ブルマジーニョ尾鉱ダム決壊事故

ブルマジーニョ尾鉱ダム決壊事故 (: Rompimento de barragem em Brumadinho) は、2019年1月25日にブラジルミナスジェライス州ブルマジーニョ鉄鉱石の尾鉱を蓄えていたダムが決壊した事故である[1]。このダムは資源大手のヴァーレが所有していたが、同社のダムは2015年にも同様の事故 (ベント・ロドリゲス尾鉱ダム決壊事故英語版) を起こしている[2]。第一ダム (Barragem I) から流出した泥流が下流の街を覆い[3][4]、死者259人、行方不明者11人の惨事となった[5]

ブルマジーニョ尾鉱ダム決壊事故
Resumo da agenda do Presidente da República 26.01.2019 (video screenshot) 01 (cropped).jpg
現地名 Rompimento de barragem em Brumadinho
日付 2019年1月25日 (2019-01-25)
場所 ブラジルの旗 ブラジル ミナスジェライス州ブルマジーニョ
座標 南緯20度07分11秒 西経44度07分17秒 / 南緯20.11972度 西経44.12139度 / -20.11972; -44.12139座標: 南緯20度07分11秒 西経44度07分17秒 / 南緯20.11972度 西経44.12139度 / -20.11972; -44.12139
種別 ダム決壊
関係者 ヴァーレ
死者 259人
負傷者 23人
行方不明者 11人

背景編集

 
2015年に同様の事故で被災した直後のベント・ロドリゲス村

2015年11月にマリアナで死者19人を出しベント・ロドリゲス村を壊滅させたベント・ロドリゲス尾鉱ダム決壊事故が発生した当時、ミナスジェライス州の鉱山管轄当局は続く2年のうちに職員の4割が退職予定であるという危機的状況であった[6]。ブルマジーニョの決壊事故は、ベント・ロドリゲス尾鉱ダム決壊事故から3年2か月後に発生した。

専門家によればブラジルでは規制構造の不備や責任逃れを助長する規制の不整合が顕著であり[7]、実際にベント・ロドリゲス事故から3年のうちに、原因企業は7億8500万レアルの罰金のうちわずか3.4%しか支払っていない[7]

ベント・ロドリゲス尾鉱ダム決壊事故はブラジル史上最悪の環境災害とされ、捜査が継続中である[8]が、この事故はそれを上回る規模の大災害となった。

崩壊編集

 
崩壊前後のブルマジーニョ周辺の衛星画像
 
ダムの断面図。何度も堤体の建て増しが行われているが、尾鉱の上に乗っているだけで支持層まで基礎杭が打たれているわけではない。
 
崩壊による泥流の流出経路

ダムは2019年1月25日の正午過ぎに決壊し、泥流がちょうど数百人の鉱山労働者が昼食を摂っていた鉱山の管理区域と、鉱山から約1キロメートル離れた小さな集落ヴィラ・フェルテコに襲い掛かった。午後3時50分には泥流がサン・フランシスコ川の支流でベロオリゾンテ都市圏の1/3の水源となっているパラオペバ川に流れ込んだ[9][10]

国家鉱山局の登録情報によると、2001年にヴァーレに買収されたフェルテコ・ミネラシアンが1976年に築造したコヘーゴ・ド・フェイジョンダムは、低リスクながら潜在的に損傷の危険があるとみなされていた。州環境・持続可能開発部はダムの築造は正式な認可を受けていたと声明を出した。ヴァーレは2018年12月にダムからの廃棄物 約1,170万立方メートルを再利用し、ダムの使用を停止する許可を取得していた。ダムは2014年から尾鉱の受け入れをしておらず、ヴァーレによれば隔週で実地検査を行っていたという[11]

ブルマジーニョで世界最大の野外博物館を運営しているイニョチン (Inhotim) は念のため避難した[12]

二次崩壊の懸念編集

1月27日午前5時30分ごろ、降雨により水位が上昇したためヴァーレが所有する近隣の別のダム (第6ダム) が決壊する恐れがあるという警報が出た。このためブルマジーニョの中心部を含む複数の地区の住民 約24,000人が避難し、救助活動も一時中断された[13]

影響編集

経済損失編集

 
破壊の爪痕

この事故により、ヴァーレの時価総額は710億レアル(約2兆円)以上下落した[14][15]。これは一日の損失額としては過去最高だった2017年のペトロブラスの470億レアルを上回る、ブラジル史上最高額である。

ヴァーレ株の1月28日の終値は24.52%下落し、フィッチ・レーティングスはヴァーレの信用格付を BBB+ から BBB- に引き下げ、今後についても「レーティング・ウォッチ・ネガティブ」(格下げ方向で見直す)とした他、S&Pも格下げ方向で見直すと発表し、HSBCなどの投資銀行もヴァーレへの投資判断を「バイ」から「ホールド」に変更した[15]

