ブラック・チェンバー

ブラック・チェンバー英語: The Black Chamber)は、1919年から1929年まで活動したアメリカ合衆国暗号解読機関である[1]

ブラック・チェンバー[1]
The Black Chamber
Black-chamber.jpg
ブラック・チェンバーが入居していたニューヨークヴァンダービルト・アベニュー52番地のオフィスビル
設立 1919年[1]
解散 1929年[1]
座標 北緯40度45分14秒 西経73度58分38秒 / 北緯40.75389度 西経73.97722度 / 40.75389; -73.97722座標: 北緯40度45分14秒 西経73度58分38秒 / 北緯40.75389度 西経73.97722度 / 40.75389; -73.97722
テンプレートを表示

国務省陸軍省が資金を拠出、暗号研究者ハーバート・オズボーン・ヤードリーを責任者とする民間機関として1919年に設立され、各国の暗号解読に取り組んだ[1]。特に大日本帝国に関わる業務に力を入れており、1920年代の同国の外交暗号のほとんどや、海軍武官・陸軍武官用の一部の暗号を解読していた[1]国務長官ヘンリー・スティムソンの意向で、1929年に閉鎖された[1]

のちにこの言葉は、暗号解読を目的とする秘密機関、ひいては広く秘密情報機関をも意味するようになった[2][3]

脚注編集

 
日本の外交暗号解読のためにブラック・チェンバーが用いたワークシート、1919年。 アメリカ国立暗号博物館展示、2013年撮影。
[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g 茂田忠良 (2017年6月). “米国における行政傍受の法体系と解釈運用 (PDF)”. 警察政策学会資料 第94号. 警察政策学会. p. 4. 2018年6月5日閲覧。
  2. ^ ブラック・チェンバー”. マイペディア. 平凡社. 2018年6月5日閲覧。
  3. ^ ブラック‐チェンバー(Black Chamber)”. デジタル大辞泉. 小学館. 2018年6月5日閲覧。