フレフ・ファン・アヴェルマート(グレッグ・ヴァン・アーヴェルマート、Greg Van Avermaet、1985年5月17日[1] - )は、ベルギー、ロケレン出身の自転車競技選手。2021年、AG2R・ラ・モンディアルへ移籍する[2]

フレフ・ファン・アヴェルマート
Greg Van Avermaet
基本情報
本名 フレフ・ファン・アヴェルマート
Greg Van Avermaet
愛称 Avi
生年月日 (1985-05-17) 1985年5月17日(39歳)
国籍 ベルギーの旗 ベルギー
身長 181cm
体重 74kg
選手情報
所属 AG2R・シトロエン・チーム
分野 ロードレース
役割 選手
脚質 クラシックスペシャリスト
プロ経歴
2006
2007–2010
2011–
ボディソルウィン
サイレンス・ロット
BMC・レーシング
CCCチーム
主要レース勝利
ツール・ド・フランス
 区間通算2勝(2015, 2016)
 TTT(2015)
ブエルタ・ア・エスパーニャ
 ポイント賞(2008)
 区間1勝(2008)
リオデジャネイロオリンピックロードレース(2016)
ティレーノ〜アドリアティコ(2016)
オムロープ・ヘット・ニウスブラット(2016,2017)
E3・ハレルベーク(2017)
ツール・ド・ベルギー(2015)
パリ〜ツール(2011)
ツール・ド・ワロニー(2011,2013)
ヘント~ウェヴェルヘム(2017)
パリ~ルーベ(2017)
グランプリ・シクリスト・ド・モンレアル(2019)
獲得メダル
オリンピック
2016 リオ・デ・ジャネイロ ロードレース
最終更新日
2019年9月16日

経歴 編集

父方の祖父であるエメ、父のロナルトに加え母方の祖父にあたるカミエル・ビュイス、その娘で母方の伯母にあたるアンヤ・ビュイスもかつてはプロのロードレース選手だった。さらに義兄のグレン・ドランダーとはサイレンス・ロット時代の2008年〜2010年まで同僚であり (グレンの父ルカもプロロード選手だった) 、はとこの内2人が元プロロード選手だった (共にプロ入りはグレッグの方が先) という、まさに自転車競技一家の中で生まれ育つ。しかし、グレッグ自身は17歳までサッカーのゴールキーパーとして本気でプロ入りを目指していた。

2006年にアンダー23(U23)国内選手権・個人ロードレースを優勝。2007年にプレディトール・ロット(現 サイレンス・ロット)と契約を結んでプロ転向。

2008年にはブエルタ・ア・エスパーニャに初出場。ポイント賞部門において、アレハンドロ・バルベルデを抑えて第10から第13ステージまで首位に立つ。その後、アルベルト・コンタドールに首位の座を奪われるが、第17ステージで再び首位に返り咲き、今度は最後まで守りきってポイント賞を獲得。加えて第9ステージでは、ダヴィデ・レベッリン(2位)、フアン・アントニオ・フレチャ(3位)らを破って勝っている。

2011年、BMC・レーシングに移籍。

2016年リオデジャネイロオリンピックにて、最終周回の下りより先行するラファウ・マイカヤコブ・フグルサングと共に猛追し、残り1.5kmで追いつきスプリント勝負に持ち込み勝利。[3]オリンピック後のレースからはチームジャージに金メダリストを表す金色のパイピングが施された物を着用している。

2017年、フランドル・クラシックは地元のビッグレース、ロンド・ファン・フラーンデレンフィリップ・ジルベールの独走を許し失意の2位に終わるがパリ〜ルーベでは5名のスプリント勝負を制し念願のモニュメント優勝を飾った。3年連続の区間優勝を目指して臨んだツール・ド・フランスではライバルのペーター・サガンマイケル・マシューズらに阻まれ区間優勝は果たせなかった。しかし、UCIワールドツアー2017クリス・フルームを僅差で抑え初の年間王者に輝いた。

主な戦績 編集

出典:[1]

2006年 編集

  •   ベルギーナショナル選手権 U23ロードレース 優勝

2007年 編集

2008年 編集

2011年 編集

2012年 編集

2013年 編集

2014年 編集

2015年 編集

2016年 編集

2017年 編集

2018年 編集

2019年 編集

2020年  編集

所属チームの存続が危ぶまれた中、自身も調子が上がらず2012年以来の年間0勝に終わった。

2021年  編集

3年契約で移籍したもののロンド・ファン・フラーンデレンでの3位が目立った程度で、またしてもシーズン0勝に終わった。

2023年  編集

脚注 編集

外部リンク 編集