また、ヴァーレは1月28日に配当支払いを停止すると発表した[14]

ブルマジーニョ周辺では、多くの農地が壊滅または何らかの被害を受けた。また、牛や家禽も被害を受けたため畜産業にも影響が出ている。地元の市場にも被害が出ており、商店やオフィスには数日に渡って休業するところも出ている。

被災者編集

2020年1月までに259人の死亡が確認され、11人が行方不明になっている[5]。ヴァーレ会長のファビオ・シュアルツマンは記者会見で被害者の大半が同社の従業員で、コヘーゴ・ド・フェイジョン鉱区の鉱山鉄道では機関車3両と貨車132両が土砂に埋まり、4人が行方不明となっている。また、鉄道橋2本と線路100メートルが泥流に流されて破壊されたと述べた[11]

環境編集

ダムの崩壊により、1200万立方メートルの尾鉱が流出した。専門家は尾鉱に含まれる金属は河床の土砂に取り込まれ、周辺地域の生態系全体に影響を与えることになると指摘している。また、環境活動家は尾鉱はミナスジェライス州の他4州を流れ、2つの水力発電所を擁するサン・フランシスコ川に達する恐れがあるとしている。ブラジル国家水資源局は、尾鉱はサン・フランシスコ川を300キロメートルに渡って汚染しうるとした。ヴァーレのファビオ・シュアルツマン会長は、ダムは2015年以降は使用しておらず、尾鉱も大きく動いていないとし、「今回の例では、マリアナのときよりも環境リスクはかなり低いと考えている」と述べた[16]

捜査編集

1月29日には、ブラジル検察当局がヴァーレの社員ら5人を文書偽造、環境犯罪、殺人容疑で逮捕した。逮捕されたのは鉱山幹部の他、鉱山の安全性検査を担当した認証機関テュフズードのエンジニアで、現地メディアによるとヴァーレはダム築造にあたりコスト削減のため安全性を軽視した工法を採用し、テュフズードのエンジニアは十分な安全性が担保されていないダムを安全であると虚偽の証言をした疑いが持たれている[17][18]

さらに、ヴァーレは2018年10月3日付の社内報告書で、このダムの危険度は同社安全基準の2倍のリスクがあると認定していたと報じられた[19]。これは、同社の「昨年実施した外部監査で安全性が宣言され、決壊の数週間前まで構造的に安定していた」という説明とは食い違っており、今後の捜査にも影響するとみられる。

2020年1月21日、ミナスジェライス州検察がヴァーレのファビオ・シュヴァルツマン前CEOら16人を殺人罪で起訴した。うち5人はダムの安全性検査を担当したテュフズード社員である[20]

処分編集

事故の翌日にはブラジル環境・再生可能天然資源院がヴァーレに対し2億5千万レアルの罰金を科すと発表した[21]

また、ブラジル司法当局は30億米ドルに上るヴァーレの資産を凍結し、それでも不足する場合は不動産や車両も差し押さえると声明した[22]

ヴァーレが保有する最大の鉄鉱山、ブルクツ鉱山には裁判所から操業停止命令が出されたほか、それに付随するラランジェライス鉱山ダムやジャンガーダ鉱山はミナスジェライス州当局から操業許可取消処分を受けた[23]

各国の反応編集

ブラジル大統領ジャイール・ボルソナーロは救助の支援のため閣僚3名を現地に派遣した[24]。ミナスジェライス州知事ロムー・ゼマは数十人の消防士を含む救助隊をブルマジーニョに展開すると発表した[25]

イスラエルは1月27日に民間専門家と海軍ダイバーからなる150人の捜索救助隊を派遣し、翌日には現地入りした[26]

イスラエル首相ベンヤミン・ネタニヤフは、130人の専門家をブルマジーニョに送り、ブラジルの救助隊による生存者捜索の支援にあたらせた[27][28]。1月27日にはトルコ外務省[29]およびロシア大統領ウラジーミル・プーチンから哀悼の意が寄せられた[30]

