メインメニューを開く

フランシス・レイ(フランシス・レ)(Francis Lai、1932年4月26日 - 2018年11月7日(死去判明日であり正確な逝去日は不明)[1])は、フランスニース出身の作曲家。イタリア系のフランス人。少年期からアコーディオンなどを奏でていた。16歳の時、ニースからパリに上京し、テルトル広場界隈にいた。のちアコーディオン奏者から作曲家に転身。フランスの香り漂うシャンソン風な哀愁を感じさせるメロディーに特徴があり、日本でも親しまれた。

多くの映画音楽作曲。特にクロード・ルルーシュ監督とのコンビによる作品は良く知られている[1]。また、『恋人たちのメロディー』愛と哀しみのボレロ』『流れ者』では出演もしている。[要出典]1970年アカデミー作曲賞受賞(『ある愛の詩』)。

大の飛行機嫌いで、海外公演が少ない事でも知られている。

2018年11月7日、フランスのメディアによって逝去が報道された。ただし正確な逝去日や死因については不明である[1]

音楽家として手がけた主な映画作品編集

ディスコグラフィー(日本発売分)編集

シングル編集

  1. 白い恋人たち(1968.10.1)
  2. 愛のレッスン(1969.3.25)
  3. 脱走山脈(1969)
  4. 雨の訪問者(1970.3.25)
  5. さらば夏の日(1970.7.1)
  6. ある愛の詩(1971.1.25)
  7. 流れ者のテーマ(1971.2.1)

アルバム編集

  1. ダブル・デラックス(1971.2.10)
  2. フランシス・レイ・プレイズ…(1971.4.1)
  3. MAX20(1971.5.10)
  4. ザ・ベスト・フランシス・レイ(1971.9.10)

フランシス・レイが題名及び歌詞に出てくる楽曲編集

出典編集

外部リンク編集