フランソワ・デュペイロン

フランソワ・デュペイロンFrançois Dupeyron1950年8月14日 - 2016年2月25日)は、フランス映画監督脚本家

フランソワ・デュペイロン
François Dupeyron
François Dupeyron
2013年
生年月日 (1950-08-14) 1950年8月14日
没年月日 (2016-02-25) 2016年2月25日(65歳没)
出生地 ランド県タルタ[1]
国籍 フランスの旗 フランス
職業 映画監督脚本家
テンプレートを表示

来歴編集

IDHECを卒業後、20代のときから短編映画の製作を始める。1978年の短編映画『L'ornière』でセザール賞初候補、1984年の短編ドキュメンタリー『La nuit du hibou』では同賞の受賞も果たすなど、ドキュメンタリー作家として頭角を現す[1]

1988年カトリーヌ・ドヌーヴジェラール・ドパルデューの二大スターを主演に迎え、『夜のめぐりあい』で長編映画監督デビュー。この作品でセザール賞の第一回監督作品賞の候補となる。同年に撮った短編映画で2度目のセザール賞も受賞している。

1999年の『うつくしい人生』ではサン・セバスチャン国際映画祭のコンペティション部門最高賞にあたるゴールデン・シェルを受賞。同映画祭ではこれ以後も『Inguélézi』『魂を治す男』の2作品を出品している。

2001年の『将校たちの部屋』で初めてカンヌ国際映画祭のコンペディションに選出。この作品はフランス国内で70万人を動員し、デュペイロン最大の興行的ヒット作となった[2][3]。セザール賞でも作品賞・監督賞の候補を受け、名実ともに代表作となっている。全8部門の候補の内、助演女優賞と撮影賞の2部門にて受賞した。

第60回ヴェネツィア国際映画祭でプレミア上映された2003年の『イブラヒムおじさんとコーランの花たち』は、往年の名優オマー・シャリフを主演に迎え世界20ヶ国以上で劇場公開[4]、シャリフはこの作品でセザール賞を受賞し、アメリカのゴールデン・グローブ賞やスペインのゴヤ賞とフランス国外の映画賞でも候補となった。

2008年の『がんばればいいこともある』は東京国際映画祭のコンペティション部門に出品し芸術貢献賞を受賞[5]2013年には遺作となる『魂を治す男』を発表し、同映画祭で上映された際のQ&Aでは「この作品で引退する」と述べていた[6]

2016年、長年の闘病生活の末、死去。享年65[7]

監督作品編集

長編編集

短編編集

  • La télédiction, un nouveau regard sur la terre (1977) ドキュメンタリー
  • L'ornière (1978) 
  • La dragonne (1982) 
  • On est toujours trop bonne (1982)
  • La nuit du hibou (1984) ドキュメンタリー
  • Oasis sous la mer (1985) ドキュメンタリー 
  • Lamento (1988) 

舞台演出編集

脚注編集

  1. ^ a b 仏映画監督F・デュペイロン氏死去”. フランスで暮らす日本人のためのフリーペーパー「ニュースダイジェスト」(Googleキャッシュ). 19 Match 2016閲覧。
  2. ^ C’est quoi la mort, François Dupeyron? (1950-2016)”. 19 Match 2016閲覧。
  3. ^ La Chambre des officiers (2001)- JPBox-Office”. 19 Match 2016閲覧。
  4. ^ Monsieur Ibrahim et les fleurs du Coran (2003) Release Info”. IMDb. 19 Match 2016閲覧。
  5. ^ 同映画祭では主演のフェリシテ・ウワシーも女優賞を受賞し2部門を獲得。また、本国フランスでもジャーナリスト選出によるリミュエール賞にて監督賞を受賞した。
  6. ^ 「この映画が最後の作品になるかもしれない。」-10/18(金)ワールド・フォーカス部門『魂を治す男』:Q&A”. 第26回東京国際映画祭. 19 Match 2016閲覧。
  7. ^ Mort de François Dupeyron, réalisateur de « La Chambre des officiers »”. Le Monde. 19 Match 2016閲覧。
  8. ^ 当作を撮影中のクロード・ベリが急逝したため、監督を引き継いだ。

外部リンク編集