フレッド・トンプソン

フレッド・ダルトン・トンプソンFred Dalton Thompson, 1942年8月19日 - 2015年11月1日)はアラバマ州シェフィールド出身のアメリカ合衆国弁護士ロビイスト俳優である。

フレッド・トンプソン
Fred Thompson.jpg
アメリカ合衆国上院議員
テネシー州選出
任期
1994年12月2日 – 2003年1月3日
前任者 ハーラン・マシューズ
後任者 ラマー・アレクサンダー
上院政府問題委員会委員長
任期
1997年1月7日 – 2001年1月3日
前任者 テッド・スティーヴンス
後任者 ジョー・リーバーマン
任期
2001年1月20日 – 2001年6月6日
前任者 ジョー・リーバーマン
後任者 ジョー・リーバーマン
個人情報
生誕 Freddie Dalton Thompson
(1942-08-19) 1942年8月19日
アラバマ州シェフィールド
政党 共和党
配偶者 (1) サラ・エリザベス・リンゼイ(ネストリック), 1959 - 1985; 離婚
(2) ジェリ・カーン, 2002 - 現在
住居 バージニア州マクリーン
出身校 メンフィス大学, ヴァンダービルト大学
専業 上院議員, 俳優, 弁護士, ロビイスト
宗教 Church of Christ

多くのテレビ・映画作品にも出演し、特に俳優としてのキャリアでは、『LAW & ORDER』のアーサー・ブランチ地方検事や、『ダイ・ハード2』の空港の管制部長のトルドー役が有名。同じく俳優出身のロナルド・レーガンの再来のイメージがあるとして保守派から人気が高いアメリカ大統領候補の1人だった。

目次

略歴編集

生い立ち編集

アラバマ州シェフィールド出身。フローレンス州立大学(現在のUniversity of North Alabama)に入学[1]した後メンフィス大学に移り、哲学と政治学の2つの学位を得る。その後奨学金を得てVanderbilt University Law Schoolで学んだ[1]

弁護士として編集

1969年から1972年まで検事補として働く[2]

1980年代にはナッシュビルやワシントンDCの弁護士事務所に勤める[3]

俳優として編集

政治家として編集

テネシー州選出の前共和党員上院議員である。現在、バージニア州マクリーンMcLean)在住。

新聞では「元俳優」の大統領候補として紹介されるが、9年間(1994-2003)に渡り上院議員を務め、上院政府活動委員会(かってはヘンリー・ジャクソンが委員長として活躍した)委員長であったベテラン政治家である。また上院ウォーターゲート特別調査委員会の副事務局長として、多くの証人に(同じ共和党員であるにもかかわらず)公平かつ穏やかだが核心を突いた質問をしたことで国民の印象に残る国民的英雄である。ロビイストとして、トヨタ自動車などの代理人であったため、大統領にふさわしいかどうか議論の的になっている。

1967年、バンダービルト大学から法学博士号(J.D.)を取得。1973年に、ハワード・ベーカー上院議員(後に駐日大使)の選挙責任者をした関係から、ウォーターゲート特別調査委員会のベーカー副委員長の補佐役として副事務局長(共和党側スタッフ代表)として、調査の指揮を執る。バターフィールド大統領副補佐官から大統領執務室の録音システムを公の場で聞き出したのは彼である。この場面で彼は米国民に永久に記憶されることとなる(実際にはボブ・ウッドワード記者から情報を聞き、非公開の予備審問で確証をつかんだのがトンプソンの部下のスタッフだったため)。

彼は外交問題評議会CFR)会員であり、アメリカン・エンタープライズ公共政策問題研究所AEI)の国家安全保障と情報を専門とする客員研究員である。『ABCニュース・ラジオ』のための特別番組司会者であり上級アナリストでもある。彼は、ABCラジオウェブサイト上で毎日のブログとポッドキャストを発表する。

彼は、1993年に映画化された『ボーン・イエスタデイ』(Born Yesterday)において、現実の彼の上院議員選挙の前に米国の上院議員役をするなど、しばしば政府の役人を演じた。アメリカ上院任期の最後の年である2002年にはNBCのテレビ・シリーズ『LAW & ORDER』に、地方検事アーサー・ブランチ(Arthur Branch)役で出演。2007年5月30日、潜在的な大統領選への出馬の可能性に備え、彼は番組から降板したいと発言した。