参考文献編集

  1. ^ Schvartsman, Fabio (2019年1月25日). “Announcement about Brumadinho breach dam” (ポルトガル語). Vale. http://www.vale.com/brasil/EN/aboutvale/news/Pages/fabio-schvartsman-annoucement-about-brumadinho-breach-dam.aspx 2019年1月26日閲覧。 
  2. ^ Barragem de rejeitos da Vale se rompe e causa destruição em Brumadinho (MG)” (ポルトガル語). Correio Braziliense (2019年1月25日). 2019年1月25日閲覧。
  3. ^ Clarifications regarding Dam I of the Córrego do Feijão Mine”. Vale. 2019年1月27日閲覧。
  4. ^ Barragem da Vale se rompe em Brumadinho, na Grande BH” (ポルトガル語). G1 Minas (2019年1月26日). 2019年1月26日閲覧。
  5. ^ a b “《ブラジル》ブルマジーニョの鉱滓ダム決壊事故から1年=地域や住民の苦しみは続く”. ニッケイ新聞. (2020年1月25日). https://www.nikkeyshimbun.jp/2020/200125-23brasil.html 2020年2月13日閲覧。 
  6. ^ Minas tem apenas quatro fiscais para vistoriar barragens e não há previsão de concurso” (ポルトガル語). Estado de Minas (2015年11月19日). 2019年1月26日閲覧。
  7. ^ a b Empresas envolvidas em desastres ambientais quitaram só 3,4% de R$ 785 milhões em multas” (ポルトガル語). O Globo (2018年5月6日). 2019年1月26日閲覧。
  8. ^ Tragédia em Brumadinho acontece três anos após desastre ambiental em Mariana”. Jornal Nacional. 2019年1月27日閲覧。
  9. ^ Tragédia em Brumadinho: 58 mortes confirmadas, 19 corpos identificados, lista tem 305 pessoas sem contato; SIGA” (ポルトガル語). Globo.com. 2019年1月28日閲覧。
  10. ^ “Brazil dam burst: 40 killed and 300 missing as mud engulfs town”, Sky .
  11. ^ a b Brumadinho: O que se sabe sobre o rompimento de barragem que matou ao menos 58 pessoas em MG” (ポルトガル語). BBC Brasil. 2019年1月28日閲覧。
  12. ^ Barragem se rompe em Brumadinho e atinge casas; vítimas são levadas a BH” [Dam collapses in Brumadinho and hits homes; victims are taken to Belo Horizonte] (ポルトガル語). UOL. 2019年1月26日閲覧。
  13. ^ Brazil search resumes after new dam scare” (2019年1月27日). 2019年1月27日閲覧。
  14. ^ a b ヴァーレ、鉱山事故で25%株下落 時価総額2兆円消失”. 日本経済新聞. 2019年1月31日閲覧。
  15. ^ a b ヴァーレ時価総額190億ドル消失、ダム決壊の影響巡り不透明感”. Reuters. 2019年1月31日閲覧。
  16. ^ Técnicos avaliam extensão do dano ambiental de rompimento da barragem” (ポルトガル語). Jornal Nacional. 2019年1月28日閲覧。
  17. ^ ブラジル、鉱山ダム決壊でヴァーレ社員ら5人逮捕”. 日本経済新聞. 2019年1月31日閲覧。
  18. ^ ブラジル鉱山ダム決壊事故、ヴァーレ職員ら5人逮捕”. Reuters. 2019年1月31日閲覧。
  19. ^ ヴァーレ、決壊ダムの危険性を昨年10月時点で認識”. Reuters. 2019年2月12日閲覧。
  20. ^ ブラジル州検察、鉱山ダム決壊事故でバーレ前CEOら起訴”. Reuters. 2020年1月22日閲覧。
  21. ^ Ibama multa Vale em R$ 250 milhões por tragédia em Brumadinho” (ポルトガル語). noticias.uol.com.br. 2019年1月26日閲覧。
  22. ^ “New alert as hundreds feared dead in Brazil dam disaster”. Agence France-Presse. São Paulo. (2019年1月27日). https://www.afp.com/en/news/826/new-alert-hundreds-feared-dead-brazil-dam-disaster-doc-1cn57a17 2019年1月28日閲覧。 
  23. ^ ヴァーレ、最大級鉱山の鉱滓ダム運営許可が取り消し”. Reuters. 2019年2月17日閲覧。
  24. ^ Em mensagem, Bolsonaro lamenta rompimento de barragem em Brumadinho” [In a message, Bolsonaro mourned the tailing dam collapse in Brumadinho] (ポルトガル語). Estado de Minas. 2019年1月26日閲覧。
  25. ^ Governo de Minas cria força-tarefa para acompanhar barragem de Brumadinho” [Minas Gerais government creates task-force to monitor Brumadinho's dam] (ポルトガル語). Correio Braziliense. 2019年1月26日閲覧。
  26. ^ Israeli rescue team arrives in Brazil as dam collapse toll hits 58”. www.timesofisrael.com. 2019年1月28日閲覧。
  27. ^ Militares de Israel que ajudarão nas buscas em Brumadinho embarcam para o Brasil” (ポルトガル語). O Globo (2019年1月27日). 2019年1月28日閲覧。
  28. ^ Israel posta imagens dos militares que ajudarão em Brumadinho” (ポルトガル語). VEJA.com. 2019年1月28日閲覧。
  29. ^ Turkey offers condolences over Brazil dam collapse” (2019年1月28日). 2019年1月28日閲覧。
  30. ^ Putin Expresses Condolences To Brazil Over Deadly Collapse Of Dam In State Of Minas Gerais”. UrduPoint. 2019年1月28日閲覧。