月25日『産経新聞』朝刊 「産経抄」
  13. ^ a b c d e “新宿区、篠沢氏の障害給付断る 「65歳以上」を理由に”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年2月3日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010020301000720.html 2012年8月28日閲覧。 
  14. ^ a b “篠沢教授に新宿区謝罪 サービス申請却下で”. 日テレNEWS24. (2010年2月3日). http://www.news24.jp/articles/2010/02/03/07152864.html 2012年8月28日閲覧。 
  15. ^ 「仏文化と日本文化」#110 日仏回遊文明論(60) 郷土愛から祖国愛へ プロヴァンス地方(3)
  16. ^ a b 篠沢教授が死去、「クイズダービー」3代目「1枠」解答者で11年間出演”. スポーツ報知. 報知新聞社 (20171026). 2017年11月19日閲覧。
  17. ^ a b 篠沢教授逝く「クイズダービー」出演は学歴社会に一石投じるため - スポーツニッポン 2017年10月27日
  18. ^ “篠沢秀夫さん84歳 「クイズダービー」で活躍”. 毎日新聞. (2017年10月26日). https://mainichi.jp/articles/20171026/k00/00e/040/217000c 2017年10月26日閲覧。 
  19. ^ “篠沢秀夫さん死去 『クイズダービー』共演の宮崎美子が追悼「お茶目な姿も思い出します」”. ORICON NEWS. (2017年10月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2099613/full/ 2017年10月27日閲覧。 

参考文献

  • 三島由紀夫研究会編 『「憂国忌」の四十年――三島由紀夫氏追悼の記録と証言』 並木書房、2010年10月ISBN 978-4890632626 

外部リンク