ホレス・パーラン

ホレス・パーランHorace Parlan1931年1月19日 ピッツバーグ2017年2月23日 )は、アメリカ合衆国ジャズピアニストハードバップポストバップの分野で活躍した。チャールズ・ミンガスの古典的なアルバム(『ミンガス・アー・ウム』や『ブルース・アンド・ルーツ』)への参加で知られる。

ホレス・パーラン
Horace Parlan
出生名 Horace Louis Parlan
生誕 (1931-01-19) 1931年1月19日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 (2017-02-23) 2017年2月23日(86歳没)
ジャンル ハードバップアヴァンギャルド・ジャズ、ポスト・バップ、サード・ストリーム
職業 ミュージシャン、作曲家
担当楽器 ピアノ
レーベル ブルーノート、SteepleChase

略歴編集

少年時代にポリオを患い、そのために部分的に右手が変形した。障碍の代償として独自の演奏技巧を発展させ、左手のとりわけ「刺戟的な」コード進行を、一方の、右手の著しくリズミカルなフレーズと対置している[1] 。本人は受けた影響として、しばしばアーマッド・ジャマルバド・パウエルの名を挙げているが、ブルースリズム・アンド・ブルースとの関わりも明らかである。パーランの演奏様式や作風は、ビバップ・ジャズの和声的に洗練されたバップの音楽語法を、アフリカ系アメリカ人のルーツである音楽と組み合わせたものだった。

半世紀にわたる活動は、リズム・アンド・ブルースのグループとの共演に始まる。1952年から1957年まで、ソニー・スティットとともにワシントンD.C.で活動し、ニューヨークに進出してから最初の2年間(1957年から1959年まで)はチャールズ・ミンガスのワークショップに加わった[1]。この協力関係によって活動の基礎が築かれ、パーランがピアニストとして参加した古典的な2枚のアルバム(『ミンガス・アー・ウム』と『リズム・アンド・ルーツ』)は、幅広い大衆に知れ渡るところとなった。1960年1961年にはとりわけブッカー・アーヴィンと、次いで1962年にはエディ・ロックジョウ・デイヴィスジョニー・グリフィンのクインテットと共演している。1963年から1966年までローランド・カークとも共演した。さらに1960年代は、ブルーノート・レコードで録音を行い、『スピーキン・マイ・ピース』や『オン・ザ・スパー・オブ・ザ・モーメント』などの一連の録音に取り組んだ。これらの収録には、タレンタイン兄弟ジョージ・タッカーアル・ヘアウッドが参加している。

1973年にはアメリカ合衆国を去ってデンマークに渡り、それからはコペンハーゲンに定住している。1974年にはハル・シンガーとツアーを行なった[1]。スティープルチェイス・レーベルでの一連の録音によって世界的に有名になり、特にテナー・サクソフォン奏者のアーチー・シェップと共演したシリーズが名高い。後期の作品は、アルバム『ゴーイン・ホーム』の収録曲などに見られるように、ゴスペルを連想させる堅固な楽曲構成が特徴となっている。デクスター・ゴードンレッド・ミッチェルと幅広い録音を行ない、1980年代になるとフランク・フォスターマイケル・ウルバニアクとも録音を行なった。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ムーヴィン・アンド・グルーヴィン』 - Movin' & Groovin' (1960年、Blue Note)
  • 『アス・スリー』 - Us Three (1960年、Blue Note)
  • 『スピーキン・マイ・ピース』 - Speakin' My Piece (1960年、Blue Note)
  • 『ヘディン・サウス』 - Headin' South (1960年、Blue Note)
  • 『オン・ザ・スパー・オブ・ザ・モーメント』 - On the Spur of the Moment (1961年、Blue Note)
  • 『アップ・アンド・ダウン』 - Up & Down (1961年、Blue Note)
  • 『アライヴァル』 - Arrival (1974年、SteepleChase)
  • 『ノー・ブルース』 - No Blues (1975年、Steeplechase)
  • Frank-ly Speaking (1977年、Steeplechase)
  • 『ゴーイン・ホーム』 - Goin' Home (1977年、Steeplechase) ※with アーチー・シェップ
  • Trouble in Mind (1980年、Steeplechase)
  • 『ブルー・パーラン』 - Blue Parlan (1978年、Steeplechase)
  • 『ハイフライ』 - Hi-Fly (1978年、Steeplechase)
  • Musically Yours (1979年、Steeplechase)
  • The Maestro (1979年、Steeplechase)
  • 『パノニカ』 - Pannonica (1981年、Enja)
  • Like Someone in Love (1983年、Steeplechase)
  • 『グラッド・アイ・ファウンド・ユー』 - Glad I Found You (1984年、Steeplechase)
  • 『ハッピー・フレイム・オブ・マインド』 - Happy Frame Of Mind (1986年、Blue Note) ※1963年録音
  • Little Esther (1987年、Soul Note)
  • Duo Reunion (1987年、L+R) ※with アーチー・シェップ
  • 『ジョー・ミーツ・ザ・リズム・セクション』 - Joe Meets The Rhythm Section (1987年、Timeless)
  • 『エリントン・バラード』 - Ellington Ballads (1990年、Timeless) ※with ジョー・ヴァン・エンキューゼン
  • Keep Your Hands Wide Open (1988年、Olufsen) ※with Søren S. Eriksen
  • Joinin' Forces (1994年、Olufsen) ※with Jan Kaspersen
  • 『ウィー・スリー』 - We Three (1997年、Baybridge)
  • 『荒城の月』 - The Horace Parlan Trio (1998年、M&I)
  • 『ヴォヤージュ・オブ・リディスカバリー』 - Voyage of Rediscovery (1999年、Storyville)
  • Close Your Eyes (2000年、Minor Music) ※with ジョニー・グリフィン
  • 『ビハインド・ザ・ブルース』 - Behind the Blues (2001年、Leafage Jazz) ※with ステファン・ウィリアム・オルソン
  • Relaxin' with Horace (2004年、Stunt)
  • My Little Brown Book (2007年、Stunt)

註釈編集

  1. ^ a b c Feather, Leonard & Gitler, Ira The Biographical Encyclopedia of Jazz Oxford University Press US, 2007 ISBN 9780195320008 at Google Books

外部リンク編集