ブッカー・アーヴィン

ブッカー・アーヴィン[1]Booker Ervin1930年10月31日 - 1970年7月31日[2])は、アメリカテナー・サックス奏者。

ブッカー・アーヴィン
Booker Ervin
出生名 Booker Telleferro Ervin II
生誕 (1930-10-31) 1930年10月31日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州デニソン
死没 (1970-07-31) 1970年7月31日(39歳没)
ジャンル ハード・バップ
担当楽器 テナー・サックス
共同作業者 チャールズ・ミンガス

略歴編集

ブッカー・アーヴィンはアメリカテキサス州デニソン生まれ。彼自身、テナー・サックスを学んだのは米国空軍にいた間と、その後、ボストンに移動し、バークリー音楽大学で学んだ。彼のテナー・サックスの演奏は、強くタフなサウンドとブルース/ゴスペル・フレーズによって特徴づけられた。

ブッカー・アーヴィンはホレス・パーランのアルバム『アップ・アンド・ダウン』 (1961年)、『ハッピー・フレイム・オブ・マインド』 (1963年)に参加するためにニューヨークに移った(共にブルーノート)。1956年から1963年までチャールズ・ミンガスと共演し、『ミンガス・アー・アム』(「グッドバイ・ポーク・パイ・ハット」収録)、『ブルース&ルーツ』(「Wednesday Night Prayer Meeting」収録)、『5(ファイヴ)ミンガス』といったアルバムなどの録音が残っている。1960年代にはピアニストジャッキー・バイアード、ベーシストのリチャード・デイヴィス英語版と共にプレスティッジで録音。ブッカー・アーヴィンは後にブルーノートで録音し、ピアニストのランディ・ウェストンと共演している。

1970年、彼は39歳の時、ニューヨーク市で腎臓病により死亡した。[3]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ザ・ブック・クックス』 - The Book Cooks (1960年、Bethlehem)
  • 『クッキン』 - Cookin' (1960年、Savoy)
  • 『ザッツ・イット!』 - That's It! (1961年、Candid)
  • 『エクザルテイション!』 - Exultation! (1963年、Prestige)
  • 『ガンボ!』 - Gumbo! (1963年、Prestige) ※with ポニー・ポインデクスター
  • 『ザ・フリーダム・ブック』 - The Freedom Book (1963年、Prestige)
  • 『ザ・ソング・ブック』 - The Song Book (1964年、Prestige)
  • 『ザ・ブルース・ブック』 - The Blues Book (1964年、Prestige)
  • 『ザ・スペース・ブック』 - The Space Book (1964年、Prestige)
  • 『グルーヴィン・ハイ』 - Groovin' High (1965年、Prestige)
  • 『ザ・トランス』 - The Trance (1965年、Prestige)
  • 『セティング・ザ・ペース』 - Setting the Pace (1965年、Prestige) ※with デクスター・ゴードン
  • 『ヘヴィー!!!』 - Heavy!!! (1966年、Prestige)
  • 『ストラクチュアリー・サウンド』 - Structurally Sound (1966年、Pacific Jazz)
  • 『ブッカー・ン・ブラス』 - Booker 'n' Brass (1967年、Pacific Jazz)
  • 『ジ・イン・ビトゥイーン』 - The In Between (1968年、Blue Note)
  • Tex Book Tenor (1976年、Blue Note) ※1968年録音
  • Back from the Gig (1976年、Blue Note) ※1964年–1968年録音の未発表セッション集
  • 『ラメント・フォー・ブッカー・アーヴィン』 - Lament For Booker Ervin (1976年、Enja) ※1965年ライブ録音&ホレス・パーランによる追悼曲
  • 『ダウン・イン・ザ・ダンプス』 - Down In The Dumps (1978年、Savoy) ※1960年&1961年録音

参加アルバム編集

ビル・バロン

  • 『ホット・ライン』 - Hot Line (1964年、Savoy) ※1962年録音

ジャッキー・バイアード

  • Out Front! (1964年、Prestige)

テディ・チャールズ

  • 『ジャズ・イン・ザ・ガーデン』 - Jazz In The Garden At The Museum Of Modern Art (1960年、Warwick)

テッド・カーソン

  • 『アージ』 - Urge (1966年、Fontana)

ヌリア・フェリウ

  • Núria Feliu with Booker Ervin (1965年、Edigsa)

ロイ・ヘインズ

  • 『クラックリン』 - Cracklin' (1963年、New Jazz)

アンドリュー・ヒル

  • 『グラス・ルーツ』 - Grass Roots (1968年、Blue Note)

エリック・クロス

  • 『イン・ザ・ランド・オブ・ザ・ジャイアンツ』 - In the Land of the Giants (1969年、Prestige)

ランバート、ヘンドリックス&ベヴァン

  • 『ヴィレッジ・ゲイトのランバート、ヘンドリックス&ベヴァン』 - Havin' a Ball at the Village Gate (1963年、RCA Victor)

チャールズ・ミンガス

  • Jazz Portraits: Mingus in Wonderland (1959年、United Artists)
  • ミンガス・アー・アム』 - Mingus Ah Um (1959年、Columbia)
  • 『ミンガス・ダイナスティ』 - Mingus Dynasty (1959年、Columbia)
  • 『ブルース&ルーツ』 - Blues & Roots (1959年、Atlantic)
  • 『ミンガス』 - Mingus! (1960年、Candid)
  • 『ミンガス・アット・アンティーブ』 - Mingus at Antibes (1960年、Atlantic)
  • 『リインカーネイション・オブ・ア・ラヴ・バード』 - Reincarnation of a Lovebird (1960年、Candid)
  • 『オー・ヤー』 - Oh Yeah (1961年、Atlantic)
  • 『5(ファイヴ)ミンガス』 - Mingus Mingus Mingus Mingus Mingus (1963年、Impulse!)
  • 『トゥナイト・アット・ヌーン』 - Tonight at Noon (1965年、Atlantic) ※1957年-1961年録音

ホレス・パーラン

  • 『アップ・アンド・ダウン』 - Up & Down (Blue Note, 1961年、)
  • 『ハッピー・フレイム・オブ・マインド』 - Happy Frame of Mind (Blue Note, 1963 [1988年、]) ※1963年録音

ドン・パターソン

  • The Exciting New Organ of Don Patterson (1964年、Prestige)
  • Hip Cake Walk (1964年、Prestige)
  • Patterson's People (1964年、Prestige)
  • Tune Up! (1971年、Prestige) ※1964年録音

ソニー・スティット

  • 『ソウル・ピープル』 - Soul People (1965年、Prestige)

マル・ウォルドロン

  • 『ザ・クエスト』 - The Quest (1961年、New Jazz)

ランディ・ウェストン

  • 『ハイライフ』 - Highlife (1963年、Colpix)
  • 『アフリカン・クックブック』 - Randy (1964年、Bakton) ※1972年に『African Cookbook』 (Atlantic)として再発
  • 『ライヴ・アット・モンタレー'66』 - Monterey '66 (1994年、Verve) ※1966年録音

脚注編集

  1. ^ ブッカー・アービン」の表記もある。
  2. ^ ブッカー・アーヴィン - Allmusic
  3. ^ All About Jazz - The Definitive Resource for Jazz Music Archived 2005年10月26日, at the Wayback Machine.

外部リンク編集