2007年6月1日、トンプソンは2008年の大統領選挙運動のための検討委員会をつくった。2007年6月ラスムッセンの調査では、リベラル傾向の強いルドルフ・ジュリアーニらを追い越し、共和党候補のトップに立った。2007年9月6日、大統領選への出馬を正式に表明。南部諸州の保守本流派を中心に支持を広げていたが、2008年1月22日、選挙戦から撤退。

2015年11月1日、リンパ腫のためテネシー州ナッシュビルにて逝去。73歳没[4]

主な出演作品編集

映画編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1987 追いつめられて
No Way Out
マーシャル
1988 マドンナ★コップ
Feds
ビル
1989 シャドー・メーカーズ
Fat Man and Little Boy
メルローズ・ハイドン・バリー
1990 レッド・オクトーバーを追え!
The Hunt for Red October
Admiral Painter
デイズ・オブ・サンダー
Days of Thunder
ビッグ・ジョン
ダイ・ハード2
Die Hard 2
トルーデュー
1991 イントルーダー 怒りの翼
Flight of the Intruder
Court-Martial Captain クレジットなし
訴訟
Class Action
Dr. Getchell
スーパー・タッチダウン
Necessary Roughness
カーヴァー・パーセル
カーリー・スー
Curly Sue
バーナード
ケープ・フィアー
Cape Fear
トム・ブロードベント
1992 エイセス/大空の誓い
Aces: Iron Eagle III
ストックマン
ベッド・オブ・ライズ/妻の告白
Bed of Lies
リチャード・ハインズ テレビ映画
サンダーハート
Thunderheart
ウィリアム
ホワイト・サンズ
White Sands
武器商人 クレジットなし
イライジャ・ウッドのデーオ
Day-O
フランク テレビ映画
1993 企業買収/250億ドルの賭け
Barbarians at the Gate
ジム・ロビンソン テレビ映画
ボーン・イエスタデイ
Born Yesterday
ヘッジス
ザ・シークレット・サービス
In the Line of Fire
ハリー・サージェント
1994 赤ちゃんのおでかけ
Baby's Day Out
FBI捜査官デイル・グリッソム
2004 レーシング・ストライプス
Racing Stripes
サー・トレントン 声の出演
2010 セクレタリアト/奇跡のサラブレッド
Secretariat
ブル・ハンコック
2012 フッテージ
Sinister
保安官

テレビシリーズ編集

放映年 邦題
原題
役名 備考
2000 セックス・アンド・ザ・シティ
Sex and the City
テレビの中の政治家 1エピソード
2002-2007 ロー&オーダー
Law & Order
アーサー・ブランチ 116エピソード
2003-2006 LAW & ORDER:性犯罪特捜班
Law & Order: Special Victims Unit
アーサー・ブランチ 11エピソード
2005 LAW & ORDER:犯罪心理捜査班
Law & Order: Criminal Intent
アーサー・ブランチ 1エピソード
2005-2006 Law & Order: Trial by Jury アーサー・ブランチ 13エピソード
2009 ニューヨーク1973/LIFE ON MARS
Life on Mars
ハリー・ウルフ 1エピソード
2011,2012 グッド・ワイフ
The Good Wife
フランク・マイケル・トーマス 2エピソード

出典編集

  1. ^ a b "About Fred", via imwithfred.com (Official Site). Retrieved (2007-07-13).
  2. ^ Fred Thompson Hometown Biography, Lawrenceburg Tennessee
  3. ^ Fred Thompson for President in 2008
  4. ^ 米大統領選出馬の俳優 F・トンプソン氏死去”. 産経新聞 (2015年11月2日). 2015年11月2日閲覧。

外部リンク編集

公式
Documentaries, topic pages and databases
News media
アメリカ合衆国上院
先代:
ハーラン・マシューズ
テネシー州選出上院議員(第2部)
1994–2003
同職:ジム・サッサー, ビル・フリスト
次代:
ラマー・アレクサンダー
公職
先代:
テッド・スティーヴンス
上院政府問題委員会委員長
1997–2001
次代:
ジョー・リーバーマン