メインメニューを開く

ブライアン・カルロス・カスターノ

ブライアン・カルロス・カスターノBrian Carlos Castano、男性、1989年9月12日 - )は、アルゼンチンプロボクサーブエノスアイレス州イシドロ・カサノバ出身。元WBA世界スーパーウェルター級王者。TGBプロモーションズ所属。マネージャーはアル・ヘイモン

ブライアン・カルロス・カスターノ
基本情報
本名 ブライアン・カルロス・カスターノ
通称 Ray Sugar
El Boxi
階級 スーパーウェルター級
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
誕生日 (1989-09-12) 1989年9月12日(30歳)
出身地 ブエノスアイレス州イシドロ・カサノバ
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 16
勝ち 15
KO勝ち 11
敗け 0
引き分け 1
無効試合 0
テンプレートを表示

来歴編集

アマチュア時代編集

2009年、イタリアミラノで開催された2009年世界ボクシング選手権大会にウェルター級(69kg)で出場し、2回戦でジャック・クルカイに敗退した[1]

2012年、ロンドンオリンピック予選にウェルター級(69kg)で出場するも準々決勝で敗退した[2]

プロ時代編集

2012年9月22日、ブエノスアイレスエスタディオ・ルナ・パルクでアレハンドロ・アントニオ・ドミンゲスと対戦し、4回TKO勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った[3]

2016年11月26日、ブエノスアイレス州ゴンサレス・カタンのポリデポリティーボ・フアン・ドミンゴ・ペロンでWBA世界スーパーウェルター級9位のエマヌエル・デ・ヘススとWBA世界スーパーウェルター級暫定王座決定戦を行い、6回2分23秒KO勝ちを収め、暫定ながら王座獲得に成功した[4][5]

2017年7月1日、オート=サヴォワ県エヴィアン=レ=バンでWBA世界スーパーウェルター級2位のミッシェル・ソロと対戦し、12回2-1(115-113×2、112-116)の判定勝ちを収め初防衛に成功した[6][7][8]

2017年10月28日、WBAは最新ランキングを発表し、カスターノをデメトリアス・アンドラーデの王座返上に伴い正規王座に認定しWBA世界スーパーウェルター級正規王者としてランクインした[9][10][11]

2018年3月10日、オー=ド=セーヌ県ブローニュ=ビヤンクールラ・セーヌ・ミュージカルでWBA世界スーパーウェルター級12位でEBU欧州スーパーウェルター級王者のセドリック・ビトゥと対戦し、12回TKO勝ちを収め2度目の防衛に成功した[12][13]

2019年3月2日、ニューヨークバークレイズ・センターにて元WBAスーパーIBO世界スーパーウェルター級王者のエリスランディ・ララと対戦し、12回1-1(113-115、114-114、115-113)の引き分けに終わるが3度目の防衛に成功、カスターノはこの試合前にTGBプロモーションズとのフルタイム契約(以前はアメリカでの試合毎の契約)に変わったばかりだった[14]

2019年6月20日、WBAからWBA世界スーパーウェルター級ゴールド王者のミッシェル・ソロとの指名戦を命じられていたが、交渉がまとまらず入札が実施された結果、ソロ陣営のユニベント・イベントが810,770ドルで入札したのに対してカスターノ陣営のTGBプロモーションズは350,000ドルを提示した為、ユニベント・イベントに落札を許した結果となり試合がフランスで開催されることが決定するも、ユニベント・イベントがファイトマネーの前払金を振り込まず、カスターの陣営がVADAによるドーピング検査を要請していたにも関わらずソロ陣営が拒否した為、カスターノは王座を返上した[15]。なおカスターノ側はララとの再戦交渉と共にエリクソン・ルービンとの対戦交渉も行っていたことを明かした[16]

獲得タイトル編集

脚注編集

  1. ^ 15.World Championships - Milan, Italy - September 1-12 2009”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2018年6月30日閲覧。
  2. ^ American Olympic Qualifier - Rio de Janeiro, Brazil - May 5-12 2012”. Amateur.Boxing.Strefa.pl. 2018年6月30日閲覧。
  3. ^ Chaves retuvo el título en el Luna Park RING DE IDEAS WEB(スペイン語) 2012年9月23日
  4. ^ Brian Castaño conquista cinturón interino Superwelter de la AMB ESPN(スペイン語) 2016年11月27日
  5. ^ テイラーKOデビュー、坂井祥紀は判定負け Boxing News(ボクシングニュース) 2016年11月27日
  6. ^ Brian Castano Retains With Split Decision Over Michel Soro Boxing Scene.com 2017年7月1日
  7. ^ 欧州結果 ポベトキン、トロヤノフスキーら勝利 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年7月2日
  8. ^ Castano won in France WBA公式サイト 2017年7月3日
  9. ^ World Boxing Association Ranking WBA公式サイト 2017年10月28日
  10. ^ There have been many changes on the October ranking WBA公式サイト 2017年10月28日
  11. ^ WBAランキング 村田諒太はじめ複数階級で新王者 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年10月30日
  12. ^ Castaño stops Vitu, retains WBA super welter title Fightnews.com 2018年3月10日
  13. ^ Castaño knocked out Vitu in France WBA公式サイト 2018年3月11日
  14. ^ Erislandy Lara, Brian Castano Battle To a Split Draw Verdict”. BoxingScane.com (2019年3月3日). 2019年6月10日閲覧。
  15. ^ Castano Withdraws From Soro Rematch Over Contract Dispute”. BoxingScane.com (2019年6月20日). 2019年6月23日閲覧。
  16. ^ Erickson Lubin’s Coach Wants Castano Next: "Lubin KO's Him"”. BoxingScane.com (2019年3月4日). 2019年6月23日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集

暫定王座決定戦 対戦者
エマヌエル・デ・ヘスス
WBA世界スーパーウェルター級暫定王者
2016年11月26日 - 2017年10月28日
次暫定王者
正規認定により消滅
空位
前タイトル保持者
デメトリアス・アンドラーデ
WBA世界スーパーウェルター級王者

2017年10月28日 - 2019年6月20日(返上)

空位
次タイトル獲得者
N/A