メインメニューを開く

男と女の詩』(おとことおんなのうた、La bonne année)は1973年フランスイタリア合作の恋愛映画

男と女の詩
La bonne année
監督 クロード・ルルーシュ
脚本 クロード・ルルーシュ
ピエール・ユイッテルヘーベン
原案 クロード・ルルーシュ
製作 クロード・ルルーシュ[1]
出演者 リノ・ヴァンチュラ
フランソワーズ・ファビアン
音楽 フランシス・レイ
撮影 ジャン・コロン[2]
クロード・ルルーシュ[3]
編集 ジョルジュ・クロッツ
製作会社 Les Films 13
Rizzoli Film
配給 フランスの旗 Les Films 13
日本の旗 東和
公開 フランスの旗 1973年4月13日
日本の旗 1974年3月16日
上映時間 115分
製作国 フランスの旗 フランス
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語
テンプレートを表示

1987年にハリウッドで『恋する大泥棒』(監督:ジョン・G・アヴィルドセン、主演:ピーター・フォーク)としてリメイクされている。

目次

ストーリー編集

宝石店に強盗に入った罪で6年間収監されていたシモンが新年の特赦で釈放される。しかし、それはシモンの共犯者と盗まれた宝石の行方を追うための警察の罠だった。そんな警察の思惑を見抜いていたシモンは尾行をかわして恋人フランソワーズに会いに行く。フランソワーズは不在だったが、彼女に既に新しい恋人がいることを知ったシモンは、馴染みの店に行き、フランソワーズとの出会いを思い出す。

6年前、シモンは相棒のシャルロと宝石店を狙った強盗計画を立てていた。緻密且つ周到な準備を進める中、シモンは宝石店の隣にある骨董屋の女主人フランソワーズに一目惚れする。そして彼女が欲しがっていたルイ16世のテーブルを手に入れ、彼女の店に持ち込むことで彼女に近づいたシモンは、ますます彼女に惹かれて行く。一方のフランソワーズも身近にいる男たちとは違うシモンに徐々に惹かれて行き、遂に2人は結ばれる。しかし、翌朝、強盗計画の決行日を迎えたシモンはフランソワーズに別れを告げる。

計画通りにシャルロが宝石などを持ち出すことに成功するものの、最後の最後でシモンが宝石店からの脱出に失敗して呆気なく捕まってしまう。シモンが連行される姿をフランソワーズは驚きをもって見送る。その後、フランソワーズは収監されたシモンに面会して社会の動きを伝えるなどして、6年が過ぎる。

シモンはシャルロから金を受け取ると、南米に発とうとするが、その直前になってフランソワーズに電話する。そのころフランソワーズは新しい恋人とベッドの中にいたが、シモンの予想に反し、すぐに会いに来て欲しいと言う。フランソワーズは慌てて部屋を片付ける。しばらくしてシモンがやって来る。フランソワーズはシモンを強く抱きしめ、温かく迎え入れる。ところが、シモンの様子から全てを察したフランソワーズは「死なないため。これが私の待ち方」と告げる。そんな彼女をじっと見つめるシモンは「新年おめでとう。コーヒーを」とだけ言うと、苦笑いを浮かべて目を伏せる。

キャスト編集

参考文献編集

  1. ^ 男と女の詩”. WOWOW. 2013年6月22日閲覧。
  2. ^ 映画 男と女の詩”. allcinema. 2013年6月22日閲覧。
  3. ^ a b クレジットなし。La bonne année (1973) - Full cast and crew” (英語). IMDb. 2013年6月22日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集